Fate/EXTRA11話〜13話(最終回)考察・解説・感想!そもそもどういう話だったの?

ご無沙汰してます!はれこです!

今期はお休みをいただいておりまして、このFate/EXTRA Last Encoreイルステリアス天動説編(11話&12話&13話)のために戻ってまいりました。

いやはや、3話一気に放送の上、最終話は1時間とは…www

イレギュラーにもほどがあるぞ新房っ!!!

そして…めっちゃ意味不明で戸惑いを隠せませんでしたねぇ!笑

私なりにいろいろ頑張って解釈してみましたので、お付き合いください!

スポンサーリンク

第7階層フロアマスター登場!

さて、第6階層でラニと悲しい別れをしてきたハクノくん、ネロ様、リンちゃんの3人。

Fate_Extra Hakuno Nero Hands

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

ぐわっ!…かわいすぎる…!

Fate_Extra With Rin

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

階層を上がるごとにハクノくんがだんだん人間らしくなっていくなぁと感慨深くなってしまいます。

Fate_Extra Hakuno Relax

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

前こんなリラックスした表情してたかしら…?

とりあえず、前回どんな所で終わったかなぁとか、どんな話はフラグがあったのかなぁというのは前回を振り返ってみてください

Fate/EXTRA10話(最終回)考察・解説!リンとラニは結局何者だったの?
こんにちは!はれこです! Fate/EXTRA Last Encoreオブリトゥス地動説編の最終話を迎えました。 ま...

ガウェイン卿登場

そんなわけでついに、「レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイ」のいる第7階層に来て決戦です!

Fate_Extra vs Leo Last Battle

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

…が!その前に!

レオのサーヴァント、白銀のセイバー、真名「ガウェイン卿」が先に登場しました。

Fate_Extra Gwe Hello

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

ちなみにガウェイン卿は「円卓の騎士」の一人でアーサー王の甥の中でも最も優秀な騎士であったという人物。

てか…Fateシリーズ、円卓の騎士好きだなぁ笑

それでは、彼らがどんな結論にたどり着き、どんな1000年を送っていたのか振り返ってみましょう。

Fate_Extra Leo Twi Meeting

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

レオの思想とトワイスの思想

まず、レオとトワイスの抱いている思想を整理しましょう。

Fate_Extra Leo Regret

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

レオは聖杯を得て地上の資源問題を解決し、人類を「維持・管理」することが目的でした。

それに対し、トワイスは存命のころ、人間の醜い争いに振り回され、その歴史に憎しみを抱いていました。

Fate_Extra Twice Burning

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

双方とも最初は、人間の未来を、前向きな発展を願っていたのでしょうが、結局は人間の本性を変えることはできないと考えるに至りました。

そしてレオは地上の支配者として人間を「管理」する道を選び、トワイスは人間を「滅ぼす」道を選んだのです。

どちらも人間に一切の希望を抱いていないという点では、一致していた。

だから、1000年前にレオは、「どうせ人類が滅ぶのならば、それを延命させることに意味を見いだせない」と考え、岸波白野に勝ちを譲った。

Fate_Extra Zabiko

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

そして、第7階層の王として最初の100年は挑戦者を待ちましたが、もう挑戦者は現れないと判断し、900年の眠りについたのでした。

Fate_Extra 7th Floor Peace

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

フロアマスター、それぞれの1000年

上の階層に行くにしたがってその過ごし方は洗練されていっているように思います。

第1~3階層までは、1000年経っていながらも、まだ希望があるのではないかと苦しみ、あがいている途中でした。

Fate_Extra 1st Floor Shinji

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

Fate_Extra 2nd Floor Blackmore

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

Fate_Extra 3rd Floor Alice

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

ああ、なつかしい。

しかし、第5階層から上は「虚しさ」や「諦め」、力もあり、知っているが故に達観しているようなそんな印象があります。

Fate_Extra 5th Floor julius

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

Fate_Extra 6th Floor Lani

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

Fate_Extra 7th Floor Leo

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

どの1000年も辛く、厳しく、切ない悠久の時を感じさせますね。

スポンサーリンク

そもそもこの物語は一体どんな物語だったのか

さて、そんなわけで最終回を迎えたこの作品ですが、細かい所を考え始めると「え?そんなんあった?」「なんで?」とはなります。

Fate_Extra Hakuno Last

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

しかし、もう少し抽象的にこの作品を見ると、ちょっとこの物語の根幹が見えてくる気がします。

まず、ハクノくんというキャラクターはタヒ者の集合体、すなわち「デッドフェイス」という存在でした。

要するに、タヒ者としてこの世界に存在していて、なぜかは分からないけれど上層へ上がろうともがいていました。

この物語の命題としてしつこく提示されていましたね。

「なぜ、上にあがるのか?」

これって、私が思うに壮大な例え話なんだと思うんです。

現実の世界にもなくはない話じゃないですか。

「何かよく分からないけれど、上にあがりたい、理由は分からないけど」みたいなこと。

タヒんだように上を目指しはじめて、なんだか上を目指した先に自分の存在意義が見いだせるような気がして、そのうちに信頼できる掛けがえのない人間ができて、応援してもらって、そして、極めたその先に「これだ!」と思える理由を見つける。

その瞬間、やっと、生きているという実感が得られる

…みたいな。

だから「生きている」ハクノくんに、デッドフェイスであるトワイスは触れることが出来なかったんだと思います。

Fate_Extra Twice Deadface

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

ハクノくんの上に上がる目的は、きっとリンちゃんという、たった一人の生者を地上へ送り出すことだったんです。

Fate_Extra Rin Last Person

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

彼はデッドフェイスだったかもしれません。

でも、この世界で生きる意味を見いだせた。

それだけで、ハクノくんはこの世界に生まれ落ちた意味があったのではないかと思います。

私はそんな概念的な話のように映りました。

皆さんは、どんなことを思いましたか?

Fate_Extra Last Battle

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

スポンサーリンク

Fate/EXTRA Last Encoreイルステリアス天動説編感想

さすが、お休み期間を経て作られた最終章だったというべきですね。

もう…絵の美しさが半端ない!!!

何これ!神々の祭典なんですけど…!

Fate_Extra Last Encore

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

第7階層の美しさも半端なかったなぁ…。

Fate_Extra 7th Floor

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

ま、神々の世界ですからね!ここは!笑

そして、レオとガウェイン卿のカットも2種類ありました。

Fate_Extra Leo Gwe 1

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

Fate_Extra Leo Gwe2

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

目は合わせず、互いの主張はおそらく違えども、ガウェインは忠実にレオに仕え、レオはガウェインを信頼する。

そんな2人を象徴するようなカットですね。

物語的には確かに非常に分かりにくいお話ではありましたが、そこに隠されたメッセージや、台詞の一つ一つが心にグッと来るお話でした。

そういう一つ一つのテーマについて深く考えさせてくれるアニメでしたし、考察すればするほど面白い見方ができるアニメでした。

ハクノくんに倒されながらも、悠久のように思えた時間から解放されていった人達に、「お疲れ様…グスッ」と言いたくて…。

こうやって…文章書いたりとか、画像載せたりしながら、泣きそうになる…てか、泣いてる…。

では、これでFate/EXTRA Last Encoreの世界とはお別れとなります。

最後はこの笑顔で終わりましょう。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!!!

Fate_Extra Nero Smile

©TYPE-MOON/Marvelous,Aniplex,Notes,SHAFT

▼当サイトでは他多数の作品も考察しています!

【見逃し厳禁!】2018夏アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第22回】
どーも、視聴したアニメは1000本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    EXTRA LEの感想いつも楽しく拝見していました。最終回まで見ることができて嬉しいです。もうご存知だったら申し訳ないですが、アニメ公式サイトのキャラクターコラムや用語欄も更新されてるのでよければどうぞ。

    アニメでは人間の変革を諦めデッドフェイスを残したトワイスですがゲームでは生前から戦いを憎み、人間の進化の道として争いを選んだ人でした。もう十分に幸福だから停滞したままでいいと考える人間の弱さに憤怒するトワイスにとって、戦いによって成長した岸波白野は戦いの思想の体現者です。
    最後の文は設定書の引用ですが、彼はラスボスながら人間の強さを確かに信じたのです。

    「起こした悲劇は変えられない。奪った責任は果たさなければならない。彼は戦争への憎しみ、奪われたものの怒りに突き動かされているのではない。人間はもっと凄いものだ。生命は、人類は、過去の人間たちには想像も出来ない場所に行かねばならない、と。」

    • hareko より:

      コメントありがとうございます!
      トワイスの設定についても言及してくださってありがとうございます!
      最後の最後にハクノくんが現れたことで、少なからずトワイスも救われていたのだと実感できてうれしいです。
      トワイスにも、人間を信じていながらも報われない1000年があったのですね…。

      最後まで読んでいただきありがとうございました!