BNA2話感想・考察・解説!みちるの身体の謎について【ビー・エヌ・エー】

ウサギを侮るなかれ

どうも、ロシアスキーです!

今回『BNA ビー・エヌ・エー』は2話目となりますね。

今回も面白かったんですが。まぁまずは語ってまいりましょう!

スポンサーリンク

BNA ビー・エヌ・エー 第2話 あらすじ

トラブルに巻き込まれるも、士郎と出会いひとまずその場を切り抜けるみちる。

士郎の案内によってとりあえずの住み家も確保し、みちるの新たな生活が始まる。

新生活の為にまず役所に向かったみちる。

だがその場で自分のサイフをスった獣人を見かけ、追跡を開始する。

獣人を追い詰めるものの逃げられてしまうミチルであったが、マリーによって奪われた財布の情報を入手。

サイフを取り戻すためみちるは単身ラビットタウンに向かうことになるのだが……。

といった感じで。今回はアニマシティという場所にスポットの当てられた回でしたね。

あとは、みちると士郎の関係についても少々描かれた感じでしょうか。

では要点について語ってまいりましょう。

スポンサーリンク

みちるの身体について

まず語りたいのはこちら。

みちるの身体について』ということで……。

前回のラストでのみちるの力もそうではあったのですが。

今回みちるはトラブルに巻き込まれた際になんと腕が伸びるという現象が発生しておりました。

BNA 2話 腕

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

みちる本人もビックリしてましたけど、見てた我々もびっくりですよねぇ……。

まずここではこの『みちるの腕が伸びた理由』などについて考えていきたいと思います。

そもそもなのですがタヌキ……アライグマ……いやタヌキ?

BNA 2話 モチーフ

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

いやまぁどちらでもいいですけどw みちるちゃんの獣人時の姿のモチーフとなった動物は。

当然ですが腕が伸びたりっていうのはしないはずなんですよね。

そうなるとこれってのは獣人としてのみちるちゃんのスタンダードな能力じゃないというか。

備わったものではないと思うんですよ。

たとえば士郎は狼なので鼻が良いとか。そういう『備わってて当然の能力』ではないってことです

それで私ちょっと調べたんですよ。

この地上で腕の伸びる生物ってのはいるのか? ということを。

それで調べた結果なんですけれども。『腕が』っていうとやっぱりそんな動物はいないっぽいんですよね。

例えばナマコの触手とかは確かに伸びますが、あれを動物的腕と表現するのはちょっと違いますよね

となるとですよ? あの腕の伸びる能力っていうのは『獣人だから』とか『動物のスキルが』とかそういう話ではなくなってくると思うんです。

じゃあ一体全体どんなこって腕が伸びるんさって話ですよね。

BNA 2話 学生証

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

まぁこれらの情報から考えてそれに加えて『みちるが人間から獣人に変じた存在である』っていう情報もヒントにしまして。

まず『みちるは特別な存在である』ってことですよね。

士郎の言葉や他の獣人の皆さんの反応から考えるに。

『人間として生きて途中から獣人として覚醒する存在』ってのは今までにはいなかった(あるいは知られていなかった)と考えられます。

そういう意味でみちるは特別な存在であるわけですが。

その『特別』だからこそっていうのがやはりキーなんだと思うんですよね。

例えばなんですけど『人間から獣人になった者というのは伝説の獣人である』とか。

人間から獣人になった場合特殊能力が宿る』とかそういうことじゃないかなぁと思うんですよね。

っていうか今のところはそう考えるしかないかなぁっていう状況なんですけれども。

もしもこの仮定が当たるのであれば。

今後みちるのように特別な獣人が出てきた場合特殊な能力を有している可能性がある』ともなるんですよね。

もしもこの後この作品が『バトル多め』になっていくとすれば、特殊な力を持った敵が出てくる可能性が高まりますし。

数多い謎を解き明かしていく物語ならみちるの身体についてというのは後半まで物語の重要な部分に関係してくるのではないでしょうか?

なのでとりあえず今のところといたしましては。

みちるは特別な獣人であり、それ故に特殊な能力を有している』ということ。

腕が伸びたのはその一端であり、他にもさまざまな能力を持っている可能性がある』という風に予想をしていきたいと思います。

……まとめるとみちるちゃんは今後もトラブルに巻き込まれまくるのが回避不可能って感じですねぇw

スポンサーリンク

謎の狼=銀狼さま?

続いて語りますのはこちら。

子供達の言っていた銀狼さまはみちるの見た青い狼だったのか?』という点ですが。

BNA 2話 銀狼さま

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

まずコレに関しては前回の記事からの繋がりとなりますが。

ビルの上にいた狼は士郎ではない、という予想で間違いないかと思います。

さてそうなるとあの青い狼は一体何者だったのか……。

というか『獣人である』とも確定ではないんですよね。

残留思念力の具現化やらって可能性だって十分にあるわけですし。

もしかしたら本当に銀狼さまっていう神様の可能性だってあるんですよね。

正直なところを言いますと、まったく予想できないっていうのが本音ではありますね。

ただなんとか考えてみますとですね。

まずあれだけハッキリ見えてたとなるとみちるちゃんの見間違いっていう線はないでしょう。

あとは、全身が蒼く光っていた点を考えますと普通の獣人ではないとは思えます。

そうなってくるとやっぱり神様なのか? ってなってくると思うんですけど。

そう考えるのも安直かなと思うんですよ。私みたいに捻くれてるとw

ただ銀狼さまっていう存在もまったく無駄な情報ではないと思うんです。

なのでとりあえず現在の私の予想としては……。

謎の蒼い狼は銀狼さまである』と仮定します。

その上で『銀狼さまというのは神様かは不明であるが、特別な力を持った存在である』と予想しております。

おそらくはこの銀狼さまという存在は物語の転機に姿を現して……。

獣人たちの生き方に影響を与えてくるのではないでしょうか?

もしかするとそのタイミングで士郎、みちるもまた銀狼さまと協力かあるいは敵対か……。

何らかの大きなターニングポイントを迎えてくるのではないでしょうか?

なんといってもこの銀狼さま(仮)がどういった存在なのかも不明なので。

完全に獣人の味方であるとか、温厚な存在であるとかも確定していないですからね。

ひょっとすると人類と獣人の対立を激化させることすらありえますからね!

この謎の蒼い狼については今後も注目していくべきでしょうね。

獣人たちの生き方について

続いて語りますはこちら。

獣人たちの生き方について』でございますね。

今回アニマシティでの獣人たちの生活も描かれていましたね。

例えば私が気になったのは『普段は人間の姿である』ということですかね。

BNA 2話 人の姿

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

獣人しかいないんだから、獣人姿で生活すればいいと思うんですけどね。

そうではないんですねぇ……これが何でなのか、ちょっと納得できてないんですけど。

まぁでも普段が人間の姿だから、お祭りの時はみんな獣人姿で盛り上がったと。

そういう感じで平時は抑圧……でもないでしょうが。

色々と抑え気味に生活しているからこそお祭りの時みたいなはしゃげる時に盛大に街全体が活気付くんでしょうね。

そんな『獣人たちは普段人間の姿で生活している』という部分ですが。

なんでも、『獣人の姿を見せるのはケンカを売るのに等しい』という側面があるみたいですね。

BNA 2話 ケンカ

© 2020 TRIGGER・中島かずき/『BNA ビー・エヌ・エー』製作委員会

この辺りも謎なんですよね……。

だって獣人って『獣人』の姿こそあるべき姿なんじゃないの? って思うんですよ。

まぁコレに関しては『人間の姿であるのが普通』という世界なら。

無闇やたらに獣人の姿になるのはマナー違反』っていうルールがあるのは納得できるんですよね。

ただ気になるのは、なんでそんなルールが築き上げられたのか、って所なんですよね。

せっかく獣人だけの町、アニマシティなのになんで獣人の姿を隠しているのか。

なんというか……獣人たちの間にも『人間を基準として行動せよ』みたいな。

そんな呪縛っていうか、変な固定概念が蔓延しちゃってる気がするんですよね。

多分そのそもそもの原因というか理由っていうのは。

アニマシティが出来る前に人類と獣人の間にあったであろう争いこそが原因だと思うんですよ。

獣人がアニマシティという楽園を手にするまでにどれだけ酷い目に会ったか。

そしてそれゆえにそれこそ本能に『獣人としての姿は隠すべき』という思いが刷り込まれてしまっているのではないかと私は読んでおります。

つまりはアニマシティで過ごしている獣人達は、それなりに幸せに暮らしてはいるものの。

どこか鬱屈しているというか、不満もまた持っているのではないかと私は睨んでおります!

なので今後人類サイドと獣人サイドの間で緊張感が高まっていく時。

それぞれの陣営の葛藤や苦悩、怒りなどが描かれていくと思いますので。

そのエッセンスとして獣人の生活に隠された違和感についてはバンバンチェックしていきたいと思いますので。

この辺りは結構重要なポイントになってくるのではないかと思いますね!

スポンサーリンク

BNA ビー・エヌ・エー 第2話 感想

さてそんなBNA ビー・エヌ・エーの第2話の感想なのですが。

いやー! 実に面白い!

なんでしょうかね、ほんとバランスがイイといいましょうか。

説明や解説だけに終始するのではなく、かといって謎や伏線を蒔きすぎない。

見ていてストレスを感じにくい構成なんですよねー!

またキャラクターたちが魅力的だから、物語が彩られていて。

それが自然と深みを与えているんですよね!

そうして見ている内に物語にドンドン引き込まれていくといいますか……!

いやこの辺りはさすがのTRIGGER作品と言わざるを得ないですな!

ホント、この作品に関しては安心して見られて非常にイイです。

ある意味こういう風に安心して見れる作品って貴重ですからね!

個人的には今期のド安定枠で間違いなし、って感じですね!

BNA ビー・エヌ・エー感想・考察・解説記事まとめ
『BNA ビー・エヌ・エー』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

以上、ロシアスキーでした! 次回もよろしくお願い致します!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする