ダーリン・イン・ザ・フランキス1話考察!ゼロツーと叫竜の正体

こんにちは、わせです!

続々と冬アニメがスタートしている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は年始のバタバタがまだ続いていて、なかなか作品チェックが追いついておりません;;

コタツでみかんを食べながらゆっくりアニメ鑑賞したいー!!

さてさて、ダーリン・イン・ザ・フランキスもいよいよ1話がオンエアされましたね!

初回らしく王道を行っていた気がしましたが、ストレリチアが起動するシーンなんかは画面がピッカピカで「ザ!TRIGGER作品!」って雰囲気が出ていたように思います^^

それでは、1話で解禁された情報をもとに考察を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゼロツーの生い立ちと叫竜の正体

前回の事前記事でも触れた、「ゼロツーは何者なのか」問題。

いきなり1話のラストで明らかになりましたね!

ゼロツーさんは、「叫竜の血を引く少女」とのことでした…!!

確かに角生えてますしね~

「叫竜の血を引く」って具体的にはどういうことなんでしょう?

人間と叫竜のハーフってこと…?

ダーリンインザフランキス 1_2

cダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

え、こいつら▲の血が混ざっているということなんでしょうか…(震え

この問題を読み解くヒントになりそうなのが、冒頭のモノローグシーンで映った角の生えた少女。

これって、幼き日のゼロツーなんでしょうかね…?

(ナレーションもゼロツー役の戸松さんの声だったようですし)

この少女の皮膚の色は赤色。

ダーリンインザフランキス 1_3

この少女が叫竜の血を引いている(=幼き日のゼロツー)ならば、皮膚は青や黒のほうがしっくりくるような…?

しかも、この少女は姿かたちはかなり人間に近いですが、叫竜はどちらかというとメカニックに近い気がしますし^^;

もしかして、作中で叫竜と呼んでいる物体自体は生物ではないのかもしれませんね。

敵と戦うための道具にすぎず、それ自体に命や意志はないのかも。

本来叫竜とは、この少女のように「角を持ち、赤い皮膚の生物」のことを指しているのかもしれません。

つまり、現在作中で叫竜と呼んでいる物体の中には、「角を持ち、赤い皮膚の生物」が乗っているのではないでしょうか。

ダーリンインザフランキス 1_1

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲戦闘シーンの最後には、ストレリチアが叫竜のコアのようなものを突き刺すシーンが。

実はこの球体はコックピットで、中には、「角を持ち、赤い皮膚の生物」が乗っているのかも…?

スポンサーリンク

大人たちのたくらみ

ゼロツーがヒロにキスをした瞬間、ストレリチアが覚醒!

ダーリンインザフランキス 1_4

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

(▲突然しゃべったのでちょっと笑ってしまいましたw)

それまでの苦戦が嘘のように、あっという間に叫竜を倒してしまいました。

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」というタイトルのとおり、キスはフランクスを操縦するにあたって重要なトリガーになるようですね。

キスは禁止事項?

1話を見て思ったんですが、コドモたちはキスによってフランクスが覚醒するということを知らない可能性が高いのではないでしょうか。

湖でヒロとゼロツーが始めて出会うシーンでは、ゼロツーは「それともキスがよかった?」とヒロに問いかけていました。

ただ、そのときのヒロはキスという単語にピンときていないようでした。

ゼロツーもそんなヒロを見て「君たちは知らないんだっけ」と返しています。

ここから察するに、ヒロたちのようなミストルティンで暮らすパラサイトたちは、キスという行為自体を大人たちに教えられていないのではないでしょうか。

大人たちはコドモたちを「フランクスに乗る道具」として扱っています。

だから、世間一般の流れのように「君たちにはまだ早いぞ★」という道徳的な配慮ではないはず…笑

それどころか、ゼロツーが「君たちは知らないんだっけ」というセリフを加味すると、「わざと隠している」という可能性が高い気がします。

「戦うための道具」だと考えているなら、フランクスの力を最大限発揮するためにも積極的に男女のアレコレを教育していそうなものですが…

「初めての試み」とは?

ナナさんとフランクス博士の会話で、「今回の機体は初めての試み」「テストケース」なんて意味深な言葉が使われていました。

ダーリンインザフランキス 1_7

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

(▲このシーンのナナさんかわいい~^^)

このときの会話もキス禁止令(仮)と関係があるのかもしれませんね。

後の戦闘シーンでフランクス博士は、

ネガティブとポジティブ。

男女の因子が組み合わさり、心重ねたとき、鋼鉄の乙女はその本当の姿を映し出す。

と言っています。

つまり、本来フランクスはパイロットの二人が親密な接触をするほど力を発揮する性能のはず。

ただ、コドモたちはキスという行為を知らなかった。

それは、ヒロ以外の4組の機体が、キスをしなくても力が発揮できるように改良されているからなのかも。

ゼロツーに「パートナーゴ口し」という異名がついているように、ペアの男女のパワーバランスがつりあっていなかったり、過度に接触すると何らかの代償が出るのかもしれませんね。

キスでフランクスを動かすということも、パイロットに何らかのダメージを与えるのかも…

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス1話の感想

いやー!面白かったです!

体感時間3分!…はさすがに言いすぎかもしれませんが、あっという間にEDになってました…!

今回、比翼の鳥というキーワードが挙げられていましたが、これは今後のヒロのゼロツーの関係性にも大きくかかわってくるのでしょうか。

ダーリンインザフランキス 1_6

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲冒頭のモノローグは、未来のヒロとゼロツーの姿…?

キービジュアルにあった、

僕たちには空がなかった。

彼女には翼がなかった。

というキャッチフレーズのように、閉じられた世界(ミストルティン)で育ったコドモたちと、ゼロツーが互いに影響し合っていくんでしょうね!

次回以降それぞれのパーソナリティーが明らかになっていくのも楽しみです。

ダーリンインザフランキス 1_8

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲個人的に、さりげなくイチゴちゃんをかばっているゴローくんにときめかずにはいられませんでした…推せる!!

それから、放送終了後に公式さんからEDの情報が解禁されていました!

Vol.1、Vol.2ともに3曲ずつ収録されているみたいです!

ご、豪華…!!

2クール全24話の中だとしても、6曲EDが用意されているなんて楽しみすぎる!

来週フル尺でオンエアされるであろうOPとあわせて、EDにも注目していきたいと思います。

それでは、また2話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする