【アニメ】マギアレコード(マギレコ)11話感想・考察・解説!やちよの隠す過去【ネタバレなし初見】

夜の訪問者。

はいどうも、ロシアスキーです! かみはまー!

さてさて今回マギレコは11話ですか……。

……え!? あと2話しか残ってないの!?

と白々しく驚きつつ、今回も語ってまいりましょう~!w

原作ゲーム未プレイ者によるネタバレなし初見考察です。

既プレイの方は初見の考察にニヤニヤしながら読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

マギアレコード 第11話 あらすじ

さなからの情報により、マギウスの翼にねむが関与していると確信するいろは。

一同がマギウスの翼にどう接触するかを考える中、いろはは単身月夜に接触。

半ば脅しにも似た方法で、ねむに会わせてもらえないかと頼み込む。

渋々ながらいろはの提案を受け入れ、まずは話を持ち帰らせてくれという月夜。

一方、さなはマグカップのお礼にコースターを買い、やちよにも送ろうと提案をする。

一同はその提案に乗ることにするが、買い物の途中に魔女が襲来。

それを無事に撃退した一同ではあったが、みかづき荘に更なる襲撃者が現れ……。

という感じで、まさに物語風雲急を告げる! という展開でしたねぇ。

ではでは今回も要点について語ってまいりましょう!

スポンサーリンク

天音月夜はポンコツキャラ?

さて、まず語りたいのはこちら。

天音月夜はポンコツキャラなのではないか?』についてです。

まぁ正直なところこれに関しては前回くらいから感じてたんですけどね。

例えば前回だと予想外の出来事に対してうろたえてばかりで具体的な打開策を打ち出せてなかったですし……。

今回であればまずはこちら。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 覗きこみ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こんな覗き込み方するキャラ今はそうそういませんよw

つづいてはこちら。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 こそこそ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

それで本当に隠れられているとでも思っているのか?w

更にはいろはちゃんが何も言っていないのに、自分からボロを出すわ勝手に怯えるわ……。

なんでしょうかねぇ……この子は本当にポンコツの匂いがぷんぷんとするんですよねw

とはいえ実はこれって重要な情報というか、表現なのではないかと私は睨んでおります。

というのも、マギウスの翼の行動目的ってまだまだ謎が多いんですよね。

魔法少女の解放を謳いながらウワサを利用したり魔女を育成したりしている……。

そんなマギウスの翼なのですが、よくよくに考えてみると。

そこまで非道なことをしていない』っていうか……。

無駄に犠牲者を出すようなことはしていなかったのではないか?』と思えるんですよね。

つまり何が言いたいのかといいますとですね。

そもそも月夜ちゃんたちは悪人ではないということではないか?』ということにつながってくるんですよ。

マギウスの翼の行動には確かに問題点はあるかもしれません。

ですがこの月夜ちゃんのポンコツっぷり……。

もっと言えば『どこか憎めない』部分や『人の良さ』のようなものを見ていると。

マギウスの翼は本当に魔法少女を救おうとしているのではないか』とも思えてくるんですよね……。

ただその手法に問題がある以上はどうしてもチームみかづき荘との衝突は免れないでしょうが。

もしもお互いのことをちゃんと理解することができたのなら。

もしかしたらですけど……協力する未来もあるのかもしれないですけれども。

……いやぁ~……どうかなぁ……。

でもまぁ、私としては月夜ちゃんは『ポンコツであるが故に悪人に非ず!』と判断させていただきます!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 シャフ度

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

(関係ないですけど、やっぱりこの角度は見ると落ち着きますよねぇ~w)

スポンサーリンク

みふゆの言動の意味するところとは?

続いて語りたいのはこちら。

今回のみふゆの言動の意味』でございます。

特に語りたい部分なのですが、『みふゆのやちよへの言葉』などについてですね~。

今回まさかのみかづき荘へと襲撃……というか来訪してきたみふゆ。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 みふゆ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

いやぁ~……驚きましたねぇ……。

主な目的はいろはちゃんへの交渉というか。

講義』へのお誘いが目的だったみたいではありますけれども。

そこでやちよさんが帰ってきたので、少し言葉を交わして帰ったという感じでございますね。

で、問題のみふゆの言葉についてなのですが……。

一連の言動は単純にやちよさんを煽っているということではないと思うんですよ。

そもそもやちよさんを煽るのであれば、すなおに帰ろうとはせずに長居して煽った方が効果的です。

そうなってくるとみふゆの言葉っていうのは煽り目的ではない。

いえ……私にはむしろ『忠告』という風に聞こえましたね。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 衝突

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

例えばやちよさんに言った『あの子たち』っていうのは、最初ボーっと聞き流していた時はいろはちゃんたちのことかと思ったんですけど。

これってもしかして、過去のみかづき荘の面々について語っているのかな、って気づいたんですよね。

そう思った理由のひとつがこちらの画像でして。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 写真

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

今まで私はみかづき荘にいた魔法少女は『やちよ・みふゆ・謎の少女』の三人かと思っていたのですが。

しかしこの画像には、もう一人謎の少女が描かれておりました。

もちろん、このみかづき荘に過去に住んでいた住人の全員が魔法少女であったということはないでしょうが。

その多くが魔法少女だったという可能性なら十分にありえるかと思われます。

だとすればみふゆがあの子『たち』って言ったのも納得できますしね。

それに併せて考えるに、みふゆがもしもやちよさんを煽ったり責めたり糾弾したりするつもりなら。

もっと攻撃的というか、悪意害意のある言葉を口にしていてもいいと思うんですよ。

でもみふゆは落ち着いた口調でやちよさんに言葉を投げかけ、しかも必要以上に深追いせずにみかづき荘を後にしました。

これに関しても、みふゆは決して悪の道に墜ちたのではなく……。

あくまでもマギウスの翼は本当に魔法少女の救済を目的としているからこそ、ということであり。

それゆえに旧知の仲であるやちよさんには忠告を授けたのではないか、と考えられます。

そもそもマギウスの翼が救済を目的としていないのなら講義にやちよさんも誘って、チームみかづき荘を一網打尽にすればいいですし……。

あるいはやちよさん不在の状況+鶴乃・フェリシア・さなが外にいていろはちゃんが孤立している時に攻撃を仕掛けてもいいわけですしね。

つまりはみふゆ……っていうかマギウスの翼はマギウスの翼で信念あって行動してるんだぞ、ということですね!

そんな信念を持って行動しているみふゆだからこそ。

恐らく自分の行動が許せず下手をすると意固地になってしまっているであろう友人には忠告を授けておくべきだと思ったのではないでしょうか?

……で、問題なのはそのやちよさんへの忠告が示す『過去の出来事』なのですが……。

スポンサーリンク

やちよが隠す過去

続いて語りたいことこそ、ある意味今回一番私が触れたかったこと。

やちよが経験した過去の出来事』でございます。

これなんですけれども……恐らくこれが以前マミさんが指摘していた。

やちよの隠し事・ウソ』なのではないかと私は読んでいるのですが。

今回のみふゆの言葉も踏まえてここは素直に考えましょう。

恐らくやちよさんは(あるいは一緒に居たみふゆも)『過去に仲間を助けられなかった』という過去があるのではないかと! 思います!(断言)

……ここからは多分に推論というか推理というか。

私の考え『ばかり』を大きく含んでいるわけなので。そこはご理解いただきたいんですけれども。

まず仮定の1。『みかづき荘には昔も多くの魔法少女が在籍していた』のだと思われる。

詳しい人数は不明ではありますが、私の予想が当たっていれば最低でも4人。

もしかしたらもっと多くいたかもしれません。

仮定の2。こちらのシーンでももこの言った言葉。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 ももこ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

過去にやちよとの間に起きた何らかの出来事は『全ての魔法少女に関係している』ということ。

この言葉から考えるにももこは『全ての魔法少女が逃れられない何か』を目にしたと考えられます。

そして仮定の3。マミさんの読みが正しければ……。

やちよさんは意図していろはちゃんたちに隠し事をしている』ということになる。

これらの情報・仮定から全てを統合して考えますと……。

過去、やちよの仲間は魔女化したのではないか?

というのが私の予想の全容でございます。

どうでしょう? 正直、ありえるんじゃあないかと思うんですけど。

もしもそうだとすれば、ももこがやちよさんとチームを組んでいないのも納得できると思うんですよ。

チームリーダーとして失敗をしてしまったやちよとは組めない』っていう思いもあるとおもいますし。

以前コメントでいただいた『みたまさんだけではなくももこもちょっと怪しいのでは?』というのも。

こう予想すると繋がるのではないかなぁと思うんですよね。

調整屋をやっているみたまは、魔法少女が魔女になることを知り魔法少女救済のためにマギウスの翼に協力している。

そしてももこもまたみたま同様にマギウスの翼に協力しているとすれば……。

この二人を疑わしく思っている視聴者の皆様の直感は当たるのではないかな、と思うんですよね。

そうだとすればやちよさんは魔法少女が魔女になるということを知っていながら意図して情報を隠しているということになりますから。

マミさんがそれを察知すれば、疑わしいと思うのも納得できる部分でございます。

あと気になるのはこちらのシーンですね。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 鏡

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

このシーンで鏡に映っているのは間違いなくやちよさんのドッペルだと思うんですよ。

ただやちよさんはいろはちゃんのドッペルを見た時に、明らかに初見な反応を見せていました。

となるとやちよさんは恐らくドッペルを発動したことは無いと思うんですよね。

そうなると仲間がドッペルになって戻れなかった、とかってことは無いと思うんですよ。

だとすればやっぱり考えられるのは魔女化を目の当たりにしたってことだと思うんですよね。

もしも予想が当たってるんだとすれば、まぁ確かに。

魔法少女の最大の問題点を知ってて隠してるんだもんなぁ……。

もしかするとチームみかづき荘がこの点で衝突、なんてこともあるかもしれないですね。

マギウスの一人、里見灯花

そして次に語るのはこちら。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 灯花

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

ついに登場しましたね! マギウスの一人である『里見灯花』についてです。

まずはこちらの画像を見ていただきたいんですが。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 おもちゃ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

これは恐らくいろはちゃんが見た夢に出てきたおもちゃだったと思うんですよね。

これがここで描かれたということは、おそらくこの灯花ちゃんに関しては偽物ってことは無いと思うんですよ。

それでこの灯花ちゃんが本物となると……。

やっぱりねむちゃんもマギウスってことでいいのかな? ってなりますけど。

そうなると気になるのはさなちゃんからの情報なんですよね。

ひとりぼっちの最果てに出入りしていたマギウスの翼の言葉には。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 マギウスの翼

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

『ねむ』の名前と『協力』という言葉があったそうです。

もしもねむちゃんがマギウスの一人なんだとすれば……。

『協力』っていう単語が出てくるのって違和感なんですよね。

そもそもマギウスの意思疎通がちゃんと成立してるなら、こんな言葉は出てこないと思うのですよ。

となると……もしかしてマギウス内でも衝突が起きてるとか……?

あと気になるのは、灯花ちゃんはどうやらいろはちゃんと初対面のようなリアクションだったんですが。

それが本当に初対面だったのかどうなのか……。

ういちゃんの記録やらが残っていない影響なのではないか……という予測も出来ますのでね。

なんにせよ今回灯花ちゃんが登場したということは……。

次回あたりういちゃんに関しての重大な情報が明らかになる可能性は高いと思われます!

ということなので! 次回灯花ちゃんの言動は要チェックですね!

……これ、灯花ちゃんって戦闘能力あるのかな。

あるんだろうなぁ……。

今回の文字ネタ

さて今回の文字に関するネタをまとめたコーナーなんですが……。

いやぁぁぁ……今回は魔女文字が多かった!w

まぁそれはまた後で語るとしまして……。

まずはこちら、どんっ。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 チャリネル

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの喫茶チャリネルの『チャリネル』なのですが。

こちらは宮沢賢治の作品に出てくる楽器の名前らしいですね。

……なんで宮沢賢治?w

ではではいよいよ魔女文字について語っていきたいと思うのですが……。

今回はあまりにも多い上に翻訳が出来なかったものもございましたので。

とりあえずは完璧に解読できたものから……。

まずはこちらですが。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 ゲートルード

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

今回の魔女の名前ですが『GERTRUD』……読みはゲルトルードですね。

このゲルトルードはまどマギ本編2話にも出ているらしいですね。

……え、出てましたっけ?w

だとするとやっぱりマギレコはまどマギ本編とは少し違う物語の流れを描いている感じですかねぇ……。

で、ここからがそのゲルトルードの魔女結界内で出てきた文字ということになるんですが。

もうとにかく翻訳できたのからバンバン行きます!w

はいまずこちら!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 ヒゲ額縁

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらが恐らく『I BLUHENDEN ROSEN SOLLEN DER』で『バラを流すべき』だと思われます。

はいバンバン行きますよ~! 次!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 暗い看板

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらが『BEKÄMPFE SCHÄDLICHE INSEKTEN!』かと思われます。

ただ翻訳がですね……『戦闘 ダメージ 昆虫!』って翻訳になるんですよね……。

(多分翻訳か解読をミスってるw)

はいじゃんじゃん行きましょう! 次三枚目!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 看板とコースター

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの看板は『JA SCHNEIDE SIE AB』で一度英語を経由して翻訳しますと『はい 切れました』ですかね。

コースターの方は大きい文字しか解読できなかったんですが『SCHNELDEN』で『迅速』ですね。

その下の文字はもう小さすぎて読めませんw

はい次いきましょうね四枚目!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 蝶と文字

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの文字二つ。上の文字列は『DASSIND MIR UNBEKANNTE BLUMEN』で『知られていない花』だと思うんですけど。

下の文字列は『DSAI BLUHENDEN ROSEN SOLLEN DES』で『海のバラの花』って訳されるんですけど。

……これも下の文字列は解読ミスしてそうだなぁ……。

はいどんどん行きましょうね五枚目です!

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 人とバラ

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの文字列は『DAS SINDMIR UNBEKANNTE』で『知られていない』だと思われます。

……とここまでが(とりあえずは)翻訳に成功した部分となりますが……。

あのですね……これを書くのは恥ずかしいお話なんですが……。

翻訳をまったくできずにいた魔女文字ってのも結構あるんですよw

なのでここからはそれになりますね。

まずこちら。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 消火器

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの下に並ぶ消火器は翻訳できたんですよ。

MOERO』……つまり消火器なのに『燃えろ』と書いてあるっていうユーモアですね。

ただ上の文字列がどうしても翻訳できませんで……。

DASKMDMJRUNBMKANNTEBLUMEN』だと『??? および???の強い花』っていう翻訳になって解読できないんですよ。

……そもそもドイツ語なんて私習得してないっていう話ですよw

はい次にまいりましょう。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 丸看板

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちら看板の上の部分の文字は翻訳できました。

KEIN』……つまり『いや』『NO』ってことですね。

ただ下の文字が全然読めないんですよね……あのね、小さすぎ!

はいはい次いきま~す。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 人形とポスター

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの画像のポスターの文字に関しては完全に翻訳ができておりませんw

KMINDUR CHGHNG!』だと思うんですけどね……訳せないんですよ……。

これに関してはこちらの画像。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 ポスター

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの画像も恐らく同じ文字列だと思うんですけどね~……。

二つ合わせてもどうにも翻訳はできませんでした……。

はい次行きましょう。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 格子

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

こちらの格子の影の文字に関してはブツ切りすぎてそもそも何書いてあるかわかりませんね……。

ヘタすると全部つなげると文字列になるのかもしれないですけれども、どの順番なのかも分からないですしね……。

つづいてはこちら。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 11話 全景

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Anime Partners

魔女結界の全景を見渡せるシーンなんですが……。

右上の文字がですねー……要所要所が滲んじゃって読めないんですよ……。

ホントそういうのはやめてほしい……せめて全部読めるようにはしてほしい……。

……と。私が発見した魔女文字に関してはこれで全部ですね……。

あのですねぇ~……きびしい!w

数が多くて調べるのすっごく疲れました!w

……次回以降は数の多さによっちゃあ翻訳できなかったのはカットしようかしらw

スポンサーリンク

マギアレコード 第11話 感想

さて、マギアレコードの11話の個人的感想なのですが……。

いやぁ……予想外だった……!

まさか10話でも12話でもなく11話で灯花ちゃんが登場してくるとは思いませんでしたねぇ……!

でもこのタイミングでこういう展開を持ってこられることにより。

残り2話の展開が『あ、急展開だな盛り上がるな?』っていうことが予想できるわけなんですよ。

いわば今回のこれは最後の盛り上がりに向けての布石!

やっぱり気になるのは次回ういちゃんについての情報が出てくるのかどうか!? ってことですよね!

あとは……クロさんの出番は本当に無いのか? って部分もw

その期待を見事に盛り上げてくれるすばらしい回でしたね!

……ただトドメとばかりの魔女文字ラッシュはカンベンしてほしいw

せめて英語! せめて英語! ドイツ語はカンベンして!w

と叫びつつも次回の盛り上がりに期待大ですね!

【アニメ】マギアレコード(マギレコ)の感想・考察・解説記事まとめ【ネタバレなし初見】
『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

以上、ロシアスキーでした! 次回もどうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. タツミ より:

    今回は、みふゆの来訪や講義の誘いなど、原作ゲームと同じ展開で安心しました。

    これまでの回についても、原作ゲームと異なる展開もありましたけれど、結末を変えるような重大な変化は起きていないという印象です。
    マミの動向ついても、アニメオリジナルで登場したシーンがあるだけで、立ち位置や役割が変化しているわけではなさそうです。

    やはり、アニメ版は「メインストーリー 第6章」までをアニメ化する事になりそうです。第2期で、メインストーリー 第7章から第10章をアニメ化する事に期待ですね。

    • rosiasuki より:

      タツミさん

      コメント、ありがとうございますー。

      お、タツミさんの見立てではちゃんと結末が収束する、ということですね。

      いや~、これは多分2期はありますよねぇw

      逆に無かったら大笑いですよw

  2. 名無し より:

    マギレコには宮沢賢治関連の言葉が結構出てきます
    出てくる言葉が考察の手助けになったりするかもしれませんよ?

    残り2話はホント急展開ですよ〜
    おそらく次回見た後に各キャラ(特に○○○と○○)の今までのセリフや表情を振り返ると感じ方がガラッと変わります

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      あぁ、やっぱりそうなんですね。

      ところどころ、宮沢賢治の匂いを感じ取る部分があったので、じゃないかもしれないとは思ったのですが。

      おぉ、期待が高まりますね。残り2話楽しみですねー!

  3. 名無し より:

    かみはま〜感想待ってました!ゲルトルードさん出演おめでとう!まぁ神浜の外からやってきた魔女なんで瞬サシデスヨネー。あと薄々勘付いてると思いますがマギウスって一枚岩じゃないんすよね〜それとかなり現実的な組織体制になってます…社訓みたいなのもあるんですよ本編にはあまり関わらないこと多いですけど例えば一部の幹部クラス以外の魔法少女は大体フード被ってるのも社訓のようなものです、マギウスの翼の多くは一人で魔女を倒せないような弱小魔法少女ばかり…(まぁだからマギウスの解放という言葉に縋ったんでしょうけど)そんな彼女ら下っ端が身バレすると今回みたいな実生活トラブルになりかねないという配慮ですね。そういう意味ではきちんと魔法少女の生活を守る組織と言えます。

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます! かみはま~!

      ゲルトルードさんは、戦闘シーンすらありませんでしたねw 残念w

      ……株式会社マギウスの翼……?w

      でも、納得しました。確かに、組織であるからこそ所属人員を守れるわけですね。

      あれ、やっぱり悪の組織じゃないってことでは?

  4. はるしーた より:

    初めてコメントさせていただきます。

    ロシアスキーさん、いつも楽しく読ませていただいております!ありがとうございます!

    いろいろと気になる情報が増えて盛り上がってきましたね。
    (これは2クールないと片付かないですよね。。。)

    ゲルトルード、まどマギ2話で、マミさんが先輩として、魔法少女の活動をまどかとさやかに見せてあげたときに出てきてました。
    でも、今回、登場シーンに時間を割いたわりに瞬サシだったので…
    なにか次回につながる布石だったりしないかな?と、個人的に期待してます。
    (記憶ミュージアムにて、フェリシアの持ってるグリーフシードからこの魔女の過去の記憶が再現されて、魔法少女が魔女になる事実があばかれたり、とか!?)

    あと2回、アニメも考察も楽しみにしております!!!

    • rosiasuki より:

      はるしーたさん

      コメント、ありがとうございます。

      いや、これ多分2クール目ありますよw じゃないと、ねぇ?w

      ゲルトルードに関しては、ゲーム版では出てるんでしょうかね?

      出てるんだとすれば、まぁアニメでも登場ってことなんでしょうけど。

      出てないならファンサービスなのかなぁ……。あまりにもあっさりだったので、多分出番は無いかとw

      あと2回、がんばりまーす!

  5. 妄想気味 より:

    かみはま~電波から砂時計にかけての展開の遅さにジリジリとしつつも逆にホット胸をなでおろしてる今日この頃wこれはもう言っちゃっていいですよね?!流れ的に見て二期確定だろうと!一期のラストはウイ復活辺りまでじゃないかと予想します

    今回の重要情報は「灯花がイロハを知らない」と「イロハが記憶を取り戻す切っ掛けはミニQBとの接触だった」が確定した事ですかね、この二つが確定したのはかなり大きいです

    灯花がイロハを知らない>これはやはりウイとセットで忘れられてるって事ですね、同時にマギウス全員がウイを忘れてると見て間違いないでしょう、アリナ登場回の見直し考察は大筋で間違ってはい無さそうかな?

    イロハが記憶を取り戻す切っ掛けはミニQBとの接触だった>これにより夢の情報は真実が確定し、同時に姉も親友もQB大も忘れてる事からミニQB=ウイの心も確定かな、消失現象から心と体は分離状態で体は魔女化が高確っぽい

    天音月夜はポンコツキャラ>ここで重要なのはマギウスとミフユ下手すると翼内には四つの派閥が有る可能性ですかね、本来はマギウス三人がそれぞれって形だったのでしょうが穏健派のミフユにマミが付いたことでパワーバランスの崩れが予想されます、新入りのマミがボスの一人であるアリナに発砲したことからも派閥間が険悪なのは伺えます、天音姉妹はミフユ派でしょうね彼女に心酔しており判断も彼女に頼りっきりっぽい

    みふゆの言動の意味するところとは>遂に過去の精算を考えてるのかな?マギウス絡みとは別のもう一つの重要事件であるヤチヨPTを襲った悲劇が遂に明かされそうですね、問題は金髪ロング(ギターの娘)と緑髪ポニテの子の現状ですが魔女化+死亡が高確っぽいですよね、結果的にミフユ、ヤチヨ、モモコは袂を分かち理想に縋ったミフユ、ミフユを探すヤチヨ、独自にミタマに辿り着いたモモコって感じかな?
    正に群像劇ですねw目的はおそらく一緒なのですが六人がそれぞれの思惑で動いてます、目的はやぱり魔女からの復活になりそうなのでウイ復活で一気に物語が収束する事が予想されますね、ミフユとモモコに関しては心の底では悲劇の原因はヤチヨに有ると思っていそうです、大っぴらに責めないところから同時に仕方なかった事とも思ってはいる様なんですがね

    マギアレコード 第11話 感想>もう焦りませんともwドッシリと構えて最終回の二期告知を待ちたいと思いますw
    ここまで来たら予想は立ちますウイに関しては情報は出ないと思われます、有るとしたら突発事故によるイキナリのウイ復活でしょうね!流れ的には六つ巴の戦いからイロハピンチ、庇ったミニQBが重症、イロハが治療(願い的に能力はヒール)、ウイ復活(少なくとも心は)同時に彼女絡みの記憶も復活、マギウスとイロハの団結が予想され魔女からの復活の可能性により残り三人も共闘が高確、一丸となり更にはそれぞれの模索の統合により魔女からの復活は更に真実味を帯びてくるって感じかと
    ここまで来たら触れずにはいられませんよねwイロハ彼女が何故主人公なのか?と、何だろなwwwこの居るだけで状況が好転していく彼女の強運ってw主人公補正と言えばそれまでなんだけどwおよそ主人公ぽくない彼女の強運これにも何かしらカラクリがあるんじゃないかと勘繰ってしましますw

    • rosiasuki より:

      妄想気味さん

      コメント、ありがとうございます。

      あー、たしかに。そもそもいろはちゃんもミニキュゥべえと接触してなかったら記憶を取り戻せなかった可能性は高いのか……。

      そうすると、いろはちゃんと灯花ちゃんは初対面じゃない可能性も高いのか……。

      マギウスは一枚岩の組織ではない、とは。コメントでいただいてたり、また作中でもそれと分かる描写も多いのですが。

      派閥争い、してるんですかねぇ……意見がぶつかりあってるくらいならいいんですけど。

      もしバッチバチに争ってるなら、瓦解もありえる?

      今までに描かれた謎の半分くらいは解決してもらえるといいんですけど。

      2期があるとして、謎の多くを2期に引っ張られたらキビしいなぁw

      いろはちゃんに関しては、恐らく強運というよりは。

      マギレコの物語を動かす運命にあるというか、ミニキュゥべえが導いてる感ですかねぇ……。

  6. 名無し より:

    謎の少女については、10話のCパートをもう一度見ていただきたい。
    高校生の頃のやちよさんと一緒にキッチンで食事を作ってる少女が出てきていますよね?
    彼女についてはアニメでの初出はそれです。

    月夜ちゃんのポンコツ疑惑は、もう言ってもいいでしょうw
    とうとう隠せなくなったというか、制作側も切り出すタイミングを見計らってたかというか。
    既プレイ勢から言わせてもらいますと、慧眼お見事!その通りでございますw
    (かと言って月咲ちゃんの方はしっかり者なのかというと…)
    アニメではいろはが単身突撃してますが、原作だと鶴乃とフェリシアが突撃しています。
    ですが、これは1人ぼっちの最果てに行く前のエピソードになっており、
    削られたかと思われた箇所を上手く挟んできましたね。
    みふゆさんに相談してからと言ってましたから、流れとして自然なものになったと思います。
    なお月夜ちゃんの人となりについての考察も鋭いと思わされましたが、彼女は自爆と自供を同時にやってしまう稀有な特技の持ち主でもあります。
    自分は明規月夜で天音月夜ではありませんと言ってましたね?
    また10話のCパートを思い出していただきたい。
    制服姿の月夜ちゃんと月咲ちゃんがみふゆさんの部屋に食事を作りにやってきますが、あの時の2人の制服は同じ水名女学園のものだったでしょうか?
    普通、双子なら同じ学校に通っていてもおかしくないですよね?

    ももこがマギウスの翼に協力しているか否かについては、それならばかえでは引きこもったままにはなってないと思います。
    マギウスに協力する理由としたら、やっぱりドッペルの事を知ってるのが条件ですよ。
    知っているならももこが同じチームのかえでに、あの後伏せたままというのは考え辛いですね。
    原作から変更されたり削られたりした箇所も多くももこも影響を被ってますが、かえでの状況を見るに魔女化もドッペルを知っているにも関わらずレナにだけ話すというのも無いとは思いますよ。

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメント、ありがとうございます。

      あー……! あの子でしたか。

      いやぁ、後姿だったんで失念してました……。

      ってなると、描かれるメンバーとしてはやっぱり過去のみかづき荘の面々は4人で確定ですかねぇ。

      月夜ちゃんは……なんでしょう。憎めないw

      ポンコツなんですけど、確かに深いところで秘密がありそうですし。

      あと、確かに、ご指摘の通り。

      ももこちゃんの行動パターンは自分の予想通りだとちょっとおかしいんですね。

      だとすると……うむむ? どういうこったろ……?

  7. 卵の魔女の手下 より:

    カミハマー!考察お疲れ様です!

    薔薇園の魔女ことゲルトルートさんが満を持して再登場しましたね!
    使い魔のアントニーはまどマギ本編でドイツ語で歌を歌っており、その歌詞が背景に書かれた文字と対応おり、また魔女文字になっていないドイツ語の文章が結界内に混在していたことなどから魔女文字の解読が進んだという、魔女文字解読の歴史において重要な存在なんですよ!歌詞は以下の通りです。

    Das sind mir unbekannte Blumen.
    (見たことのない花だ。)
    Ja, sie sind mir auch unbekannt.
    (見たことのない花だねぇ。)
    Schneiden wir sie ab?
    (チョン切ってしまおうか。)
    Ja, schneiden wir sie ab.
    (チョン切ってしまおうね。)
    Die Rosen schenken wir unserer Königin.
    (薔薇は僕らの女王様へ。)
    Und die schlechten Blumen steigen auf die Guillotine.
    (悪いお花はギロチン送り。 )
    Ja, schneide sie ab!
    (ヤァ!チョンと切れ。 )
    Ja, schneide sie heraus!
    (ヤァ!切り落とせ。 )

    見たところ、今回出た結界展開時の映像はまどマギ本編で出たものとほぼ同じもののようですね。多くの文字は歌詞に関連しています。
    歌詞にない文字だと、BEKÄMPFE SCHÄDLICHE INSEKTEN!は、害虫と戦え!みたいな意味ですね。
    蝶の看板の文字とポスターの文字はどちらも同じKEIN DURCHGANG!(通行禁止!)です。
    消火器の上の文字はDAS SIND MIR UNBEKANNTE BLUMENがつめて書かれているだけですね。
    残りの文字はよく分からなかったです。

    魔女文字からわかるようにアントニーはゲルトルートさんへの忠誠心が非常に高く、魔女との関係の良さでは全使い魔中随一であり(他の使い魔が悪すぎる気もしますが)、おヒゲをゲルトルートさんに手入れしてもらっているそうです。
    叛逆の物語においてもその忠誠心を買われ、さやかに戦力として貸し出されていました。その際はレンタルver.として下半身の蝶が魚の尾びれに変化し、ゲルトルートさんから貰った勲章を胸に付けていたのが印象的でした。
    アントニー達は円環の理軍の歩兵として、最前線でくるみ割りの魔女の手下達と激闘を繰り広げていました。もし叛逆の物語を見直す機会があれば、彼らの活躍に注目してみるのも面白いと思いますよ!

    • rosiasuki より:

      卵の魔女の手下さん

      コメント、ありがとうございます。

      なんと、ゲルトルードさん、重要な魔女だったんですね。

      っていうか、そのドイツ語から魔女文字を解読しようとした有志のその執念はどこから……w

      あと、ヒゲを手入れするとかなんか可愛いですねw

      劇場版もう一回見直そうかなぁ。

  8. 真夜中の小人 より:

    遂に魔法少女の真実が語られるのかー
    ってところで終了・・・
    ももこの表情やセリフからはやはり、
    ももことやちよは魔法少女の魔女化を知ってそうですね。

    みかづき荘の壁に飾られていた少女の写真ですが、
    二人共回想で出てますよ。
    金髪ロングの少女は5話のやちよの回想で。
    緑髪の少女は10話Cパートのみふゆの回想で。
    (天音姉妹がみふゆの部屋のキッチンを使うシーンんで、
     みかづき荘のキッチンでやちよと並んだ後ろ姿がフラッシュバックしてるシーン)

    本編まどマギでQBが敢えて語らない魔法少女の真実は、
    ・ソウルジェムは人間の体から切り離した魂や命である
    ・ソウルジェムが濁り切ると魔女化する
    の2点であることや、EDのやちよの悲痛な表情の後の
    誕生日ケーキのロウソクが2本消えている演出などから、
    やはりこの二人の少女がそれぞれの要因で犠牲になっている
    というのがシックリきそうです。

    みふゆが言った「分かっていて、また同じことを繰り返そうとしている」の
    「分かっていて」の部分が気になりますね。
     We affirm ourselves at expense of out neighbor.
     (隣人を犠牲にして自分自身を肯定する)
    この1話で書かれていたメッセージが、仲間が犠牲になって自分が助かっている。
    ということを示唆しているのであれば、みふゆはやちよに対して、
    それを繰り返そうとしている。ということへの忠告と取れます。

    天音姉妹の姉について、天音月夜ではなく暁月夜と後輩からは呼ばれていました。
    これは両親の離婚などで双子姉妹が父親と母親と別々に引き取られている。
    ということなのかな?
    ここも複雑な家庭事情を抱えた雰囲気ですが、
    尺的にそこまで掘り下げられることはないんだろうな。

    • rosiasuki より:

      真夜中の小人さん

      コメント、ありがとうございます。

      いやぁ、本当にイイ引きですよねぇw

      写真の少女に関してはほんと、なんで私は気づかなかったんでしょうねw

      いやー、情けないことですw

      みふゆ・やちよの様子から隠されている過去。

      そして天音姉妹の関係に関しての謎。

      これに関してはさまざまな予想は出来ますが……。

      尺もありますからねぇ。

      ただ、2期あれば語られることもあるんではないでしょうか……!

      • タツミ より:

        天音姉妹の関係については、「メインストーリー」では描かれず、「魔法少女ストーリー」で描かれています。

        「魔法少女ストーリー」は全ての魔法少女に実装されているクエストで、クエストの開放には、その魔法少女を入手している事が条件となります。
        それぞれの魔法少女に、短編シナリオが全3話ずつ用意されています。

        「メインストーリー」や「魔法少女ストーリー」などのクエストは、シナリオだけでなく、必ずバトルが発生します。シナリオ上では、みかづき荘でのんびりしているだけでも、ゲーム上ではバトルになったりするわけです。そのため、ゲーム上のバトルは、シナリオに沿っていない事もけっこうあります。
        ウワサやマギウスとの戦闘など、シナリオ上の重要な局面であれば、ゲーム上のバトルもそれに沿った敵と戦う場合が多いです。

        • rosiasuki より:

          あー、ソシャゲあるあるですね。

          でもそういう風なサブストーリーがあるとキャラの掘り下げがあって嬉しいですよね。

          ……ちなみに、今現在マギレコでプレイアブルキャラとなってる魔法少女って何人くらいいるんですかね。

          数十人? いや、100人とかはいないですよね?

  9. タツミ より:

    マギウスの翼について。

    実は、マギウスの翼が集っているのは「神浜・西のリーダー格、みふゆの人望」に依る所が大きく、マギウスの御三方にはあまり人望がありません。

    みふゆはマギウスの計画に初期から協力しており、マギウスの御三方とマギウスの翼とのパイプ役でもありました。みふゆに決定権はありませんが、お目付け役のような側面もあり、マギウスに対するブレーキ役となっています。

    なので、みふゆがいなければ組織として成り立たなかったでしょうし、マギウスの御三方はもっと危険な手段を取っていたと思われます。

    • rosiasuki より:

      あ~……それは納得ですね。

      そもそもみふゆさんってものすごく色々動いている感じですしね。

      逆に言うと本当にみふゆさんってマギウスの翼のブレーキなんだなぁ、っていうのが。

      ……あれぇ? そう考えると、そもマギウスの翼って組織としては二流の組織なのでは?

      危険性というか、危なっかしさ全開なんではないでしょうか?w

      • 名無し より:

        横から失礼します。
        現在のマギレコに実装されてる魔法少女は100人超えてますねw
        中にはマギレコ以前から知られていた外伝作品の主人公・登場魔法少女もいます。
        マギウスの翼に関しては、原作だと半年ほどのスパンで膨れ上がった寄せ集め集団ですね。
        みふゆさんの人望の他にはマギウスの3人の頭脳・見識・能力によるところが大きく計画もそこに依って立てられる事が多い。
        マギウス自体に人望があまりない理由としては、灯花ちゃん見てもらうと察せられるかと思いますけど天才だけど子供、という部分が大きく影響してるからでしょう。
        人間観やタヒ生観が未熟だったり歪だったりする部分がとても大きいですね。
        たしかに危なっかしさ全開の組織です。これはアリナ先輩でもう分かるでしょうw
        強い魔法少女は黒羽根・白羽根の違いなくいるにはいるのですが、大体はアカン子ですね…。

        • rosiasuki より:

          名無しさん

          コメント、ありがとうございます。

          え、それって、いわゆる『イベント衣装』だの『レア度違いの同一キャラ』じゃなくって。

          完全別キャラで100人超えですか?w

          それだとまぁ、コンプなんて夢のまた夢だし、アニメに全員は出せないですよねぇw

          あーなるほどなるほど……。

          そもそも、組織のトップが子供ってのは、やっぱりロクなことにゃあならないぞ、ってことですかねぇ……。

          • 名無しのプレイヤー より:

            マギレコオリジナルは71人くらいです。(2部初登場含む)
            他は
            ➀鹿目まどかや織莉子、かずみ、タルト、すずね等のまどマギ原作、外伝関連作品のキャラ
            ➁戦場ヶ原ひたぎや高町なのは等の他作品とのコラボキャラ
            ➂水着とか晴れ着等の別バージョン(例、百江なぎさバレンタインver.)
            で合計120人ぐらいです。(現在進行形で増加中)

            ガチャ運が無いと新車一台分くらいは必要ですし、コンプしても8割くらいは使わないのでお留守番となっています。なのでコンプしてる人は皆無だと思います。(全て自分調べ)

            既にアニメにも結構出ていますが、触れられているのは氷山の一角みたいなもんですかね。まどマギと比べて大人数になったせいでメインキャラですら尺が足りずに描写不足になっていると感じています。ただ、触れられないサブキャラクターも意表を突いた形でゲスト出演しています(例、電話の声、ラジオにお便り送った人「かみはま~」)。

          • rosiasuki より:

            それでもオリジナルが71人!?

            衣装違いにコラボ含めて120人!?

            え、電話の声はともかく、ラジオにお便り送った人も!?

            なんでしょう、マギレコの選手層の厚さを思い知りますねぇ……!

    • 妄想気味 より:

      あぁ~マギウスの翼ってそう言う組織構造だったのですね

      マギウス→白羽→黒羽と言う縦構造を想像してましたが実際には翼の大半はミフユの直属でありマギウス自身が動かせる人数は限られてるって感じなのか
      つまり組織の主導はマギウスが握ってるけど組織自体を動かすにはミフユの承認が不可欠って感じかな?
      なるほど~察するにマギウス達個人の計画自体は基本彼女達自身もしくは彼女達個人に心服している少数の部下だけで行われてる可能性が高そうだな
      なるほどなるほどb詰る所マギウスの翼と言う組織には確かに派閥は存在するが圧倒的大多数を占めるミフユの穏健派が主流であり割と平和な組織である・・・が個人的能力が高いマギウス達がそれぞれ主導する派閥も無視するわけにはいかない存在であるって感じになってるのかな?

      結論としてはマギウスの翼と言う組織自体はそれほど危険な組織ではないけど主導しているマギウス自身が割と物騒な組織となりそうですねw
      とは言え深く考えないで協力してたら結果として抜き差しならない状況に成ってしまったという事はよく有る事なので組織がミフユの制御下を離れてしまった時とかはかなり拙い事に成りそうですね

      • rosiasuki より:

        妄想気味さんが自分の言いたいことを言語化してくださったので、非常に助かりましたw

        でも、やっぱりそう思いますよね。

        なんというか、結果としてマギウスとマギウスの翼が。

        その存在が非常に危険すぎて関わっちゃいけないみたいな感じ?w

      • タツミ より:

        マギウスの内部事情までは原作ゲームでも描かれていないので分かりませんが、当たらずとも遠からずでしょうか。

        マギウスの計画は、マギウスの御三方とみふゆの4人で協議している事が「魔法少女ストーリー」で描かれています。

        みふゆに主導権はありませんが、ある程度は御三方を制御できています。一応は、御三方とみふゆの双方が、白羽根・黒羽根を自由に動かせていると言えるでしょう。なので、派閥間での争いは起きていないと、私は考えています。

        「イベントストーリー」では、マギウスの御三方・みふゆ・天音姉妹の6人で、夏に海へ遊びに行っていたりと、割と仲良くやっている様子が書かれています。

    • タツミ より:

      白羽根・黒羽根の大多数はマギウスを信用しているわけではありませんが、みふゆの事は信用しています。
      みふゆがマギウスの元に従いているのなら、みふゆを信じて、マギウスの計画にも従える。といった感じでしょうか。

      • rosiasuki より:

        おぉ、なるほどなるほど。

        そうなると、みふゆさんかなりカリスマっていうか、人望があるんだな! っていうのがハッキリわかりますね!

  10. 名無し より:

    ちなみに、今回唐突に出てきた設定について。
    実はやちよさんは人気モデルであり、11話では自分の載ってる雑誌をチェックしています。鶴乃いわく「ギリ未成年」で大学生。本当はいろはが引っ越しの話をする➝みかづき荘に下宿することを提案➝やちよがいろはの両親に電話➝あの有名な人の所なら信用できる➝下宿決定の流れがあったのですが、モデルの設定が出てなかったのと尺の都合上カットされ、幸運水の力で決定!と略されていました。残念

    • rosiasuki より:

      名無しさん

      コメントありがとうございます。

      今回見てて、あ、モデルだったんだぁ、って気づきましたが。

      みかづき荘下宿にはそういうエピソードもあったんですね。

      ……ヘタに幸運水の力で、ってやるよりも。その流れの方が自然だと思うんですけどねぇ……。