銀河英雄伝説(新銀英伝)6話感想・考察・比較!シェーンコップがイケメンw

まだまだ同盟軍のターン!!!

ごきげんよう、模造紙です。

金髪さんやら赤毛さんの存在ドコー(´・ω・`)な新銀英伝(ノイエ)6話。

第13艦隊が本格的に始動しはじめ、ヤンの艦隊司令としての初仕事である幕僚人事が中心でした。

曲者や非常識者ばかりの第13艦隊の面々…彼らが原作や旧OVAとはどう異なる形で描かれるのか、前々から非常に楽しみでした!

見た直後の感想としては、人事パートにめちゃめちゃ尺使ってないか…?ってことなんですが、おそらく原作でもここまで丁寧な描写はなかったです…よ…ね??

薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊が優遇されていたのは、ほぼ予想どおり(笑)

そして、旧作とキャラデザを大幅に変えて来たムライ准将。そして、エル・ファシル以来の再会のフレデリカなどなど。

癖の強い人物が続々とお披露目された6話について語って参りますね!よろしくお付き合い下さい。

【 注意!!!! 】

この記事は、銀河英雄伝説の旧作OVA(石黒版)本伝&外伝を視聴済み原作小説は途中で挫折(笑)した私が、旧アニメと原作小説との比較や、今後の展開やキャラの行く末などのネタバレも交えつつ、銀河英雄伝説 Die Neue Theseを視聴した感想および考察を記しています。

初見の方やネタバレ食らいたくないという方は回れ右でお戻り下さい。

ちなみに、銀英伝に対する愛は十二分にあるものの信者の域に達してはいませんので、ライトなファンによる駄文として考えて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェーンコップのもみあげロスに耐えられるのか…?!

陸戦と白兵戦の傑物であるシェーンコップ

傲慢で大胆不敵な性格ゆえに、高い能力を保持しているにも関わらず、同盟軍内部では厄介者扱いされていました。

ローゼンリッターは、陸上戦闘にめちゃめちゃ長けた実践部隊なわけですが、ようは上官的には非常に扱い辛くて問題視されていたわけ。

あとは、フレデリカも言っていたように、亡命者の子弟による編成部隊なだけに、戦闘中に裏切るかもしれない(逆亡命される恐れがある)という懸念があって、編成に加えようとする上官がそもそも稀であるという。

ただ、その陸戦技術は作中屈指を誇り、ネタバレになりますが、今回のイゼルローン攻略戦でも無血占拠を鮮やかに成し遂げてしまうほどなので、味方につければこれほど心強いことはありません。

ただ、まぁ本当に扱い辛い(大事なことなのでもう一度言っておきますね!)

シェーンコップは戦闘能力のみでなく、指揮官や戦術家としても有能なので、ヤンのこれからの功績は彼の活躍が一端を担ったと言っても過言ではありません。

これは逆の立場でも言えることで、ローゼンリッターはこの時にヤンにスカウトされていなければ、目覚ましい活躍を遂げることもなかっただろうし、政治的なお飾りのまま、飼いゴロしにされていた可能性もあるでしょうね。

旧アニメのもみあげシェーンコップが好きだった

今回のキャラデザ発表時点から、シェーンコップ若すぎない…?とネットがざわついていたわけですが、動いて喋るのを見ても、やっぱり若いなっていう感想しか生まれない(笑)

銀河英雄伝説 シェーンコップ

©田中芳樹/松竹・Production I.G

うん。でもちょっと落ち着け自分。

ヤンがスカウトした時点って、シェーンコップまだ30代前半なんですよね…!!

旧OVAの40代後半~くらいに見えるデザインが強烈な印象だから違和感を覚えますが、実年齢を考慮すると妥当なビジュアルと声ですよね。軍内部では割と青二才でしょう。

まぁ、重みや威厳はどうなのって話になると…うん…まぁ…。

現代的に再解釈してる点は今までもそうでしたが、旧アニメや原作に寄せたい部分と180度変えたい部分がチグハグに感じるのも確か。

まぁ、何が言いたいかというと、原作小説から受けるのイメージだけなら、海外ハリウッドスターみたいな新シェーンコップもアリ。

個人的には、もみあげに孕む声と容姿の旧OVAの羽佐間シェーンコップに一票。

ヤン艦隊の一員としては、強烈にキャラが立っていて好きでした。

スポンサーリンク

その他の幕僚の面々

アスターテ会戦で鮮やかに分艦隊司令として、ヤンの命令を忠実に実行したフィッシャー准将。

そして、エコニアの収容所の一件で縁深い、ムライ准将そしてパトリチョフ大佐。

ムライ准将のデザインが旧作と違い過ぎてて、結構ビックリしたのですが、これはこれで堅物で秩序の塊を表現してて良いですね。

銀河英雄伝説 ムライ

©田中芳樹/松竹・Production I.G

▲ひげ面メガネはお前誰や…ってなるしかないですが。

エコニアの一件については、旧OVAの外伝や原作外伝(螺旋迷宮)で語られていますので、興味がある方は是非!

ムライの公正な視点、無駄のない判断と処理能力のおかげで、ヤンが今ここにいられたとも言えますし、今後のヤン艦隊にはなくてはならない人物です。

若者からは小うるさいジイサンと煙たがれることもありますが(今回はあんまりジイサンっぽくない?)、異端者揃いの13艦隊の面々に対し、常識ある視点やスタンダードな立ち位置から意見して軌道修正するという、かなり重要なポジションの人です。

にしても、中の人が大塚芳忠さんなことに驚き。イメージ的には帝国にいそうな感じなので。

▼芳忠さんでポプテピピックを思い出した人いそう

ポプテピピック1話の感想・考察・解説!声優替えて再放送のカオスww
明けましておめでとうございます。 今年もお付き合いの程、よろしくお願いします。 我が家の長い冬休みが、今日でようやく...

このムライさん、咳払いされたらポプランやアッテンボローは瞬時に黙りそうですね(笑)

スポンサーリンク

フレデリカかわいい

フレデリカ、美人さんで可愛い!

男の上官に、女性副官の構図がめちゃめちゃ好物でして(聞いてない)、この2人の組み合わせだけでみるなら旧作よりも新銀英伝のほうが好みです。

銀河英雄伝説 フレデリカ ヤン

©田中芳樹/松竹・Production I.G

やっぱり全体的に若めのビジュアルで描かれてますね。可愛くてそして強いとか!さすがヤンの未来の奥さんです。旧作は聡明な才女って感じだったけど、今回のフレデリカはマジ天使やんか…

ヤンがイケメンイケメンとこれまでも書いてきたのですが、フレデリカ補正が入ってたんだと思ったら納得。

銀英伝のいいところは、あんまり恋愛パートを前面に出してこないところですね。だからこそファンの妄想が捗るとも言えるわけですが。

まぁ、口には出さないけどヤン艦隊はみんな、ヤン・ウェンリーが大好きなので、これからもちょいちょいそういった演出があれば嬉しいですね。

スポンサーリンク

銀河英雄伝説6話の感想

ユリアンの幼な妻感がすごい(笑)

ヤンの原動力のひとつがユリアンってのが本当にいいですよね。

物ぐさなヤンだけど、自分のテリトリーに入った人間にはとことん情を注いで手厚いところが好き過ぎる。

ヤンがイゼルローン攻略という無理難題を引き受けた理由。恒久的な平和は望めないが、数十年の平和のために闘うってただ言葉にするとそれだけですが、実はかなり深いこと言ってるんですよね。

新銀英伝は要点だけ拾ってサクサク進行していく印象でしたが、今回みたいなピンポイントで特徴的に掘り下げて描くのは何なんだろう…。これは脚本が迷走してるの…?

ようやく攻略が開始したところで前半戦が終了し、後半はかなりの駆け足ムードの予感しかありませんが、内容はオリジナルになるのでしょうか?

終着地点はわかっているけどイゼルローン占拠の過程は重要だし、ローゼンリッターとヤン艦隊の名を同盟軍内に轟かせるという意味でも、ぐう納得の展開を期待したく!

旧アニメのように白兵戦で圧巻の力を見せつけつつ占領…のパターンもありそうですが、あれはあの時代のアニメだからこそって感じで現代的には微妙かも。。

あと最近のミキシンは、昔ほど見るからに男前の役ってしなくなったので、イケメンなミキシンボイスに期待を寄せるファンも結構いるんじゃないでしょうか。

シェーンコップが00のロックオンに見えたのはきっと私だけじゃないはず←

それでは次回記事で、またお会いできますように!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    またお邪魔します。今回は意外と言うと製作スタッフに失礼ですが、今迄で一番出来は良かったかなと思います。主様がご指摘通り人事絡みの描写は原作以上に尺を取っていましたし、ヤンとムライ達のエコニア以来の再会を感じさせる会話も丁寧な描写に感じました。

    オリジナルのローゼンリッター本部への訪問も、よく映画に出てくる無骨な軍人達が集まっている雰囲気をうまく出していて良かったと思います。何より驚いたのが、自分は絶対にカットするか端折ると思っていたヤンとシェーンコップのやり取りを、尺をとってほぼ原作通りにやった事ですね。

    まあ細かい所でシェーンコップの最後のセリフ「永遠ならざる平和の為に」をカットしたり、キャザルヌにイゼルローン攻略の作戦の中身をバラしてるのはちょっと不満でしたけど。7話は原作準拠であれば非常にあっさりとした攻略戦になりますね、さすがに旧作の突発的なアクシデントが起こるのを真似する事はしないと思います。

    今回見終わって真っ先に頭に浮かんだのが「こういう描写が1話からちゃんと出来てたらなあ」と言う事ですね。主様は今回の唐突なピンポイントの掘り下げを脚本の迷走なのかと仰られていますが、そうなんですよピンポイントのみで作品全体で徹底してやる事まではしないんですよね。

    もし24話を全てTV放送にしてカットも少なく、モブの余計な改変もせずに原作の持ち味である人間ドラマを生かした重厚な作りを徹底的にすれば、旧作ファンの反応も変わったでしょうし、新規ファンも喰いついたと思います。そういう意味で今回のTV版の、尺に追い立てられる特異なスケジュールは非常に残念だとは思いました。

    • mozoushi より:

      >名無しさん
      またまたコメントありがとうございます!!
      そうなんですよね。6話、作り自体は非常に丁寧だったと思います。
      だからどうなったの部分の深堀りや、痒い所に手が届く感で言うと、名無しさんの仰る通り、これまでの中では断トツに作り込みが為されていて好感が持てました。
      と同時に、限られた尺であるが故に、こんな丁寧な描写は今回限りだろうという落胆もあって、7話の素晴らしくあっさりした攻略戦なのはほぼ確定ですね。
      潤沢な予算があって、限られた放送時間という枷を外しさえすれば、重厚な人間ドラマの再現も難しくはなかったのでしょうが、本当に色々と惜しい作品だと言わざるをえません。

  2. Wind より:

    やっぱりキャラデザインと演出に無理を感じる。 明らかに年配に描かれてる人物以外はみなイケメン風で年齢不詳。 みんな生徒の設定で学園もののアニメを作ってバスケやらせても違和感は無いだろう。 それに前作ではヤンは困った顔や嫌そうな顔、怒った顔などを時折見せながら会話しているが、今作では常にさわやかな笑顔を浮かべているばかりで表情に乏しく声に抑揚が乏しいように感じる。 簡単に言えばカッコ付けのわざとらしい演技にしか見えない。 前作でシェンコップがウエイトレスを助けるエピソードを割愛し、必要とは思えないフレデリカの格闘シーンを入れているところも、表面的な格好良さだけを見せて人間性をうかがわせる重要な部分をカットするというバカげた演出。 この感じでいくとイケメンのカッコ付けシーンと派手な戦艦バトルがメインで、大事なエピソードや人間ドラマは軽~く流されそうな予感。 (^^;)

    • mozoushi より:

      >Windさん
      たびたびコメントありがとうございます!
      仰るとおり、年配者と若者(総じてイケメン化)の二極化していますよね。
      その中間の味のある中年がいないというのは残念としか言えません。
      う~ん…悲しいですが、今回の再アニメ化は、こういうものだと割り切るしかないかもしれないです…
      改めて、原作と旧OVAの偉大さが身に染みる機会となったと言いましょうか。
      私は改めて、原作を一から読み直そうと思い始めていますよ!♪
      新アニメもそこまで悪くはないのですが、旧アニメや原作ファンの求めるものと違うベクトルに重きが置かれている印象なんですよね。
      それがWindさんも言っている表面的な格好良さなんだと思います。

  3. 黒色槍騎兵 より:

    こんにちは。キャラについて議論が多いのであまり考えないようにしているのですが、本話の「ブルームハルト」は許容外。髭のおっさん、ええーーーー!?そりゃないよと。
    本作は外伝のイメージを全く無視してるんですかねぇ。それとも知らない?結構、外伝で人となりを表現しているのに、ブルームハルトの髭のおっさんはねぇだろと、シェーンコップより年上に見えるし。ブルームハルトに比べたら、キルヒアイスは許容範囲に思えるよね。言わずには居れない、キャラの変更だった。

    • mozoushi より:

      >黒色槍騎兵さん
      コメントありがとうございます。
      同感です(笑)
      7話の考察記事でも書かせていただいたのですが、ブルームハルトの想定外のキャラデザは酷いですよねぇ。
      人となりを知っていたら、あのキャラデザには行きつかないと思うのですが…。
      突飛な変化と斬新なデザインを狙い過ぎて、空まわっている感が凄いです。