GREAT PRETENDER 1話感想・考察・解説!豊臣秀吉はエダマメの将来を暗示?【グレプリ/グレートプリテンダー】

皆々様こんにちは。

『グレートプリテンダー(以下『グレプリ』)』担当のgatoです。

『相棒』、『リーガル・ハイ』など実写作品のヒットメーカーである古沢良太が、満を持してアニメに進出したわけですが…。

嫌でもハードルを高くしてしまいますね(笑)

さてはて、古沢良太が初めて手掛けたアニメ作品『グレートプリテンダー』、その第1話がどうなっているのか。

世界を股にかけるコンフィデンスマン(信用詐欺師)達がどんな活躍を見せたのか。

早速振り返っていきましょう!

スポンサーリンク

すべてローランの企み

『グレプリ』、第1話、ローランとエダマメ

©WIT STUDIO/Great Pretenders

事前情報から、個人的に第1話はローランにはめられたエダマメが、彼と一緒にハリウッドの極悪プロデューサーのエディ・カッサーノを「ハイになれる飴」ではめる…なんて筋書きを想像してましたが…。

実際は想像以上にエダマメがローランにはめられていましたね。

てっきり警察を呼ぶところだけがローランの企みかと思いましたが、ふたを開ければ刑事はもちろん、エダマメが浄水器押し売り(身分詐欺)を仕掛けたお婆さんから相棒の工藤まで全てが仕込み!

つまりローランはたまたま出会ったエダマメをはめたのではなく、かなり早い段階から彼をはめるためにコンゲーム(信用詐欺)を仕掛けていたというわけです。

ここまでやっているところを見ると、ローランは何かしらの理由でエダマメを仲間にしたがっていたことが窺えますが…。

彼がエダマメにここまで執着した理由は気になるところです。

スポンサーリンク

豊臣秀吉とエダマメという男

『グレプリ』、第1話、エダマメ

©WIT STUDIO/Great Pretenders

第1話では終始ローランに振り回されていたエダマメですが、彼は彼で色々興味深いところがありましたね。

個人的にその最たるものが彼が集めているカプセルトイ。

戦国武将などをモチーフにしたもののようですが、冒頭で彼が「豊臣秀吉」を引き当てているのが何かを暗示しているような気がしますね。

単純に解釈するなら底辺から成り上がって天下取り…なんて感じですけども。

そうなると『グレプリ』はある意味彼のサクセスストーリー的な側面を持ってくるのではないか…といえそうですが、これはもう少し先の展開を見ましょう。

また、工藤から「趣味が安上がり」といわれていたり、それなりに稼いでいるはずなのに明らかに安っぽいアパートに住んでいるなど、詐欺師にしては少し慎まし過ぎる生活をしている印象です。

あの質素な生活は単純に「悪いことをして稼ぎたい」というありがちな詐欺師のテンプレとはギャップがありますね。

むしろ、エダマメはお金を大切にしている…ような印象もあります。

まぁ派手に遊び過ぎて警察にマークされないようにするのもあるかもしれませんが。

コーヒー好きなところもちょっと意外ですよね。

わざわざ専用の器具まで持っていましたし、あの質素な生活を比べるとどこかミスマッチな感じもします。

そしてPVで見られた訛りですが…あれは彼の英語のクセだったわけですが…。

彼自身の発音のクセかもしれませんが、ローランが「日本人の発音にしては奇妙」「色んな訛りが混ざったような」と評していたことを踏まえると、エダマメに英語を教えたのは外国人(もしかしたら英語がネイティブではない?)の可能性がありそうですね。

また、英語をからかわれたことにエダマメが憤慨したところを見ると、エダマメはその人物に思い入れがあり、コーヒー好きなところはその人物の影響なのかもしれません。

まぁまだ確証も何もないので、これもなんともいえませんけども(笑)

スポンサーリンク

『グレプリ』第1話感想

『グレプリ』、第1話、アビー

©WIT STUDIO/Great Pretenders

アニメだと20分強という限られた尺になるにも関わらず、古沢良太らしさが全開でしたね。

大胆な展開、緻密な伏線、そしてラストのどんでん返し…。

印象としては『コンフィデンスマンJP』の最終話に近い感じですかね。

ただ古沢良太ってコンフィデンスマンを題材にするとあらゆるものを嘘にしてひっくり返してくるので、色々予測しても全部覆されそうなんだよな(笑)

ひとまず、第2話もしっかり見ていこうと思います(笑)

【グレプリ】GREAT PRETENDER 感想・考察・解説記事まとめ【グレートプリテンダー】
『GREAT PRETENDER』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ※NETFLIXで先行視聴していますが、テレ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 3100作品以上

見放題アニメの数は、3100作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする