B:The Beginning9話の感想・考察!ギルバートのエリカに対する思い

ごきげんよう。B: The Beginning(ビーザビギニング)担当の模造紙です。

キースの不器用な性格や、必要以上に他人を自分の領域に踏み込ませない性質――そして彼がゲニと呼ばれる天才的頭脳ゆえに、長期に渡り、真相に辿り着く途中で足踏みしていたことが分かった9話。

本当の意味でキースを救い出すために、エリックがRISをチームとして作り上げた…というのはかなり胸アツな展開でしたね!!

台詞のチョイスや間が洋ドラっぽくて世界観にマッチしていて良い感じです。

それでは今回は、マーケットメイカーの管理者――黒幕が犯行に及んだ思惑を中心に考察を進めていきます。

注意

この記事では、B: The Beginning9話までを視聴した感想、およびストーリー展開の予想を始めとした考察を記しています。

最終話まで一度視聴した末に、振り返って内容を考察しているわけではありません。

あくまでも初見の立場からの見解になりますので、ご了承いただければ幸いです。

スポンサーリンク

マーケットメイカー管理者(黒幕)はギルバート

前回記事でも、キースが追っている2人目はギルバートでは?と考察していたのですが

B: The Beginning8話の感想・考察!2人目の犯人「あいつ」の正体は?
ごきげんよう。B: The Beginning(ビーザビギニング)担当の模造紙です。 おおぅ…話数が進むに連れて、好き嫌い...

今回、めちゃめちゃストレートにギルバートの犯人演出が導入されていましたよ!!

事件の異質性や、黒羽・マーケットメイカーのファンタジー要素に序盤の時間を割いたためか、後半は追い上げて、もったいぶらずに一気に真相解明のルートを辿っている感がありますね。(尺の関係か急に早足な印象w)

キースの中では、相当初期の段階から犯人の目星はついていて、けれど決定的な証拠がないため確証を得ることができなかった――ようは決定打を手に入れるためにRISに現場復帰したわけですが、自分の力のみで犯人を白日の下にさらすことに固執しなければ、きっと8年も資料室にこもって無為に時間を過ごす必要もなかったのでしょうね。

天才だからこそ見えないものもある

エリックやRISのメンバーは優秀ではあるけども、自分に足りないものやチームの重要性も身をもって理解している。

それがゲニとは明確に違う点だと言えますね。

エリックがそれらを全てわかっていて、キースが行き詰って助けを必要とした時にすかさず救いの手を差し伸べられるよう、こつこつ着実に準備をしていたってのが憎い演出でした。

一部、しびれを切らしているのかな?と思わせる描写もあったものの、基本はキースの気持ちがエリック達に向くのを静かに待っていたというのがまた…!!超忍耐強いじゃないか!!!

スポンサーリンク

ギルバートはサツ人依存症

キースが現場復帰したのは、ギルバートの動向を探り、彼の行動のほころびを見つけ出すためでした。

1話の夕バコ、しっかり伏線だったとは驚きです…!!

(尺の都合上)作中で触れられなかったフラグも散りばめられていそうですし、2週目3週目だからこそ発見できる伏線はありそうですね。

復帰後にギルバートを訪れる段階では、キースのアドバイス要員かと思って見ていたのですが、今回の話の流れだとエリカサツ害以降もずっと定期的に犯行を重ねていた様子。

ギルバートは精神障害(衝動制御障害)を患っていた

サツ人衝動を抑えられない。エリック曰く、衝動制御障害

サツ人をせずには自分を保っていられない、ようは人を切り刻む行為に依存している一種の異常行動と言えるでしょう。

他の衝動制御障害を身近なところでいうと、買い物依存症やアルコ一ル依存症などが有名ですね。

普通の人でも多かれ少なかれ不満やストレスはありますが、鬱屈した感情を適度に発散したり、理性で抑えつけたりなど、自分や他人に影響を出さないよう上手にコントロールしています。

自分を抑制する感情のコントロールや、危害を加える衝動を抑えられない障害を、衝動制御障害と呼ぶんですね。

ギルバートの場合は異常な心理状態・行動をとっている自覚があり、尚且つ自身の犯行だと世間に知られないよう、用意周到に立ち回っていることから、サツ人衝動が突出しているものの(しかもその衝動を抑えようとはしない)、それ以外は頭がキレて油断ならない人物だということがわかります。

スポンサーリンク

エリカをサツ害した理由は?

これまでも犯人がエリカを手にかけた理由を考えてきたのですが、キースの妹だから彼に復讐する意味合いが強くこもっているのではと思っていました。

しかし、9話のギルバートの行動を見ていると、キースの近親者という理由だけでエリカを狙ったわけではないように見受けられます。

エリカ本人に固執しているようにも見える

ギルバートの幻覚か妄想か?この世にいない彼女の姿がギルバートには見えている模様。

多分、「タヒんだ女性の気配を感じ、それを愛おしそうに見つめる男性の姿」いう外側の絵面だけ見ると、まさか男性が女性の命を奪ったなんて到底見えないと思うんですよね。

だからこそ狂気が感じられるというか。

始めは、キースの妹だから興味を持ったけど、エリカの気持ちがキースにしか向いていないことに苦悩して、サツ人衝動を抑制できなくなってしまった?

命を奪って自分のものにする的な感覚でしょうか。

そして、エリカの件は彼のサツ人依存の序章に過ぎず、キースが周囲の人間関係に恵まれる環境自体を嫌悪し、リリィのような臆せずキースへの好意を隠さない人物も、エリカを思い出させるから目障りと感じるのでしょうね。

端的に言うと、嫉妬でしょう。

結局は、キースと自分を比較して、自分が劣っているのを認めたくない。キースを出し抜きたい。彼の頭脳の上を行きたいっていう単純な思考が、複雑な事件の連鎖を生んでいるようにも思えます。

スポンサーリンク

B: The Beginning9話の感想

今更ですが、今作はキースと黒羽のW主人公ということですよね。

とすると構成が所々惜しいというか、残り3話でキースサイド、黒羽サイド共に事件解決のピリオドを打つのは難しそうな気も。

シーズン1と書かれているのも、続編の予定があるからなのかな?

そうそう。今回って実はキースとリリィの恋愛フラグが立ってたりする?

ニマニマするRISの面々が激しくツボですww

キースも意外とまんざらでもないような…というか、ひねくれた性格だから、まっすぐに気持ちを伝えられるのにめっぽう弱そうですね(笑)

そんなリリィはギルバートに連れ去られて貞操命の危機が迫っていますが、どうか救出が間に合いますように…!

拘束されているキースは颯爽と登場するのは難しいとして、ここで美味しいところをかっさらっていくのは黒羽かもしれませんね。

とりあえず、森川さんの狂気を秘めた犯人声が本気でやばすぎてベテランの演技の幅に、ひたすら驚くばかりです。

それではまた10話記事でお会いできますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする