青ブタ3話感想・考察・解説!麻衣の空気化について&残された謎【青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない】

青春ブタ野郎爆誕にともない口の中がジャリジャリします…ごきげんよう。青ブタ考察担当の模造紙です。

おぉぅ…関西地区は一足早く青ブタ3話の放送と相成りましたが何を語ったらいいのか。

たぶん原作小説と比較すると早足展開以外の何ものでもないとは思うのですが、三十路BBAの私には画面を直視できないほどに青春が爆発していて、うん。なんか色々と凄かったですね!(語彙力)

とりあえず今回で麻衣編が終結し、咲太は校庭の中心で愛を叫んだイタイ奴という汚名…ではないな称号?を得てめでたしめでたし!

それでは今回は麻衣の空気化現象の発生理由と解決策、さらに残された疑問について語りたいと思います。

スポンサーリンク

麻衣の思春期症候群まとめ【3話終了時点】

原因は全校生徒の無自覚の無視

麻衣の思春期症候群の発現理由は、麻衣が学校で空気化していたことでした。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 生徒

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

サラっと見た感じだと麻衣がそこに居ないように振舞っていた全校生徒に罪があるように受け取れますが、それを受けて麻衣自身も空気を読んで空気であろうと努めた部分にも問題があったのでしょう。

多人数から観測されなかったり見えない扱いを受けるなんて事、存外に現実世界では溢れていますが、ここで厄介なのが『無自覚』であることです。

「アイツうぜー」「生意気だから無視してやろうぜ!」などが発端の無視なら、あくまでも対象人物を観測した前提の『故意の無視』となるので空気として扱われるケースとは少し異なります。

「桜島麻衣」という少女が「芸能人」であり「自分とは違う」という心の距離や壁があったからこそ、目に入っていても視覚的には認知していなかった。

つまり「目の前に桜島麻衣がいる」と認識しない結果に繋がったのでしょう。

学校で全校生徒から無自覚に不可侵の存在として扱われていたことから、本当に空気化してしまったなんて普通に考えて怖いとしか言えません。

空気を読んで異常な状態を受け入れるのも、結局は周囲に流されて右にならえしているだけで、何の疑問も抱かず現状が正常なのか否かすら思考させないなんて、双葉曰く「ゾッとする」現象と言わざるをえないでしょう。

意識が途切れることで空気化が進行

学校が起点となって発生した空気化なので、おそらく他の場所に比べて、最後まで学校内には麻衣を覚えていた人が多かったはずです。

急激に忘れる人が増加したように感じたのは、空気化現象が発現してから一定の時間が経過したからでしょうね。

忘れるかどうかのカギは意識が途切れる点にあるようです。

前日深夜に咲太と電話で話した国見が次の日には忘れていたのは眠ってしまったからで、これまでも睡眠をとったタイミングで少しずつ麻衣に関する記憶は削がれていっていたと考えられます。

特に国見や双葉は、麻衣のことを「咲太が気にしている先輩」として意識を注いでいたでしょうから、2人に関しては他の生徒以上に覚えている期間は長かったと言えるでしょう。

一晩寝ただけで忘れたのはなぜか

個人的にはこれ程まで注視して気にかけていた麻衣のことを、一晩眠っただけで綺麗さっぱり忘れてしまった咲太に対して驚いてしまいました。

2人の距離の詰め具合やここ数日間の関わりの密度を考慮に入れると、あと1週間くらいは持つんじゃないの…?と思っていたんですが。

おそらくは一旦忘れてから思いだす盛り上がりを加味したゆえの展開なんでしょうね。

無理やり理由を考えると、連日徹夜の疲労MAXで眠りについたため、通常の睡眠時よりも意識の消失具合が濃かったからなのかなと思います。

疲労困憊で爆睡した時って「タヒんだよう眠っている」とか表現されますし、それこそ「バニーガール先輩の夢を見ない」ほどに深いノンレム睡眠ばかりだったということでは…?

解決の糸口は学校の空気にある

現象の発生理由が学校の生徒にあるなら、同様に解決手段も学校にあるのではと双葉は推測します。

前回説明したシュレディンガーの猫の話に麻衣を準え、学校こそが猫を入れた一種の大きな箱と見立てました。

双葉が出した解決策案は

「麻衣の消失が全校生の無自覚の無視に起因するなら、それを上回る存在理由を作りだせばいい」

「梓川の愛がそれを上回ればいい」

というものでした。

▼どう考えても世界に麻衣を取り戻せたのは双葉のおかげですよね…!!▼

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 双葉

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

100パーとは言わないけど7割方くらい双葉が救世主じゃないの…?

きっと青春ブタ野郎の咲太のことなので、きっと自力でも自然に思い出すんだろうけど、忘れたその日にトントン拍子で事が運んだのはやっぱり双葉がいたからこそですよね。

咲太から話を聞いた試験前日に、自分も忘れてしまう可能性を考え仮説と打開策について手紙に記していたなんて恐ろしい子…!!

というわけで麻衣編のMVPは双葉に決定でしょう! 笑

スポンサーリンク

麻衣編終了時点で残された疑問

1~3話を視聴して残った疑問について記述しておきます。

疑問① 図書館で麻衣が観測できた理由

咲太本人も気付いていない特別な感情があった?

出会いや親交を深める過程や関わりが濃密であったとは言え、たった20日間ほどで高校生男女が深く思い合えるものなのか…なぁ…う~ん…。

個人的にはやはり5月6日から29日がループしていて、経験したあれこれを心の底で覚えていたから図書館で麻衣を観測できたのではと考えます。

もしくは何の素振りも見せていませんでしたが、実は麻衣のことを以前から好きだったからという理由も考えられます。

でも咲太には自身の苦しい時に助けてくれた牧之原翔子という恩人兼想い人(元)が居たとのことなので、その人以上に心を寄せる存在が「たまたま同じ学校の有名人の先輩」では理由づけとしては足りない気がします。

同じ学校の生徒だから?

学校で生まれた思春期症候群であるため生徒だから観測できたって理由も無きにしも非ず。

ただ、学校に通う沿線や最寄りの駅、学校内なら見えるのは納得なんですが、私服でしかも場所は図書館って説得力に欠ける気がします。

あんなバニーガール姿で徘徊していたとしたら、もっと街中で生徒たちに観測されているはずですよね。

疑問② 咲太も思春期症候群だったのか?

ただの人間ではなさそう

妹の思春期症候群の影響なのか胸に謎の傷を負ったり、牧之原翔子という謎のお姉さんに出会ったりと、ラノベ主人公の星のもとに生まれてきているので(いやそうなんだけど)、ただのフツーの男子高校生でしたっていうオチではないんじゃないかなと。

これからも思春期症候群の問題に関与していくようですし、やはり主人公本人にも驚きの事実が仕込まれているんじゃないかと思います。

疑問③ ループしている?

1話アバンと3話の5月29日が微妙に違う

咲太が眠りにつき麻衣を忘れたタイミングが5月29日の朝。

▼妹のかえでが紙袋に入ったバニーガール衣装を発見するくだりがあるなど

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない かえで 咲太

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

微妙に1話アバンの描写とは異なっています。

日記の名前の部分だけ読めなくなっている点は同じですが、

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない ノート

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

「黒歴史」と呟く台詞が3話ではあるなど違う点が僅かに見られます。

1話考察記事でも触れたエンドレスエイトの手法でも、

青ブタ1話感想・考察・解説!主人公も思春期症候群説【青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない】
残念ラノベ臭タイトルwとか思っていた自分を小一時間説教したい…!! 想像していたよりも中身がしっかりしたシナリオ重視作品と...

大筋の流れは同じでも微妙に人の配置やアイテム、台詞は異なるので、青ブタも実際は何周もループしていて今回が麻衣を取り戻したトゥルーエンドだと解釈することもできますね。

というか、敢えて1話アバンから日にちを戻す技法を使うこと自体、全編通して時間遡行が深く関わる伏線として臭わせている気もします。

咲太が思春期症候群かどうかは別としても、確実に何か大きな別の力や事象が物語全体を取り巻いているように感じられますが果たして――?

スポンサーリンク

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない3話の感想

可愛いは正義ですよね(真顔)

いやー麻衣さんはいいヒロイン! 予想はしてたけど目の前が曇ってしまいました…(涙)

この場でOKしたら場の雰囲気に流されている感じになるから1カ月後にもう一度言ってって、何ともわかりやすいラノベ展開ではないですか!

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 咲太 麻衣

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

これが少女漫画なら全校生徒の目の前で抱き合ってチューして「羨ましいぞコノヤロー」「お幸せにー!」で終幕ですから 笑

▼今季最高峰の告白シーンじゃないでしょうか…!!!

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 咲太

©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

大胆すぎる告白も世界の中心で愛を叫んじゃうやつも、一昔前の携帯小説とか素人発のweb小説とかでよく見かけましたが、やっぱ鉄板でニマニマしちゃうシチュエーションですね。えぇ好きですとも。

麻衣をもう一度観測して、からの空気を読んで(笑)教師が怒りにくるくだりもコミカルで良かったです。

それではツイッターの声も見ていきましょうか!

▲双葉の台詞かなり真理をついてるな~と感心しました。世界って複雑だけど案外単純なんですよね…色んな要素が無駄に複雑にしてるんだよ。

▲咲太はこの件で確実に男を上げましたよね。深い思いがないと出来ないし。徐々に蘇って鮮明になる記憶の加速が本当に良かった。

1~3話で最高ヒロインの麻衣が登場したとなるとこれからどうなるのか…最終回級の盛り上がりなのに次回から新しい物語に移るとか俄かに信じられません。

ともあれ次回も楽しみです。

それでは次回記事でお会いできますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    1話アバンとかえでの添い寝は日付違いますよ

    • mozoushi より:

      >名無しさん
      ご指摘ありがとうございます。
      1話を確認しましたがおっしゃるとおり、かえでの添い寝は日付が異なっていますね。
      お恥ずかしいです(汗)
      記事内容も併せて修正しておきます。どうもありがとうございました。

  2. ひろ より:

    こんにちは ひろです。
    3話目で、きれいにまとめていましたね。
    寝ると忘れてしまうというのは、気が付きませんでした。
    タイムリープはしていないようなきがします。
    次回以降 桜島先輩の話ではなくなっていくのでしょうか。
    桜島先輩 かわいかったので次回以降も出番あると嬉しいです。
    それではまた来週よろしくお願いします。

    • mozoushi より:

      >ひろさん
      こんにちは。いつもコメントありがとうございます!
      きっと原作小説から大幅なシーンカットや台詞を端折った部分もあるのでしょうが、テンポよく無難にまとめられていましたね。
      ループはどうなんでしょうね…正直残りのお話を視聴しないことには何ともいえませんが、個人的にループものや時間遡行の物語が好きなので、ループ要素があればいいなという希望的意味もこもっています笑
      麻衣さんは咲太の彼女ポジションとして次回以降も出演継続かと思っていましたがどんな形になるんでしょうか…ドキドキします。

  3. 名無し より:

    ラノベのご都合主義展開なのは重々承知しているよですが、それをしつこく強調するように何度も考察に混ぜるのは読んでてあまり良い気がしないです。

    • mozoushi より:

      >名無しさん
      コメントありがとうございます。
      まずは、私の記事を読んでご不快な気持ちにさせてしまった事に対し謝罪させてください。

      決してラノベ特有の展開を揶揄しているわけではなかったのですが、配慮不足の誤解を招く表現により嫌な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
      名無しさんと同様に読んで不快な気分になった方もきっと他にも大勢いらっしゃると思うので、ご指摘頂けて本当に助かりました。
      今後はさらに気を付けて参りますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。