B: The Beginning1話の感想・考察・解説!冒頭モノローグの暗号は伏線か?

ごきげんよう。模造紙です。

事前考察記事で3/2配信開始ですワクワク!と書いていたのですが、

B:The Beginning感想・考察・解説記事まとめ
ごきげんよう。模造紙です。 この度、連続サツ人犯KILLER Bが巻き起こす事件と、それを追う天才捜査官の攻防を描く、...

まさかのアメリカLA時間が基準とか…!!(確定情報じゃないですが、日本時間の17~18時に配信スタートした模様なので)

ヤキモキしながら配信開始をチェックしていた方も多かったのではないでしょうか。(私もです 笑)

それにしても、1話だけ見ても、何が何やらさっぱりですね 笑

ですが、魅力的な世界観の提示と物語の主要人物の印象付けにポイントを置き、続きの展開が否応なしに気になる最高の掴みでしたね。

それでは初回の今回は、物語の展開に深く関わる3人の人物に触れたいと思います。

スポンサーリンク

物語の要は3人のカリスマ

帰って来た天才捜査官・キース

異形に変身する特殊能力者・黒羽

謎の秘密組織の首領・皆月

異なる陣営で、それぞれ違った魅力で他者を惹きつける3人。

彼らが物語の変化を左右するカギを握っているようですね。

共通点は「見つけたい」何かがあるということ

キースが探しているのは大切な人を奪った仇?

1話最後に「見つけてやるさ」と呟くキース。

彼は元々、特殊犯罪捜査課の一員として第一線で活躍する天才捜査官でした。

ですが、ある出来事をきっかけに天才は息を潜めて資料課へ転属していた様子。

ギルバートとの会話で「もう命日か。一年早いな」と言っているので、誰か大切な人を事件に巻き込んだ末に失ってしまって、その命日が近かったということなのでしょう。

「一年早い」はRISに復帰する予定が一年早かったということ?

そして、キラーB事件が頻発したのを機に犯罪捜査の前線に戻って来たということは、大切な人の命を奪った仇、あるいは事件に深く関わると想定できる人物がキラーBだとキースは睨んでいるから。

キラーBを見つけて彼が何をしたいのか――目的は不明ですが、不穏な気配が漂っているのは確かです。

君に「見つけて欲しい」黒羽=キラーB

はっきり言って、善なのか悪なのか。味方なのか敵なのか。現時点ではよくわからない。

そもそも、黒羽とキラーB。どちらが本来の彼の姿なのかもわかりませんし、判断材料が無さ過ぎてすごく考察に困る人物としか言えません 笑

ただ、コ口してもいい人間や裁く必要のある犯罪者に限り手にかけているようなので、必要悪やダークヒーローという立ち位置なのかなと思いました。

ファンサイトまである、と劇中で言われていましたし、根っからの悪人というわけではなさそう。

発現がいちいち中二臭いのは気になりますが…

あと「君」というのが誰なのか…もしかしたら、キースが過去の事件でなくした人と同一人物とか?

憎しみの相手・キラーBを「見つけた」皆月

複数の配下を引き連れている謎の集団のトップ…と言った感じ。

キラーBと同じく、皆月も常人離れした特殊能力を所持しているみたいですね。

手のひらに人面の痣?が浮かび上がったり、これがキラーBとのただならぬ因縁に深く関係しているのでしょうか。

今回、キラーBと対峙したクエンが、異形に変化したキラーBを見て「黒羽の王」と呼んだことから、憎しみつつも畏敬の念も抱いているようにも感じました。

スポンサーリンク

「ハネモチテツドエ ホシノマツリキタル」とは?

冒頭のキースの独白。

そのはじめに言う言葉なのですが、何かの暗号のように思えますよね。

過去の自分を思い返し、その当時に関係する言葉なのかもしれませんが、実は重要な伏線のひとつなのではと予想しています。

漢字に変換してみると…「羽持ちて集え、星の祭り来る」かな?

羽と言えば、キラーBの黒い羽が連想できますし、何か意図があって1話冒頭に挟まれたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

B: The Beginning1話の感想

うーん。よくわからん。

きっと、序盤から伏線や事件解決の糸口のヒントが散りばめられているんだろうけど、全てが怪しく見えてしまうのは困るなぁ。

作画もキャラも、映像も音楽も美術も、すべてが美しく、十分な制作期間に資金面も潤っていると、こんなにもクオリティの高いアニメが実現するのか。

ぬるぬる動き過ぎて実写に近いんじゃ…(震え)

あんまりお金かけられない深夜アニメと同じ枠組みで語るのは憚られるレべですね。

まさに制作陣の心血を注いだ日本アニメ界屈指の本物のアニメーションといったところ。

素晴らしい、圧巻のひとことですね。あとは脚本ですが、これは1話時点では何とも…。

最終話まで失速しないことを祈りつつ…

それでは2話の記事でまたお会いしましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 500円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約500作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    一年早いって、年をとると一年過ぎるの早く感じる的な意味じゃないですか?

    • mozoushi より:

      >名無しさん

      コメント&ご指摘有難うございます!
      なるほど。
      この間、命日だったのにもう一年過ぎたのか早いなっていう意味なんでしょうね。
      すっきりしました!有難うございます。

  2. jcpetke より:

    mozoushi, thank you ever so for you post.Much thanks again.

  3. silent より:

    mozoushi, thank you for this post. Its very inspiring.

  4. LaraTESHOLA より:

    ありがとうございました^^

    • mozoushi より:

      > LaraTESHOLAさん
      コメントありがとうございます!
      また宜しければのぞきに来ていただけると嬉しいです。