ダーウィンズゲーム11話(最終回)感想・考察・解説!続編2期の可能性【アニメ】

どうも、ヨッシーです!

来ましたね、第11話!

最終回です!

前回は、シノヅカが王に倒され、カナメが覚醒したのでしたね。

あれは、何度見ても辛いですね……。

そして今回は、ようやく王との対決に決着が着きます。

覚醒したカナメの戦い、すごかったですね!

それでは、さっそく振り絞っていきましょう!

スポンサーリンク

カナメの無双

ダーウィンズゲーム カナメ13

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

シンジにヘッドショットを決めたカナメ。

その後は、リュージとともにエイスを殲滅していきます。

今までとは別人のような強さでしたね。

相手を1撃で倒していましたね。

しかも、銃だけでなくナイフも使っていました。

しかも、上手に扱えているように見えます。

イベントの後、ダンジョウ拳闘倶楽部での鍛錬と並行して訓練していたのでしょうね。

そして、何よりカナメの思い切りのいい性格がとてもプラスに働いていました。

彼のこの性格は前々から言われていましたが、それはきっとこのシーンの伏線だったのかなと思います。

思い切りがいいということは、迷うことが無いということですからね。

それはつまり、人よりも行動に移すのが早いということになります。

なので、エイスの構成員が言っていたように、ほかの人よりもほんのちょっとだけ早く動けたのでしょう。

そして、その『ほんのちょっと』が戦場では大きな差を生むのです。

エイス構成員たちの敗因は、そこにあるのだと思います。

スポンサーリンク

シュカVS王

ダーウィンズゲーム シュカ8

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

カナメがエイスを相手取っている間、シュカは王と戦っていました。

正直、彼はカナメとリュージが戦うと思っていたので意外でしたね。

でも、彼女のシギルの能力を見て納得しました。

まさか、鎖以外にもひも状のものであれば何でも操れるとは思いませんでした。

今まで鎖しか使っていませんでしたから、すっかり騙されてしまいました。

というか、王の話を聞くにDゲームでは鎖しか使っていなかったのかもしれません。

また、彼女はひも状のものに微細な振動を与えることもできるようです。

その能力を使うために、あらかじめワイヤーを張り巡らせていたのだとか。

これが、カナメが前回言っていた仕込みなのでしょう。

突入前の様子から薄々思ってはいましたが、カナメは最初から王を逃がすつもりはなかったのでしょうね。

王の体の自由を奪ってから、リュージに仇討ちのために止めを刺させる気だったのかもしれません。

スポンサーリンク

決着

ダーウィンズゲーム 王4

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

シュカにもてなされた王は、その場から逃走します。

このとき、彼のシギル『ベルゼブブ』が通常はできない距離の転移を行います。

彼の生きたいという願いを、シギルがくみ取った結果なのでしょうか。

主人公に起こりそうな現象ですが、ここでは悪役の王に起こったようです。

しかし、結局彼はカナメたちからは逃げられず、カナメの特権により敗北してしまいました。

ここでEDが挿入歌として流れたのは良かったですね!

エイスとの戦いが終わったことを暗示しているようでした。

逆に、最後にOP曲を流したのは、カナメたちの新たな戦いが始まることを表現していたのかなと思います。

それにしても、王の最後はあっけないものでしたね。

戦いの中で命を落とすのだと思っていましたが、まさかポイント全損で決着するとは思いませんでした。

まぁ、転送中にカナメとリュージに撃たれていましたが。

あと驚いたのが、彼がDゲームを始めたのきっかけがシンジだったということ。

てっきり王がシンジを勧誘したと思ったのですが、始めたのはシンジの方が先だったようです。

このことから、彼らはDゲームをやる前から仲が良かったのでしょう。

誰の命も奪えずにいたシンジをエイスから追い出さなかったのは、このことが起因しているのかもしれませんね。

王にも、友情という感情があったのかもしれません。

カナメの特権

ダーウィンズゲーム カナメ14

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

さて、カナメがゲームマスターからもらった特権は『ハイローラー』。

自分が持っているポイントをすべて賭け、相手にも同額のポイントを賭けさせるというものです。

そして、相手のチップが不足していた場合、相手はポイント全損となり退場になります。

今回だと、カナメが個人で1万ポイント以上持っていたはずですので、エイスのポイントは足りていなかったのです。

この特権が周知されれば、よほどの戦闘狂でもない限りカナメたちに挑んでくることはないでしょう。

カナメの望む、抑止力になりえる特権です。

ただ、欠点もあります。

カナメたちよりも多くのポイントを持つ相手には抑止力足りえないのです。

例えば、カナメたちが1万ポイント、相手が1万2千ポイントを持っていたしましょう。

この場合、両者ともに1万ポイント賭けることになります。

そして、カナメたちが勝利すると相手は1万ポイントを失いますが、あと2千ポイント残っているため命は助かります。

要は、いつものDゲームよりも失うポイントが多いだけになるのです。

たとえゲームに負けたとしても、カナメたちに倒されていなければ命を落とすことはないわけです。

まぁ、相手もかなりポイントを持っていかれる可能性があるので、滅多なことでは絡まれないと思いますけどね。

王の物語上の役割

アニメ1期は、個人的にはチュートリアルであると考えています。

カナメにDゲームで生き残るために必要なことを学ばせるための。

王は、そのチュートリアルの最後に「覚悟を決めなればならない」ことを悟らせるため、彼を追い詰めるキャラクターだったのかなと思います。

この先、王以上の強敵が待ち受けているはずです。

それを突破するためには、「命を奪ってでも生き残る」という覚悟が必要でしょう。

仮に雪蘭が敵になったとき、以前のような甘い考えを持っていたらあっさりとやられてしまうでしょう。

それゆえ、覚悟は必須になってくるはずです。

しかし、カナメはそう簡単に覚悟を決めないでしょう。

なので、王という悪を使って無理やりにでも決めさせにいったのだと思います。

彼なら、カナメに覚悟を決めさせるに足る絶望をたたきつけることができるでしょうからね。

その結果、カナメは覚悟を決めることができました。

その後は、王は役割を終えたため割とあっさり倒されたのでしょう。

なので、僕は王がカナメを追い詰める役割を持ったキャラクターだったのかなと思ったのです。

まぁ、憶測なんですけどね。

スポンサーリンク

続編2期の可能性

ダーウィンズゲーム ゲームマスター2

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

さて、今回で最終回を迎えた【ダーウィンズゲーム】。

みなさんが気になるのは、この続きである2期があるのかではないでしょうか?

僕は、2期はあると思います。

根拠は、未回収の伏線があることと、後半の展開です。

順を追って説明しますね。

根拠1:未回収の伏線

まず、このアニメ1期には回収されていない伏線らしきものがあります。

それは、以下の3つです。

  • スズネへの事情説明
  • 渋谷の12人狩り
  • 雪蘭との共闘

1つ目は、結局1期では進展がありませんでした。

レインがスズネと話をしただけで、それ以降は音沙汰無しです。

個人的に、これは彼女の参戦フラグかなと思っています。

彼女がヒイラギがやっていたことを知れば、Dゲームに参加する可能性も浮上しますからね。

ただ、カナメたちのクランに入るかは微妙です。

彼女にとって彼らは、父親を囮にして生き残った人だと映るかもしれません。

そうなったら、彼女がカナメたちのクランに入るとは思えないです。

次に、渋谷の12人狩りについて。

これ、1話と2話で触れられていた程度で、犯人はまだ確定していないんですよね。

ダンジョウは雪蘭を疑っていましたが、彼女は肯定も否定もしていません。

1番可能性が高いのは彼女ですが、ほかに容疑者がいる可能性もあるのです。

あそこまで意味ありげに触れられていたのですから、1期で何も進展も無いとなると2期で回収するのではないでしょうか。

そして3つ目、雪蘭との共闘について。

彼女がクランに加わったはいいものの、1期では共闘することはありませんでした。

てっきりエイス戦に参加するのだと思っていましたが、結局参加しませんでしたからね。

なので、2期で彼女と共闘するのかなと思います。

伏線に関してはこんなところでしょうか。

それでは、次に行きましょう。

根拠2:後半の展開

ダーウィンズゲーム オボロ

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

王との対決が終わったあと、オボロというキャラクターが出てきます。

そこで彼は、何とゲームマスターと電話をしていました!

しかも、ゲームマスターの方から電話をかけ、意味ありげな会話を繰り広げる始末。

これ、2期で何かあるというフラグですよね!?

ゲームマスターと通話しているプレイヤーなんて、絶対何かありますよ!

もし2期の予定が無いなら、こんな重要人物出すはずありません。

しかも、cv石田彰ですよ!

こんなちょい役で終わるはずがありません。

あと、スタッフロール後のシーンも見逃してはいけません。

『ハンティングゲーム』なんていう、新たなイベントにカナメが巻き込まれているのです!

2期はこのイベントをやるということでしょう。

こんなシーンを入れたのですから、2期はほぼほぼ確実と思っていいでしょう。

円盤はあまり売れなそうなのが不安材料ですが、配信人気は結構高かったみたいですし。(最近は配信人気も続編制作に大きく影響してるとの噂)

以上のことから、僕は2期が来る可能性はとても高いと思っています。

というか、来てくださいお願いします!

▼続編は早くても来年になるでしょうから、待ちきれない方は漫画で!

【ダーウィンズゲーム】アニメは漫画何巻まで?無料で最終回の続きを読む方法を紹介【Dゲーム】
どーも、視聴したアニメは1400作品超え!当サイト運営者の小鳥遊です。 この記事では、アニメ「ダーウィンズゲーム」が原作漫画の何巻まで...
スポンサーリンク

【ダーウィンズゲーム】11話(最終話)感想

ダーウィンズゲーム サンセットレーベンズ2

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

今回は、最終回ということもあって濃い内容でしたね。

王との決着にオボロというプレイヤーの登場、サンセットレーベンズの渋谷占拠に新たなイベントと盛りだくさんでした。

中でも、サンセットレーベンズが渋谷にDゲーム禁止令を敷いたのは驚きでした。

そんなことを運営が許すのかと思いましたが、ゲームマスターは「ゲームを次の段階に進める」と言っていましたし、そこまで重要ではないのかもしれません。

次の段階とやらが気になりますが、これは2期に期待するしましょう。

早かったら来年あたりに来そうですね。

ダーウィンズゲーム イベント3

© FLIPFLOPs(秋田書店)/ダーウィンズゲーム製作委員会

さて、ダーウィンズゲームは今回で最終回となります。

制作陣の皆様、そして声優の皆様、ここまでお疲れ様でした。

また、このような素晴らしい作品を作ってくださり、本当にありがとうございました!

予想を裏切る展開、魅力的なキャラクターたち、作りこまれた設定、どれもとても素晴らしかったです。

おかげさまで、この3か月間はとても楽しかったです!

本当にありがとうございました。

そして、今回でダーウィンズゲームの考察記事も最終回となります。

読みに来てくださった皆様、コメントをくださった皆様、ありがとうございました!

それでは、またどこかでお会いしましょう!

▼前回までの記事はこちらからどうぞ!

ダーウィンズゲーム感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
アニメ【ダーウィンズゲーム】の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする