どろろ23話感想・考察・解説!結末を予想&百鬼丸の成長について

兄弟の縁はもはやどうしようもなく縺れて。

どうも、ロシアスキーです!

大変長らくお待たせいたしました! どろろの記事、更新でございます!

最後に書いたのが? 6話っすか。いやぁ、間が空いてしまって申し訳ないです。

ようやっと落ち着いて記事が書ける状態になりましたので!

第23話。語って参りましょう!

スポンサーリンク

どろろ 23話 あらすじ

多くの出会いと別れ、戦いの後、百鬼丸は醍醐の国に自らの体があると確信。

道中どろろを醍醐の兵に攫われたことにより半ば暴走のような状態で単身醍醐の国へと向かう。

その侵攻を阻むのは他でもない、多宝丸と兵庫、陸奥であった。

最後の鬼神からそれぞれが百鬼丸の目、右腕、左腕を借り受けた三人。

それを見た百鬼丸は激昂し、三人へと戦いを挑んでいく……。

といった按配で。まさにクライマックスという感じでしたねー。

ではでは、要点について語って参りましょう。

スポンサーリンク

どろろや醍醐の民はどう生きるべきなのか

今回描かれた部分で自分が特に気になった点なんですけれども……。

醍醐・朝倉の戦に巻き込まれた醍醐の民や、どろろは、今後どう生きていくべきなのか。そこが気になってしまったんですよねー。

というのも、百鬼丸のせいって部分もあるのですが。醍醐の国は現状朝倉との戦が勃発しております

更に、様々な災害などに襲われており。正直、醍醐の国は国としてみた場合もはや長くはないでしょう。

となると例え朝倉との戦に勝とうと、百鬼丸が倒れることになろうと。国が一気に状況改善・回復するとは思えません

どろろ 23話 お縫

©手塚プロダクション/ツインエンジン

そもそもお縫さんも言っていましたが。自らの力で勝ち得たものでない、与えられたものなど脆いものですゆえに。

一度崩れてしまった平穏は、すぐに戻ってくるわけではない、ということですね……。

さて、問題点としてはそんな正直終わっている国に生きる民や、ひたむきに百鬼丸を追ってきたどろろが、どう生きるべきか、でしたね。

つまるところ、国を捨てるか否か、という部分がまず第一の分岐点。

そしてもしも国を捨てたとして、どうやって生きていくのかが続いての問題となるわけですよねー。

まぁ、長々と語ってきましたけど。要するに武士階級にない一般の民は国を出れば生きるのが難しいっていうのが現実なんですよね。

今回語られていたように。力があれば話は別だけれども、という所ですが……。

となったところで。多分皆さんもある程度物語の展開については読めたのでは無いでしょうか。

力と一言で言っても様々な物があります。兵力に腕力、知識に病気への抵抗力など……。

そして、そう。資本力もまた力です。

どろろが託された大金。それがあれば民達もどろろも生きていけるのではないでしょうか?

そのお金を元に、国を興せば……。

というのはちょっと安直な読みかもしれませんが。でも現状だとストレートな展開はこういう展開になるのかな、と思いますね。

ただし、群雄割拠の戦国時代において興されたばかりの小国なんていうのは正直餌でしかありません。

周辺国から自国を守るためにはやはり武力が必要になりますから……。

そういう意味でも、どろろや民が興す国には百鬼丸のような力を持つ者が必要なのですが。

最後の戦いを経て、百鬼丸はどろろの傍に立てるのか。そういう観点からも注目でしょうね。

スポンサーリンク

百鬼丸の成長

今回気付いた、というよりは今回強く描かれた点として、百鬼丸の成長がありましたね。

いやぁ1話から考えるとかなりの成長を果たしておりますよね。

喋れるようになった当初はたどたどしかったその口調。

へちまを知らないという世間知らずな一面も見せていましたっけね。

そんな百鬼丸ですが、多宝丸と切り結ぶ前の口上では感情豊かということだけではなく。

様々な言葉を使い、自身の感情、内心を吐露してたんですよねぇ。ホントそこに成長を感じた。

どろろ 23話 激昂

©手塚プロダクション/ツインエンジン

勝手な事を!』とか。『それは、俺のものだ!』とか。単語じゃなくなってきてるんですよねー。

この百鬼丸の成長なんですけど、これって別に急成長したとか、鬼神から体を取り返したからとかそういうことじゃないと思うんですよね。

もともと百鬼丸って体を奪われていたとはいえ、ちゃんと生きてきてたんですよ。

その人としての色々を、声とかで発露することはできなかったけど、少なくとも様々なことを考えてたはずなんですよね。

だって、脳までは奪われてなかったはずですから。日々の生活の中で、百鬼丸は百鬼丸なりに思考して生きてきてたハズなんですよ。

それを様々な肉体を奪い返し、形容できるようになってきて、学んでいって……。

そして多宝丸との感情のぶつかり合いでそれが爆発して、あんな言葉になっていった、って感じですかね……。

その成長の裏にある、百鬼丸が取り返したものとか、学んだことっていうのを感じ取ると、非常に深いんですよ……。

ただ単純に成長したよ、じゃないんですよ。百鬼丸は旅したり、どろろと一緒にいたり、戦ったりするなかで成長していったし。

成長せざるを得なかったということなんですよ……!

そしてその悲しき成長がですね。次回最終回でどんな形に結実するか! そこがまた見所!

なにせ今はどろろが傍にいない状態で多宝丸との最終決戦に挑んでいるので。その勝負の結果にたどり着いたときに傍にどろろがいて欲しいんですよね……。

どろろが傍にいるかいないか。それが最後の百鬼丸の成長に影響を及ぼす気がするぅ……。

どろろ 23話 走る

©手塚プロダクション/ツインエンジン

最終話の百鬼丸の振る舞い。これは要注目ですよ!

どろろ 最終話の結末予想

いよいよ次回が最終話となるどろろですが。その結末を私なりに予想してみようと思います。

ちなみにですが。事前記事での私の予想は『体を取り戻した百鬼丸は、家族とも決別し、旅を続ける。どろろもまた成長し、百鬼丸とは違う道を歩む』でしたね。

……う~ん。まだこの結末の目も残ってはいそうですけど。どうでしょうかねぇ。

現状から考えられる結末は大きく分ければ二種類なのかな、と思います。

1:百鬼丸は倒れ、醍醐の国は復興する

多宝丸、あるいは景光に倒され百鬼丸の旅は終焉を迎えるパターン。

当然こっちのパターンもなくはないとは思うんですよね。物語的には相当後味悪いですけど。

もしも百鬼丸が倒れたのであれば、時間はかかるでしょうが醍醐の国は復興していくでしょう。

ただ、今回の一件で民としての在り方に気付いた民たちは醍醐の国から離れたりするんじゃないでしょうかね。

どろろも民達と一緒に暮らすようになり、成長した後に百鬼丸のことを思い出す。

なんて感じだとしんみりしていい感じかもしれませんねぇ。

2:百鬼丸が多宝丸や景光に勝利するパターン

まぁ普通に考えればこっちのパターンだと思うんですよねぇ。だってほら。百鬼丸主人公だし。

ただ事前の予想のようにどろろと別れるのではなく、どろろと共に新たな国で一緒に過ごす、って可能性はあるかもしれません。

それで最後の最後で成長した二人の姿とか見れたらもう感動ですよね~。

まぁ、あるいは事前予想のように二人は違う道を歩む、って可能性もあるんでしょうけど。

どちらにせよ、戦いとは無縁の生活が訪れるっていうのはハッピーでいいエンディングなんではないでしょうか。

どちらになりそうか

個人的にはやっぱりパターン2。百鬼丸が勝つパターンですね。そっちを強く望みます。

ここまで長い旅をしてきた二人だからこそ。最後の最後は幸せであってほしいですよね。

できれば、そんな二人の傍にお縫さんとか琵琶丸さんとかいれば、もう最高。文句なしなんですけどねーw

最後の最後。誰が生き残っているのか。これはまぁ予想できませんが……。

個人的には! ハッピーエンドが訪れるのではないかと思っております!

スポンサーリンク

どろろ 23話 感想

さて、今回の感想なんですけれども。

……いや~。クライマックスだなぁ……。

もうホント、ここまで積み上げてきて広げてきてってやったのがどんどん畳まれていく間隔。

寂しいと思う反面、その畳み方に思わず唸ってしまう……。

色々と予想したり推理したものが、あるいは当たって納得。あるいは正しい答えを突きつけられ納得。

なんでしょうね……ほんと、いいアニメだな、って。ただただそう思いますよね……。

ってしんみりするのは早いんですけど! 最終回は次回ですからね!

ただ次回最終回となるとやはり注目すべき点は、百鬼丸や多宝丸。景光などの内誰が生き残るか。

そして、最後のエンディングはどのような物になるか。

そこに尽きますよね……。生存組の面々によってエンディングがガラッと変わってくると思うので。

本当に最後の最後まで、気が抜けないかと思われます!

いや、ホントハッピーエンドでお願いします……! お願いします……!

どろろ感想・考察・解説記事まとめ
『どろろ』の記事を毎話更新していきます。 どうも、ロシアスキー...

以上、ロシアスキーでした。次回もよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする