約束のネバーランド2期1話感想・考察・解説!頭巾の鬼はなぜ助けてくれたのか

こんばんは。眼鏡は顔の一部じゃない、全部だ! 雨琴です。『約束のネバーランド』2期を担当させていただきます。ギルダ推しです。

原作未読者によるネタバレなし初見考察です。原作ファンの方は初見勢の考察にニヤニヤしながら読んで頂ければと思います。

※コメント欄でのネタバレも厳禁でお願いします!

1期までのふり返りとしましては、11歳までの少年少女たちが、それはそれは大切に育てられ幸せに過ごした孤児院から脱走を企てる。

何故なら孤児院というのは仮の姿で、実際は人を食べる鬼のために子供たちを出荷する農場だったから、ということで。

尊い犠牲を払いながら、また4歳以下の子供たちを2年後に迎えに戻ってくるという条件付きながら、エマたちは脱走に成功しました。

続く2期は初めて触れる外の世界のお話です。1期では謎のままだったアイテムの使い方が明かされるなど、初回から目が離せません。

気づいたこと、感じたこと思ったこと考えたことをふり返っていこうと思います。

スポンサーリンク

外の世界の道しるべ

孤児院から出たことのないエマたちにとって、外の世界はわからないものだらけです。

孤児院敷地内で見かける動植物は我々の知るそれとそれほど違わない気がしていましたが、壁の外の動植物はかなりフィクティブですね。

そんな中、1期から登場していたアイテムにスポットが当たります。

まずノーマンが残したペン。元々クローネが拾ったものでしたがこれが地図になったり暗号によってヒントを与えてくれたりする高性能なデバイスでした。

そしてウィリアム・ミネルヴァの本の中でモールス符号が謎だった2冊の本も、それぞれデバイスのコード表と、冒険記に偽装した外の世界のガイドマップであることが判明しました。

地図を頼りにミネルヴァさんのもとへ向かうことを決めたエマたちですが。

冷静に考えるとクローネが偶然拾ったと思しきペンにこのような細工がしてあったことには疑問があります。

脱走を企てる子供たちの手に渡ると信じて、わざとペンを落としたのでしょうか。

スポンサーリンク

鬼が助けてくれた

森の中で怪物に追われるエマたちを救った頭巾の少女と頭巾の男

すわミネルヴァさんかと声をかけるエマでしたが、二人はミネルヴァ氏のことを知らない様子。

頭巾の二人の正体はどうやら鬼のようですが、なぜ鬼が農場から逃げ出した人間を助けて、手厚く迎えてくれたのでしょう。

次回明かされそうな理由なので今のうちに予想しておきましょう。

頭巾の二人は鬼の中の菜食主義者やヴィーガンのような立場なのかなと思いました。

食肉になる動物や魚と違って、鬼と人間がコミュニケーション可能であることは描写されていますし、食べることに抵抗を感じる鬼がいても不思議ではないかと。

『イノセンス』で引用されていた斎藤緑雨の『半文銭』にも「鶏は鳴くけど魚は鳴かない~」的な記述がありますし、声でコミュニケーションされると食欲なくすって鬼もいるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

1期からの謎

1期から引き続いての謎も整理しておきましょう。

ノーマンはどうなったか

ノーマンは最後に門の中で何かを目撃した様子でした。生存している可能性も含めて、ノーマンがどうなったか気になります。

鬼と対等な人間

鬼がそもそも何者なのかも気になりつつ、鬼と対等な立場にある人間がいるという点についても、新たな情報がほしいところです。

孤児院育ちで大人になった男性

孤児院のママになるためには子供を生む必要があるようでした。その場合、孤児院育ちで大人になる男性の存在はありえるのか気になります。

ママになれなかった女性

クローネという前例がありますが、ママになれなかったママ候補の女性も相当数いるようなので、彼女たちの扱いについても今後の情報を待ちたいです。

ウィリアム・ミネルヴァの正体

ウィリアム・ミネルヴァの正体について現状、最も接近したと思しきはクローネですね。

クローネが拾ったペンの落とし主がミネルヴァ氏だったのでしょうか。

約束とは

冒険記に偽装した外の世界のガイドブックには約束というモールス符号が打たれていました。

ミネルヴァ氏と誰との約束だったのか。作品タイトルも『約束のネバーランド』ですし、注目しておきたいところです。

スポンサーリンク

約束のネバーランド2期1話感想

1期のラストはまばたきを忘れるほど画面にひきつけられましたが、そのテンションを保ったまま2期に突入していますね。

ミネルヴァ氏についても気になりますが、何よりコミュニケーション可能な鬼との出会いは新たな展開を期待させてくれます。

孤児院に残した4歳以下の子たちや他のハウスの子たちを救出するためにも、エマたちにはしぶとく生き延びてもらいたいです。

『約束のネバーランド』1期のふり返りはこちらから

約束のネバーランド感想・考察・解説記事まとめ【約ネバ】
『約束のネバーランド』の記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. てけり・り より:

    どうも、初めまして♪。
    人畜の逆転劇は古今東西、数多い結構好きなテーマです。
    一期目では、ほとんど姿を見せなかった鬼?。ストーリーの柱も人間vs人間の脱出劇であった。
    二期目に入り、やっと鬼が姿を表し、鬼vs人間の戦いの様相を見せてきた気がする。

    処で、この場所。(と言うか惑星?。)
    地球じゃ無いよね?。自然環境は似てるけど生態系がまるで違う。
    過去一億年前、恐竜の時代みたいな、はたまた、他惑星の様な場所だよね。
    なのにだ。ウイリアム・ミネルバのイラストは我々がよく知るフクロウの姿をしている。
    何故だ?。
    ただの偶然?。
    使っている文字もアルファベット?。
    そう、私の妄想で言わせてもらえばっ!。
    ウイリアム・ミネルバは地球人ではあるが、この星は地球ではない。!
    …と、と?、断言しよう。していいのかな?。???。(混乱。)
    うっ、うん、正気に戻って、
    題名が「約束のネバーランド」。
    これに似た言葉で「約束の地、カナン」と言う、聖書の出エジプト記のモーセのお話がある。
    合わせて考えると、地球を脱出し他の惑星に移住してきた人類の末裔達が主人公達である。(ある。と言ってくれ~。w)
    んで、移住先にはお約束の先住民がいて、其奴らが、人クイ人種だった…。とか?。

    と、まぁ、色々妄想出来るのが、この作品の良い処。
    鬼についても、色々妄想コメントが出来るんですが、長くなるんで止めときます。
    もしかすると、次週辺りコメントするかもしれませんので、その時は、宜しくお願いします。
    では、これにて失礼。
    さよなら。