サイコパス3期5話感想・考察・解説!公安局に潜むキツネは誰?【PSYCHO-PASS 3】

皆々様こんにちは。

『サイコパス3』担当のgatoです。

前回は東京都知事選に絡む事件が解決!

無事に都知事に当選した小宮がキーパーソンに急浮上する、ビフロストが代理人格AIにこだわっているなど、興味深い展開が目白押しでしたね。

個人的には灼(あらた)と小宮のデートがちょっと好きだったり(笑)

ただ、前回の4話で『サイコパス3』も折り返し地点!

今度は入国者を巡るある問題に絡んだ事件が起こるようです。

さらに前回のラストで触れられた前任の監視官の事故についても触れられるとか。

これまで積み重ねてきた謎にどんどん近づいているようですね。

果たしてどうなったのか、早速振り返っていきましょう。

スポンサーリンク

信仰特区を巡る陰謀

『サイコパス3』、第5話、マルセル

©サイコパス製作委員会

今回の事件の発端は信仰特区を巡り、賛成派を狙ったマルセルの自爆攻撃でした。

そもそも信仰特区とは入国者向けに、宗教の信仰が自由に許される特区のことです。

まぁ作中の日本は宗教という概念がほとんどなくなっているようですし、シビュラシステムがある以上、ある種の過激思想につながる恐れのある宗教が制限されることは想像に難くありません。

そんな日本でも自由に信仰が許される特区…と聴くと感じはいいですが、アウマが指摘していたように、実際は廃棄区画のように宗教や信者を隔離することを目的にした政策という一面がありそうですね。

まぁ実質的に生活の自由が奪われてしまうリスクがあるわけですから、入国者嫌いだけでなく、入国者内でも反対派がいても不思議ではないでしょう。

実際、マルセルの自爆攻撃で賛成派の宗教家は命を奪われ、信仰特区のイベントを開催した久利須(クリス)も第二の被害者になってしまいました。

これだけ見ると反対派が信仰特区を潰そうとしている…という感じがしますが、ことはそう単純ではないようで…。

後述する反対派の3人の宗教家も一枚岩ではなく、色々複雑な事情を抱えているようです。

ところで、ビフロストが特区推進へ世論を誘導していたのはちょっと意外でしたね。

入国者に対しては保守的な肯定党の小宮を当選させたことを考えると想像には難くないですが、入国者嫌いが大勢反対している信仰特区を推進するのは少し不思議な印象があります。

純粋な保守派だったら、有無を言わさず潰しそうな気もしますが…。

でも、ビフロストはリバタリアン的な一面がありますし、リバタリアンと相性が良いオルタナ右翼の民族多元主義と信仰特区は近しいところがあるので、その点から考えると意外と腑に落ちるかも。

ただ、小宮を推していた理由が代理人格AIだったことを踏まると、今回も別の意図が絡んでいそうなんだよなぁ…。

皆目見当もつきませんが(笑)

ちなみにマルセルが自爆の間際に叫んだ「アウディノス」ですが、ラテン語で「我々の言うことを聴け」みたいな意味合いらしいです。

調べてみるとカトリックの祈祷でも使われる言葉らしいですが…となると、カトリック系、もといキリスト教系の団体が絡んでいるのかなぁ。

あと、久利須がわざわざ人体実験を行っていると噂される収容施設に入っているのも怪しいですね。

何につながるかはまだわかんないけど(笑)

スポンサーリンク

3人の教祖

『サイコパス3』、第5話、教祖達

©サイコパス製作委員会

今回は信仰特区反対派である3人の教祖が登場しましたが、どいつもこいつも曲者ばかりで(笑)

ただ、この中に自爆攻撃を行わせている黒幕がいることは間違いないようです。

おまけに梓澤(あずさわ)の口ぶりだと、3人の中にインスペクターがいるとか。

「ゲーム嫌い」という、そのインスペクターが誰なのか気になるところです。

ここでは、それぞれの教祖を見ていきましょう。

教祖代行トーリ・S・アッシェンバッハ

『サイコパス3』、第5話、トーリ

©サイコパス製作委員会

反対派の教祖の中で、一番腹黒そうなのがトーリです。

半年前から表に出てきていない教祖に代わって団体を取り仕切り、おまけに梓澤のように多くの会社を転々とした経歴を持つなど、もう犯人お前しかいないだろと言わんばかり。

まぁここまで怪しいとむしろブラフっぽいけど(笑)

それにしても、トーリが取り仕切るヘブンズリープはなかなか興味深い教団ですね。

シビュラシステムで初めて公認宗教家となった教祖の仁世(にせい)によって設立された由緒正しい団体ですが、神への信仰というよりシビュラシステムへの絶対的な信頼を重視している印象があります。

実際、公安局を指して「共に人々のサイコパスを守る者」と語っていますしね。

まぁシビュラシステム向けのおべっかかもしれませんけど、彼らとしては「信仰が色相をクリアにする」というエビデンスを得ることにより、社会的な承認を得ようとしている節があります。

おまけに厚生省に信者が多いなど、かなりズブズブな関係を匂わせています。

さらに現実可能かどうかはさておき、トーリは将来的に公安局との連携すら見据えているようです

ただ、教団の建物が電波暗室になっているところを見ると、なかなか後ろ暗い事情を抱えていそう…。

そして自爆したマルセルが入団していたのがヘブンズリープとのこと。

状況証拠としてはばっちりですが…やっぱり怪し過ぎて違う気がする(笑)

でも、他の教祖と違い、トーリやヘブンズリープがシビュラ寄りのスタンスである点には注目ですね。

元ゲリラのジョセフ・アウマ

『サイコパス3』、第5話、アウマ

©サイコパス製作委員会

教祖達の中でも、とりわけ異質なのが元ゲリラで泥沼宗の教祖であるアウマ。

ウガンダでゲリラをしていたようですが、そこで仏法に目覚めたという彼…。

容疑者の教祖の中では、アフリカで仏法となかなかの飛ばしっぷりですが、今の所黒い情報はあまりないようですね。

でも、元ゲリラという段階でその手のノウハウは心得ているということ。

さらにタイミング良く自爆攻撃に利用された医療ドローンが見つかったという情報提供を行うなど、色々怪しい一面があります。

ところで、見つかった医療ドローンは、陵駕(しのぎ)の元にいた少年を治療していたものと同型のように見えました。

でも、事件後も少年の治療を行っていた以上、発見された医療ドローンは別のものっぽいですが…。

おまけにアウマが情報提供したのは陵駕が行方不明になったタイミング

うーん…個人的にアウマが一番怪しい気がしてきた(笑)

久利須や陵駕のものと似た懐中時計を持っていたのも意味ありげだしなぁ…。

というか、「拙僧なら一人も生かさぬ」と笑顔で語る奴が色相クリアってどうなっているんだ(笑)

それに信仰特区を甘んじて受け入れるくらいなら「我が身に火を放とう」といっているし(笑)

重要人物とつながる“シスター”テレーザ・陵駕

『サイコパス3』、第5話、陵駕

©サイコパス製作委員会

一見すると3人の中で比較的まともそうな陵駕ですが、彼女がある意味一番曲者といえるかもしれません。

元出島の難民弁護官+難民保護団体の会長+正道教会の教祖+信仰特区反対派筆頭と、キーパーソン感がムンムンなうえに、第二の被害者で入国管理局オブザーバーの久利須、ヘブンズリープ創設者の仁世、そして出島で働いていた篤志とも深い関係にある模様。

つまり、あらゆる重要人物とのつながりを持っているわけです。

おまけに意識不明の子供を抱えており、爆弾を体内に入れたのと同型と思われる医療ドローンで治療させていました。

うーん…怪しさがえげつない(笑)

個人的により怪しいと思ったのが陵駕と久利須の関係性です。

イベントでの2人のやり取りを見ていると、同じ懐中時計を持っていたり、信仰特区推進派と反対派に分かれているにも関わらず、共に開国運動に取り組んでいたり、意識不明の子供を指して「あの子を見守る時間はある」と語り合っています。

これだけ聞くと2人は色々縁が深い同胞同士のような感じがしますね。

さらに久利須の経歴には特記事項として、「病気で妻が息を引き取った」とあり、さらに「息子と暮らしている」と記されています。

つまり、あの意識不明の子供は久利須の子供であり、陵駕が彼を預かっている可能性が高いですね。

陵駕が入国者に入国斡旋の代わりに財産を没収しているといううわさがあったり、もめ事を解決する際に金を使ったりと、清廉な印象とはかけ離れた行為を行っています。

それに「ミサ」という言葉を使っているのを聞くと、彼女の教団はカトリック系の可能性があることを踏まえると、陵駕が黒幕の予感がしますが…。

ただ、彼女は久利須が爆発に巻き込まれた前後で行方不明になっていますし、個人的に久利須の息子と思しき子供を見守る彼女が彼を始末するとは思えないんだよなぁ…。

スポンサーリンク

シビュラシステムと宗教

『サイコパス3』、第5話、ヘブンズリープ

©サイコパス製作委員会

今回は宗教がモチーフとして扱われていますが、シビュラシステムを前提にすると宗教は色々興味深い組み合わせですね。

陵駕の言葉を借りると、信仰は過激思想を根付かせないための安全弁、言い換えれば「精神安定剤」のような作用があるといえます。

確かに信仰、ひいては宗教は色んなイデオロギーの温床になりやすいですが、それがあるからこそ正常な理性や安定した精神を保てる一面もあります。

とりわけ作中の社会のように、シビュラシステムによるゴリゴリの管理とメンタルケアのストレスに苛まれやすい環境の場合、宗教は逃げ場として機能し得るでしょう。

厚生省にヘブンズリープの信者が多かったり、『サイコパス2』の鹿矛囲のシンパが信者のような振る舞いを見せていたのも、宗教の作用の一端を見せているといえます。

それに『サイコパス』シリーズでは2015年の劇場版でゲリラが寺院で祈りを捧げていたり、『恩讐の彼方に___』でチベット仏教の寺院が出てきたりと、宗教的なモチーフが登場する場面が少なからずあります。

そう考えると、今回宗教が事件に組み込まれているのは、何らかのテーマがあってのことかもしれません。

出島と密輸

『サイコパス3』、第5話、懐中時計

©サイコパス製作委員会

今回の事件の背景には出島で行われていた密輸だと明らかになりました。

どうやらヘブンズリープは久利須が担当していた国賓を通して大量の「何か」を国外へ密輸、久利須と大量の倉庫を保有していた陵駕もこれに加担していたようであり、行方不明なのもヘブンズリープが匿っている可能性が高いとのことです。

つまり今回の連続自爆は信仰特区の是非だけでなく、密輸の当事者達の内部対立も絡んでいるようですね。

こうなると、今回の事件は誰が犯人というより、賛成派の排除を目論んだ反対派全員が結託したって感じなのかな?

そうなる仁世の立ち位置も重要な気がします。

出島にいた陵駕と久利須が同じ懐中時計を持ち、アウマも持っていたとなると、流れ的には仁世も持っていそうですしね。

ただ、密輸の中心には仁世もいたけど仁世は何らかの事情でとっくの昔にトーリに消された…とか?

消した理由は不明ですが、シビュラシステムと接近したがるトーリの思想と関連している感じはしそうです。

また、密輸されている「何か」が気になるところです。

…ここに関して推測するなら、ちょっとしたものが一つ。

①彼らは「海外」へ密輸している。

②アウマは「武器」を接収された。

③花城率いる行動課が霜月に介入を予告している。

…これってついにピースブレイカーが登場するってことか?!

おまけに密輸の当事者に梓澤のいう「ゲーム嫌いのインスペクター」がいるなら、ピースブレイカーのバックにはビフロストがいるってことに…。

これは結構重大な伏線の予感が(笑)

公安局に潜む「キツネ」

『サイコパス3』、第5話、来良

©サイコパス製作委員会

冒頭では炯(けい)が「キツネ」を捜査していた前任の監視官の来良(きら)と接触していました。

ここまでちょこちょこ触れられてきた前任監視官の伏瀬(ふせ)の事故ですが、どうやら来良と彼が密貿易事件の捜査をしていた際、被疑者が事故で命を落としており、そこに梓澤が絡んでいるようです。

さらに来良と伏瀬も事故に遭い、伏瀬は命を落とした模様。

来良の口ぶりや、事故の原因が車両の「不具合」という点、相手が「キツネ」と呼ばれている点を考えると、どうやらインスペクター…もといビフロストが彼らを始末したようです。

こうなると先述した出島での密輸の背後にビフロストがいる可能性は濃厚なようですね。

そして来良の口ぶりから、なんとキツネが公安局にもいることが発覚!

これは疑念が深まってしょうがないですね…。

公安局の誰がキツネか…となると、やはり梓澤の名刺を隠したり、何者かからヒガンバナとキツネのメッセージカードを受け取っていた如月が怪しくなりますが…。

ただ、彼女がブラフの可能性も否めない(笑)

選別されるコングレスマン

『サイコパス3』、第5話、裁園寺

©サイコパス製作委員会

今回はビフロストの別の一面が見えました。

前回失敗した法斑(ほむら)を巡り、裁園寺(さいおんじ)や代銀(しろがね)が排除を目論んでいるような感じです。

おまけに裁園寺の兄である陶冶(とうや)も元コングレスマンであり、孤立して散々な目にあったようです。

現在のコングレスマンが法斑達だけと考えると、恐らく陶冶は失脚…あるいはラウンドロビンに執行されたのでしょう。

ただ、コングレスマン同士で排除し合っている…というよりも、ビフロストでの任務をこなせる人材がどんどん選別されており、ハードルが上がったことで生き残れない者が増えてきている…という感じですかね。

シリーズで触れられたように、シビュラシステムは免罪体質者を取り込むことで、イリーガルな思想や感性を身に付け、進化を果たしてきまがした。

これを踏まえると、ビフロストは進化するシビュラシステムに合わせてコングレスマンを入れ替えるなどして革新を行ってきたようです。

ただ、シビュラシステムはシステムの「外側」にいる存在を取り込むことで進化することに対し、ビフロストはコングレスマン同士の競争で革新してきたという感じがして、根底が異なっている印象があります。

それにしても、法斑の排除を裁園寺が考え始めた辺り、彼女が負けて執行されるフラグが立ったような…(笑)

篤志と出島

『サイコパス3』、第5話、灼

©サイコパス製作委員会

今回明らかになったのが、灼の父である篤志が出島でシビュラシステムの輸出に関わっていたことでした。

というかビフロストやインスペクターの面々と関りのある篤志がシビュラシステムの輸出をやっていたって、実は結構ヤバいことなんじゃ(笑)

さらに今回の事件のキーパーソンである陵駕と関わりがあったり、出島での密貿易が事件に絡んでいることを踏まえると、今回の事件で篤志の事件がかなりクローズアップされる可能性は高いですね。

それに舞子の口ぶりが伏線だと考えると、炯の兄である輝も関わってくるかもしれません。

どちらにせよ、今回の事件が重要なターニングポイントになりそうですね。

危うげな灼

『サイコパス3』、第5話、灼が見る幻影

©サイコパス製作委員会

今回は灼がメンタルトレースを使う場面が少なったですね。

まぁ前回の事件までの乱用が大きく体調に影響しているためでしょう。

この展開だけを見ていると、灼はどんどん心が危うい方向に持っていかれている感じがします。

個人的にはどことなく第一期の狡噛っぽい印象があるんですよねぇ…。

後、余談ですけど潜入捜査のメンバーを決める時の相性判定って絶対恋愛用の奴ですよね(笑)

炯と如月の相性が良いのはともかく、誰とも仲良くなれない灼って(笑)

そして雛河と相性が良い入江って(笑)

入江が如月のことガチで好きなのって(笑)

…でもあの相性判定って灼の今後の展開を暗示しているようでちょっと怖い…。

スポンサーリンク

『サイコパス3』第5話感想

『サイコパス3』、第5話、霜月

©サイコパス製作委員会

今度は宗教や密輸をメインに据えた新たな事件が起こりつつ、ストーリー上の重大な謎にどんどん迫っていく印象がありましたね。

どちらかというと伏線の配置に重きを置いたエピソードの印象ですが、クライマックスにつながる要素が多い予感がします。

個人的に舞子の手術が同時進行で進んでいるのもちょっと気になるポイント…。

まだ彼女の立ち位置がイマイチよくわかっていないので、注目したいところです。

それにしても何かにつけて六合塚を心配する唐之社はちょっと面白かったな…(笑)

彼女は潜在犯なので、外に出ている六合塚が心配でしょうがないんでしょうね(笑)

さて、次回は事件の解決編…になるのかな?

いずれにせよ潜入捜査でとんでもないことが起こりそうな予感がします。

期待大ですね!

▼前回までの記事はこちらから

サイコパス3期 感想・考察・解説記事まとめ【PSYCHO-PASS 3】
『サイコパス3期』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

▼全話無料で見返す方法はこちら

サイコパス3期を見逃し動画配信サイトで無料視聴する方法!再放送待ちや地上波で見れない地方民にもおすすめ【PSYCHO-PASS 3 1話~最新話まで】
▼今すぐ「サイコパス3期」の動画を無料視聴したい方はこちら 【サイコパス3】を30日間無料体験で見る Amazon公式サイトへ ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が不定期でYouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. てけり・り より:

    いつも、お疲れ様です。
    サイコパス3は、一時間枠で情報量も多く、複雑なので、記事にするのが大変だと思います。
    私なんか登場人物の名前を覚えるのさえ一苦労。(呼び名は簡単なんだけど、文字に起こすと難しい……。小説だったら覚えらんない。)
    それでも、記事を早く上げるのは、さすがです!。
    ども、よろしく。

    >でも、ビフロストはリバタリアン的な一面がありますし、リバタリアンと相性が良いオルタナ右翼の民族多元主義~。

    うんうん、確かに。
    私なんかはビフロストは、無政府資本主義(アナルコ・キャピタリズム)を目指してると思うんだけど、そこまで行かず右派リバタニアン的なもんだなと言うのも納得できます。(どっちも似た様なもんだし。…違うかな?。)
    シビュラに関しては、私の造語になるけど、専制共産主義じゃないかと思う。廃棄区画の事がなければ、(自由)共産主義なんだけどね。

    >皆目見当もつきませんが(笑)

    同じく!。(笑)

    >ちなみにマルセルが自爆の間際に叫んだ「アウディノス」ですが、ラテン語で「我々の言うことを聴け」みたいな意味合いらしいです。

    そうなんですか!。全く気にしてなかった。すごい!。

    >おまけに梓澤(あずさわ)の口ぶりだと、3人の中にインスペクターがいるとか。

    ここは、「トーリ」にインベスト。
    超ド本命で逆に怪しく無いとおっしゃるが、そこはその逆を行って◎なんですよ。
    間違いない!。
    (間違えたら、gatoさんに執行されちゃう!?。)

    さてと、第一の「旭・リック・フェローズ」、第二の「土谷荒城」、そして今回の「些々河哲也」。これらサツ害の主犯は梓澤に確定かな?、出島に出張してたし。
    でも、分割で犯行を行うのが梓澤の手口。
    出島はテレーザ・陵駕の活動地域、梓澤と手を組んで信者を共犯者にしたのかも。
    それに、梓澤は陵駕以外にジョセフ・アウマやヘブンズリープの行方不明の教祖とも繋がりがあると思う。彼ら三宗教の信者を使えば、今までの分割サツ人も可能と考える。
    そして、梓澤と三宗教の中心にいるのが、法斑……、は妄想が過ぎるね。でも、法斑は今回の話のキーパーソンだと思うのよ。
    この三宗教の内、ヘブンズリープが梓澤の手を離れる。
    トーリがインスペクターになったから。(西園寺寄りのインスペクターかな?。)
    だからかねぇ、自爆テロなんて色相濁る手段を使うのは。
    対策として、電波暗室と薬剤の使用だろうけどね。(梓澤よりは程度が低い。)

    と、以上が大妄想でありますが、トーリがインスペクターである理由であります。

    >ついにピースブレイカーが登場するってことか?!。

    ピースブレイカーが何か解らん!!。w
    いや、最初の記事で説明してましたよね。w
    登場するのを楽しみに待っています。

    >キツネが公安局にもいる
    >如月が怪しくなりますが…。
    >ただ、彼女がブラフの可能性も否めない(笑)

    疑り深いぞ~。如月でいいじゃないかぁ~。ここで彼女がブラフだと、もう彼女の出番は無いかもしれんのだぞ~。w

    >それにしても、法斑の排除を裁園寺が考え始めた辺り、彼女が負けて執行されるフラグが立ったような…(笑)

    デスよね。

    最後に
    久利須と陵駕の関係性と目的が解らない。
    が、久利須は生きていると思う。
    サイバネティックスがこれ程発展してる世界でロボティクスによる義体もある。
    腕一本、脚一本位なら義肢と交換可能。(脳髄以外、全身となるとチョットした府県並の予算が必要かもしれんが…。「600万ドルの男」「バイオニックジェニー」知らんだろうなぁ~。どうせ、草薙素子とか言うんだろ?。w シクシク(´;ω;`) )
    まっ、腕一本で死亡判定は甘すぎる。
    でもこれ、西園寺も引っ掛かりそうだよね?。
    あっ、それでメンタルトレース封印したのか…、メンタルトレース使えば久利須がいきてるのバレるから。
    これは!、当たりだろ!。(自ら、ハードルを上げるとは、……愚かな。)

    いやぁ~、記事を含め、楽しませて頂きました。
    お名残惜しいですが、これにて失礼致します。
    さようなら~。

    • gato より:

      てけり・りさんコメントありがとうございます!

      >それでも、記事を早く上げるのは、さすがです!

      正直今までの記事より一番手間かかっています(笑)

      放送時間の長さもありますが、やっぱりキャラクターの名前が難しいうえでに、話の密度が高いので(笑)

      以前別のサイトで『コンクリート・レボルティオ』のレビューを書いたことがありますが、個人的にアレに匹敵する手間です(笑)

      >私なんかはビフロストは、無政府資本主義(アナルコ・キャピタリズム)を目指してると思うんだけど、そこまで行かず右派リバタニアン的なもんだなと言うのも納得できます。

      専門家ではないので、詳しく論じることはできませんが、ビフロストが従来の権力を否定する感じではない印象はあります。

      ただ、過激な思想に傾く潜在性は十分持っているでしょうね。

      それこそ無政府主義ばりに従来の権力をスルーできるメンタルを持っていることは確かでしょう。

      >シビュラに関しては、私の造語になるけど、専制共産主義じゃないかと思う。廃棄区画の事がなければ、(自由)共産主義なんだけどね。

      あー…面白い捉え方ですね。

      政治哲学には疎いので良い語彙が見つかりませんが、専制的でありつつ共産的である一面はあるかと思います。

      個人的にはそこに「民主的」を敢えて加えたいですね。

      >超ド本命で逆に怪しく無いとおっしゃるが、そこはその逆を行って◎なんですよ。間違いない!

      それ否定できないんだよなー!(笑)

      正直トーリは陵駕やアウマとは明らかに違うスタンスの人間なので、犯人感はMAXなんですよね(笑)

      でもその逆逆張りを覆すエビデンスはない!(笑)

      >これらサツ害の主犯は梓澤に確定かな?、出島に出張してたし。

      あー!

      そうかもしれませんね!

      確かに梓澤が主犯である可能性は高いでしょう。

      榎宮の後始末もやっていましたし、立場的に絡んでいてもおかしくありません。

      >それに、梓澤は陵駕以外にジョセフ・アウマやヘブンズリープの行方不明の教祖とも繋がりがあると思う。

      そうなると、梓澤…ひいてはビフロスト(正確にはコングレスマンの誰か?)が入国者を利用したり、密輸を行っているのは、日本のみならず世界にも目を向けた目論見を繰り広げていることになりそうですね。

      >この三宗教の内、ヘブンズリープが梓澤の手を離れる。トーリがインスペクターになったから

      あー、なるほど。

      自爆攻撃に利用されたマルセルは悪化した色相を丸出しにしていましたが、潜在犯をそのまま利用するという方法はどこか榎宮を彷彿とさせますし、彼女と同様に雑さがぬぐえません。

      前任の監視官の事故などを仕掛けた梓澤の手口にしては、確かに精細さに欠ける印象がありますね。

      >ここで彼女がブラフだと、もう彼女の出番は無いかもしれんのだぞ~。w

      確かに(笑)

      彼女、これまでの六合塚ポジションですし、あそこで見せ場がなければ単なるツッコミ役になっちゃうな(笑)

      >サイバネティックスがこれ程発展してる世界でロボティクスによる義体もある。

      正直、久利須が生きている可能性は考えたんですよねー。

      基本的に作中の世界で脳髄以外の完全義体化はシビュラシステムに隠匿されていますが、久利須自身の遺伝情報を組み込んだ有機的な義肢くらいは確かに用意できそうではあります。

      後は万能細胞を利用して使いたい器官を作るなんて荒業の可能性もありますね(笑)

      何はともあれ、久利須が生き残った可能性は否定できませんね。

      >あっ、それでメンタルトレース封印したのか…、メンタルトレース使えば久利須がいきてるのバレるから。

      ややメタ的な解釈ですが、理に適っているんだよなー(笑)

  2. 苔むす。 より:

    今回も感想、考察、述べさせて頂きます(`・ω・´)ゞ

    PSYCHO-PASSのようなディストピアものではある意味、
    定番と言っていいぐらいの宗教の話でしたね。
    色んなSF作品があり、色んな時代設定がありますが、
    どの作品でも必ずと言っていいほど、宗教が出てきます。
    型は違えど、その在り方、見た目はまさに宗教そのもの。
    特定の思想、価値観を多数の人間が共有し、組織し、活動する。
    宇宙船や瞬間移動、時間旅行までもが出る作品でも、
    宗教というものは存在している。
    何故でしょうね。
    宗教というものは人類にとって不変なんでしょうか。
    いや、形は変わってるから不変ではないか。
    人間という種族がどうしても一人、個別では生きてはいけない種族だからでしょうか。
    必ず他者を求める。同じ考え、価値観を共有したがる。
    理解して欲しい、群れたい。
    動物でも群れになる種別はいますが、人間のそれとは違いますね。
    『知性を持ったが故に、人間は個体では生きられなくなった』
    何処かの宗教家が言っていました。
    シビュラという完成された人間を統治、支配するシステムがあっても、
    人間が本来持っている『孤独』を埋める事は出来なかったのでしょうかね。
    結婚相手までも決める事が出来るシビュラですが、
    流石に人類の相互依存までは数値化出来なかったと見えます。
    まだまだ『calculation』が甘いですな(*´ω`*)
    シビュラを構成しているのがサイコパシーな人達の脳なので、
    そういうところは疎いのかな?

    容疑者達はいずれも出身地も人種も、宗教も違う。
    そしてそれぞれが、実際にある宗教家の典型例のようなプロフィール。
    実業家でありながら宗教家になったトーリ。
    こいつは宗教を完全にビジネスと考えているタイプですね。
    信仰も何もあったものではありませんが、
    でもこういうタイプが一番、宗教組織を大きくするんですよね。
    ゲリラの自爆テロの失敗から悟りを得たアウマ。
    リアルだと中東での過激派のリーダー。作中でもそうかな?
    貧困層からの支持が多いタイプ。
    でも現実ではほぼ恐怖政治によって維持されている組織が殆ど。
    なのでアウマの組織も実態は同じかも。
    そして仰るように、一見一番まともそうな陵駕。
    自分からすると彼女は組織の長ではなく、3人の中では一番、
    個人として動いているように見えます。
    他の2人はやり方は違えど、組織というものを運営する事を前提にしている。
    自分という存在を組織を束ねる大きな文鎮だと。
    まぁ野望なども入っているでしょうが。
    彼女は一人の人間として目的を持っており、それに向かって進んでいる。
    なので、思考や感性は、一番、一般人に近いのではないでしょうか。
    今回の事件で首謀者の可能性が一番高いのは、自分としては、
    陵駕だと睨んでいます。
    これも何かの小説にありましたが、
    人は愛ゆえに、罪を犯し、悪魔になる。
    誰かの為に彼女は、手を汚しているのだと予想。
    他の2人も黒いでしょうが、多分、今回の事件には無関係、
    あるいは騒動に応じて何か悪いことしている、ぐらいでしょうか。

    監視官や執行官周りも気になりますね。
    アラタ君の状態がますます酷くなって行くようで、心配、
    はあんまりしてませんねww
    自分、この主人公、あんまり好きになれないんですよ。
    超人過ぎるからとか、超能力持ってるから、とかではなく。
    上手く言えないですが、何か、イガ栗を掴むようで、
    どうにも触りたいと思えるようなタイプではないですね。
    もう一人の主人公、ケイさんは幸せを願って止まないのですが。
    奥さんの舞ちゃんと幸せになって欲しい・・・・・・。
    如月さんは今回でちょっと内面が見えたので、好感度上がりました。
    もともと見た目が好みでしたが、結構、乙女な方かも知れません(*´∀`)
    ケイと相性良いみたいですし。浮気は駄目ぞ?
    PSYCHO-PASSシリーズは恋愛沙汰が殆ど無いので新鮮ですね。
    今後も目が離せません。

    また長くなってしまいました。
    どうにも語り出すと長くなってしまいます。
    もう少し簡潔にしたいのですが。
    今回もお付き合い下さい、有難うございます。
    それでは、また来週、お会いしましょう(`・ω・´)ゞ

    • gato より:

      苔むす。さんコメントありがとうございます!

      >色んなSF作品があり、色んな時代設定がありますが、どの作品でも必ずと言っていいほど、宗教が出てきます。

      SFつながり…というにはいささかジャンル違いの感じは否めませんが、『機動戦士ガンダムUC』のマリーダ・クルスが興味深い台詞を残しています。

      「実体のないものにすがるなんてバカらしい。そう言い切れる奴がいるとしたら、そいつは余程の幸せ者か、世間に関わっていないかのどちらかだ。
       本当の意味で生きているとは言えない」

      ある意味、人間の生と何かしらの信仰は重なっているものだといえるかもしれません。

      そしてSFのように既存の価値観では計れない世界観を持つ作品において、本来の人間の在り方について問い直す際に、信仰は格好の入り口になるんでしょうね。

      >そしてそれぞれが、実際にある宗教家の典型例のようなプロフィール。

      今回登場した3人の教祖は確かに面白い取り合わせでしたね。

      典型的なプロフィールに「シビュラシステム」や「入国者」といった文脈を加えることで、より複雑さを増しているのが好印象でした。

      >今回の事件で首謀者の可能性が一番高いのは、自分としては、陵駕だと睨んでいます。

      僕はアウマ、てけり・りさんはトーリ、苔むす。さんは陵駕…見事にばらけましたね(笑)

      ただ、仰るように一番個人的な理由で動いているのは陵駕でしょうね。

      世話をしている植物状態の子供やかつての同志だった久利須との関係を見る限り、彼女が犯罪を犯す動機は持っていそうなシチュエーションはありますし、何より彼女は問題を解決するためなら「金が神」という価値観に身を委ねることもできます。

      ある意味、陵駕は一番柔軟に思考を切り替えられるタイプの人間なのでしょうね。

      >どうにも触りたいと思えるようなタイプではないですね。

      キャラクターの好き嫌いは人それぞれですが、苔むす。さんの感覚は意外と狙ったものかもしれません。

      他のメンバーとの相性が悪いという描写は、まさに苔むす。さんが指摘したような彼のパーソナリティを証明しているのかもしれません。

      灼は炯と違ってどこか人を食ったような一面がありますし、常守と似た信念の持ち主ですが、どこか危うげで内向的な一面も否めません。

      意外と化けると一番怖いタイプかもしれませんね。

      >奥さんの舞ちゃんと幸せになって欲しい・・・・・・。

      これは同意見(笑)

      シリーズで既婚者は希少なうえに、あまり良い結末になっていないカップルもいるので(征陸とか)、そろそろ幸せな人が出てきてもいいかな(笑)

      >如月さんは今回でちょっと内面が見えたので、好感度上がりました。

      如月にああいう立ち回りをさせるのはちょっと意外でしたね。

      ただ、個人的には入江とくっついてほしかったり(笑)

      >どうにも語り出すと長くなってしまいます。

      ただでさえ読みにくくて長ったらしい記事を書いている僕がいるので、問題ないですよ!(笑)