色づく世界の明日から13話(最終回)考察・聖地!墓は誰のものか&続編2期の有無

あんなん、泣くしか…(大号泣

皆さま、明けましておめでとうございます!

最終回の余韻が未だに冷めやらない、色づく担当のわせです…(放心

いや~、切なくて、でもさわやかで前向きで…素敵なラストでしたね;;

冒頭、唯翔のモノローグから入るのずるくないですか!?

これまでもたびたび複雑そうな表情を浮かべていた唯翔ですが、はっきりと言葉で心情が語られたのって実は初だったんじゃ…?

なかなか胸の内がわからないキャラクターだからこそ、一層胸が締め付けられました…(号泣

感動シーンはもちろんてんこ盛りでしたが、最終回ということで、作中の謎や伏線も多く回収してくれた印象が強かったなぁと…!

その辺りにも触れつつ、最終回の考察記事、張り切って行ってみたいと思います!

スポンサーリンク

聖地まとめ(13話・最終回編)

出雲近隣公園

前回からの続きである、瞳美を時間魔法で未来に還そうとするシーン。

そして、未来に戻った後の瞳美が、ラストシーンで訪れていたのが、こちらの「出雲近隣公園」でした。

また、1話冒頭+今回の中盤で登場した花火大会のシーン(琥珀おばあちゃんとやり取りする場面)も、この出雲近隣公園っぽいんですよね…!

▲このツイートの②の写真が、1話で花火を見に行くシーンで映った階段のよう…!

まほう屋(琥珀おばあちゃんの家)から出発したと考えると、グラバースカイロードの頂上や鍋冠山、大浦展望公園なども候補に入ってきそうですが…現時点では、花火大会シーンの再現写真を見つけられなかったので、出雲近隣公園(仮)としておきたいと思います^^;

もしそうだとすると、1話で琥珀おばあちゃんが瞳美を送り出したのも、13話で女子高生琥珀が瞳美を未来に還したのも、同じ出雲近隣公園ということになりますよね…!

なんとも運命的;;

もしかしたら琥珀おばあちゃんは、60年前に自分が瞳美を未来に還した場所と同じところから、瞳美を過去へと送ってあげたかったのかもしれませんね…!

※聖地特定や登場シーンの再現撮影など、色づく特定班の皆さまの熱量に毎回感動しっぱなしでした…!

貴重な情報、本当にありがとうございました!

この場をお借りして御礼申し上げます!^^

スポンサーリンク

謎・伏線の答えまとめ

これまでの話の中では、数々の謎や伏線らしきものが散りばめられてきました。

今回の13話は最終回ということで、作中で明確な答えがいくつも示されていましたね…!

そこで、最終回で明らかになった情報をまとめてみたいと思います。

時間魔法の仕掛けについて

▼「時間魔法」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

色づく世界の明日から8話考察・聖地!「色が見えた絵本」の作者&時間魔法について
こんにちは! 琥珀の実験に同席したかった、色づく担当のわせです! 机の下でぎゅっと接近するシーンににやにやし、突然の...
色づく世界の明日から11話考察・聖地!紙飛行機に書かれた言葉&家の電気点滅に隠された意味
月よ、欠けないでぇぇぇー!!(号泣 ラスト5分の展開がつらすぎて布団の上に崩れ落ちた、色づく担当のわせです… うわあ...

琥珀おばあちゃんが瞳美を過去に送る際にかけた時間魔法は、「瞳美の無意識の魔法が解けると、未来に戻れる」という仕組みだったようですね。

途中で時間魔法がバチバチッと暴走した際、瞳美は自分が無意識に魔法を使ってしまっているのでは?と疑っていましたが、おそらくそうではなかったのでしょう。

ちょうどそのとき琥珀が「何かが邪魔してる、まるで別の魔法みたいな…」と口にしていましたが、その読み通り、琥珀おばあちゃんの時間魔法(=瞳美の無意識の魔法が解けると、未来に戻れる)による抑止力が働いたのでしょうね。

そのため、琥珀が瞳美を未来に還すための時間魔法の儀式を行ったにもかかわらず、「瞳美の無意識の魔法が解ける」という条件を満たしていないために、一度目の儀式は失敗したのだと考えられます。

おばあちゃんが瞳美を過去に送った理由

▼「おばあちゃんが瞳美を過去に送った理由」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

色づく世界の明日から1話考察・聖地!おばあちゃんが瞳美を過去に送った理由
こんにちは! 色づく世界の明日から(以下、色づく)担当のわせです! 2018年の秋アニメが続々とスタートする中、つい...

さて、上記小見出しの時間魔法のカラクリから察するに、おばあちゃんが瞳美を過去に送ったのは、瞳美の無意識の魔法を解くためだったと考えられます。

具体的に言うなら、「私は幸せになってはいけない」という無意識の魔法を解き、失った色覚を取り戻させるため、と言い換えられるでしょう。

もっとシンプルに言うと…おばあちゃんは、瞳美に幸せになってもらいたい一心だったのでしょうね(涙

「身近な人たちを幸せにできなかった…許してちょうだい」というセリフからもわかるように、おばあちゃんもかつての瞳美と同じように、娘(=瞳美の母)の一件を悔やみ、自分を責め続けてきました。

ただ、60年前の世界で様々な経験をした後の瞳美は「幸せだった」と口にしていましたよね。

さらに、「ねぇ私、幸せになっていいんだよね?」とも。

それらの言葉は、きっとおばあちゃんの心を軽くしてくれたはず…!

琥珀おばあちゃん、本当によかったね(号泣

また、これは余談ですが…そのときおばあちゃんは「見てきたのね、瞳をそらさずに」と返していましたよね。

このセリフから想像するに、「瞳美」という名前は、おばあちゃんが名づけたのかも…!

瞳美が過去に来た意味

自分が60年前の過去の時代に来た意味。

瞳美はこれまでに何度か、そのことについて考えるそぶりを見せてきました。

今回の最終回を見たところ、瞳美が自分なりの答えに行き着いたように感じられたんですよね。

「私はそれまで自分から閉じてしまっていたんです」

「でも、勝手な思い込みで自分を追い詰めるのはもうやめようって」

「気持ち一つで世界は変わっていく」

等々のセリフにも表れているように、瞳美は60年前の世界で過ごした日々の中で様々な気づきを得たのでしょう。

他人と関わることを避けてきた以前の瞳美(=60年後の未来での瞳美)と比べると、明らかに前向きになってますよね…!

そして、そんな瞳美の心境の変化を表したのが、「瞳美の石像が朽ち果て、崩れ落ちる」「モノクロの世界が剥がれ落ち、色が表れる」といった演出の数々だったんだと思うんです。

色づく世界の明日から 13_3

©色づく世界の明日から製作委員会

瞳美の石像が朽ち果て、崩れ落ちる場面=自分から心を開けば、世界は変わる。

モノクロの世界が剥がれ落ち、色が表れる場面=これまでは自分が瞳をそらしていただけで、自分からきちんと目を向ければ、優しい世界はすぐそばにある。

それぞれのシーンにはこんなメッセージが込められていたのではないかと…!

そしてそれこそが、瞳美が自分なりに出した「60年前の過去に来た意味」だったのではないでしょうか。

唯翔や魔法写真美術部メンバーたちと出会ったからこそ、瞳美は他人に心を開けるようになり、さらには、自分の身近なところにある「幸せ」にきちんと気がつけるようになったのでしょうね…(号泣

瞳美と唯翔の出会いの意味

上記の小見出しで述べたように、瞳美は唯翔との出会いを通して多くのことに気づきました。

また、大切なことに気づけたのは唯翔も同じだったようですね。

「苦しくても叶わなくても、大切な気持ちはけして消えない」と知り、絵の道に進もうと決心できたのは、瞳美のおかげ。

唯翔はそう口にしていましたよね。

色づく世界の明日から 13_30

©色づく世界の明日から製作委員会

「俺たちはきっと、お互いの未来に色を取り戻すために出会った」という唯翔のセリフの通り、まさしく2人はお互いに大切なものを取り戻すきっかけを与え合うかけがえのない存在だったのでしょう…。

合宿で琥珀が作った星砂

▼「合宿で琥珀が作った星砂を使うタイミング」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

色づく世界の明日から7話考察・聖地!サブタイ「ヴィーナスの重荷」の意味
色、また見えなくなったんかーい!! てっきり瞳美の色覚は完全復活したものと思い込んでいた、色づく担当のわせです! い...

夏合宿での思い出を閉じ込めた琥珀お手製の星砂も、今回の最終回で再登場していましたね。

色づく世界の明日から 13_28

©色づく世界の明日から製作委員会

タイムカプセルの中にアルバムと一緒にしまわれていたとは…;;

おばあちゃんいわく、このタイムカプセルは、「時間魔法で手荷物を持っていけなかった未来の瞳美に向けて作ったもの」とのことでした。

アルバムや星砂には、部活メンバーたちから瞳美への「(一緒に過ごした日々を)忘れないで」という願いや、「(自分たちも瞳美と共に過ごした日々を)忘れていないよ」というメッセージが込められていたのかもしれませんね…(涙

色が見えた絵本の作者

▼「色が見えた絵本の作者」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

タイムカプセルと共におばあちゃんが瞳美に手渡した、1冊の絵本。

その表紙には、「さく・え あおいゆいと」の文字が!!

幼い瞳美が「唯一色が見えた絵本」の作者は、やはり唯翔でしたね…!

12話で唯翔が描いていた絵

▼「12話で唯翔が描いていた絵」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

色づく世界の明日から8話考察・聖地!「色が見えた絵本」の作者&時間魔法について
こんにちは! 琥珀の実験に同席したかった、色づく担当のわせです! 机の下でぎゅっと接近するシーンににやにやし、突然の...

12話で唯翔は、「今俺にできること…」とつぶやきながら新たに絵を描いていましたよね。

今回瞳美が絵本を朗読する場面でこの12話のカットが映ったことから察するに、このとき唯翔は未来の瞳美に向けて絵本を描いていたのでしょう。

部活メンバーの恋愛の結末

唯翔が描いた、「なないろのペンギン」。

なんと、登場人物の動物たちがそれぞれ魔法写真美術部のメンバーと重ね合わせてあるという…神演出すぎます(号泣

個人的には、この絵本には部活メンバーの恋愛の結末がうっすらと暗示されているように思えてならないんですよね…!

「うさぎさんは犬さんの隣に立って海のにおいをかいでいます」という将のセリフは、未来の将の隣にあさぎがいるという暗示のようですし!

千草の「こんな日は日陰でお昼寝が一番とねこさんが言うと、ムササビが賛成して手を挙げた」という部分は、この先の未来でも胡桃と近しい関係であることを示唆しているよう…!

色づく世界の明日から12話考察・聖地!全員の恋愛の結末予想
P.A.さんの本気、しかと受け止めました(感涙 花火のシーンに見とれずにはいられなかった、色づく担当のわせです…;; ...

前回の記事▲で考察した「部活メンバーの子孫」の件もありますし、将&あさぎ、千草&胡桃はめでたく結ばれたと信じたい(真顔

琥珀の夫(瞳美の祖父)の正体

▼「琥珀の夫(瞳美の祖父)」については以下の記事でも考察しておりますので、よろしければあわせてご覧くださいませ^^

色づく世界の明日から4話考察・聖地!瞳美のおじいちゃん(琥珀の夫)は誰?
「お孫ちゃん」って言い方、すごくかわいくないですか?(真顔 こんにちは! 色づく担当のわせです。 ついに琥珀ち...
色づく世界の明日から11話考察・聖地!紙飛行機に書かれた言葉&家の電気点滅に隠された意味
月よ、欠けないでぇぇぇー!!(号泣 ラスト5分の展開がつらすぎて布団の上に崩れ落ちた、色づく担当のわせです… うわあ...

これまでちょいちょい作中でヒントが出されつつも、はっきりとは言及されてこなかった、「琥珀の未来の夫」の正体。

やはり、柳堂さんでしたね…!!

色づく世界の明日から 13_20

©色づく世界の明日から製作委員会

悩みを打ち明けたり、頼ったりと、琥珀は何かと柳堂さんに心を開いていましたもんね…!

この2人の馴れ初めも非常に気になるところです(真顔

スポンサーリンク

カラビ・ヤウの精霊とは?

今回のEDクレジットに名を連ねていた、「カラビ・ヤウの精」という見慣れない表記。

はて、誰のことだ…?

どうやら、その正体はこの方のよう…!

色づく世界の明日から 13_8

©色づく世界の明日から製作委員会

はい、1話の時間魔法のシーンでも登場していた、バスの運転手さんです!

色づく世界の明日から 13_9

©色づく世界の明日から製作委員会

▲バスの背後には、「カラビ=ヤウ」の文字が!!

そこで「カラビ・ヤウ」についてグーグル先生に聞いてみたところ、回答は以下のようなものでした。

カラビ・ヤウ多様体は、代数幾何などの数学の諸分野や数理物理で注目を浴びている特別なタイプの多様体。

特に超弦理論では、時空の余剰次元が6次元(実次元)のカラビ・ヤウ多様体の形をしていると予想されている。

出典:Wikipedia

ほーん…?(全く理解できていない

そもそも、「超弦理論」とは…?

超弦理論ではこの世界は空間の9次元と時間の1次元、計10次元の時空で構成されているとされる。このうち、我々が認識できるのは3次元の空間と時間の1次元だけだ。残りの6次元(余剰次元)はどうなっているのかといえば、小さく折りたたまれて「コンパクト化」されていると考えられている。それがどのような形をしているのかというと、カラビ・ヤウ多様体という非常に複雑な形状をしていると予測されている。

出典:知的好奇心の扉 トカナ

理 解 不 能(震え

ざっくり要約すると、この世界を構成する10次元(空間の9次元と時間の1次元)のうち、人間が認識できる4つの次元(3次元の空間と時間の1次元)以外の6次元が「カラビ・ヤウ」と呼ばれるようです。

さらにシンプルに言うなら、カラビ・ヤウ=人間が認識できない次元といったところでしょうか。

瞳美がカラビ・ヤウの精と会ったのは、いずれも時間魔法で時間を移動しているときですよね。

上記のカラビ・ヤウの定義と照らし合わせると、おそらくこの時の瞳美は時間魔法によって、人間が認識できないカラビヤウ次元を移動していたのでしょう。

つまり、あのバスの運転手(カラビ・ヤウの精)は、本作において「時間魔法の精霊」「次元を自由に飛びまわれる精霊」といった位置づけだったのではないでしょうか。

見るからに怪しいキャラクターでしたが(笑)、「(キミノ)イクベキトコロ」へと連れて行ってくれる、素敵な時間の妖精さんだったのかもしれませんね^^

「時刻を表示する演出」の意図

色づく世界の明日から 13_14

©色づく世界の明日から製作委員会

皆さま、こちらのカットに見覚えはございますでしょうか…?

これは、今回の13話で、過去から戻ってきた瞳美がおばあちゃんと話すシーン(花火大会のシーン)で映ったものです。

同様に、1話の花火大会のシーンでも時刻が映るカットが用いられていました。

ちなみに、1話と13話の表示時刻とタイミングは以下の通りです。

【1話】表示時刻 07:31→07:32(「魔法なんて大嫌い」発言の直前)

【13話】表示時刻 07:44→07:45(「私もう、大丈夫よ」発言の直後)

この時刻の表示自体は、瞳美のアズライト(イヤリング型の電子機器?)が発したものなのかな~と思うのですが…。

気になるのは、なぜこのカットを入れたのかということ。

ちょっとその点について考えてみました。

①「過去と未来の時間経過の違いを表現している」説

こちらは、1話で時刻が表示されたタイミング=瞳美が過去に行く前、13話で時刻が表示されたタイミング=過去から戻ってきた後、という点に着目したパターン。

アルバムの表紙の日付から察するに、瞳美は4月~10月の約半年間を過去で過ごしていたのだと推測されます。

ただ、現実世界(未来)では、その間の時計の時刻は13分ほどしか経過していないんですよね。

つまり、「過去では約半年の月日が流れていたけれど、現実(未来の時間)ではほんの数分の出来事だったんだよ」ということを視聴者に知らせるための演出だったのかな~と…!

②「瞳美の変化を知らせるサイン」説

こちらは、1話で時刻が表示されたタイミング=「魔法なんて大嫌い」発言の直前、13話で時刻が表示されたタイミング=「私もう、大丈夫よ」発言の直後、という点に着目したパターン。

「魔法なんて大嫌い」は他人に対して心を閉ざしている状態の瞳美の発言であるのに対し、「私もう、大丈夫よ」は他人に心を開こうという気持ちに変わった後の瞳美の発言です。

また、あわせて注目したいのが、どちらも時刻が1分進むという点。

1話で「魔法なんて大嫌い」発言の直前に1分表示時刻が進むのは、「これから瞳美の心境が変わっていくよ」ということを示唆するため。

そして、13話で「私もう、大丈夫よ」発言の直後に1分表示時刻が進むのは、「きちんと瞳美の心境は変わったよ」と知らせるため。

そんな意図が含まれていた可能性も…?

つまり、瞳美の心境の変化を暗示・周知させるための演出だったのかな~と…!

あの墓は唯翔のもの?母親のもの?月白家のもの?

最終回ということで、諸々印象深いシーンが多かった13話ですが…瞳美が一人墓前で手を合わせるシーンは特に衝撃的でしたよね…!

色づく世界の明日から 13_17

©色づく世界の明日から製作委員会

今回最も視聴者をザワつかせたポイントと言っても過言ではないはず…!

このお墓は一体誰のものだったのでしょうか。

瞳美のお母さんの墓だとか、月白家の墓(=琥珀の父や母、祖母など、瞳美が過去の時代でお世話になった人たちの墓)の可能性もゼロではありませんが…やはりこれは、唯翔の墓だと思うんですよね。

というのも、瞳美はおばあちゃんに対して「お母さんを探して一緒に会いに行きたい」と言っているんですよね。

なので、万が一お母さんが他界していたとしても、きっと瞳美はおばあちゃんと2人で墓参りに行くんじゃないかな~と。

また、月白家の墓だった場合。

60年後の未来では、過去にお世話になった月白家の皆さん(琥珀の父・母・祖母)はすでに他界していると考えるのが自然ですよね。

そのため、わざわざ墓参りのシーンを入れる意味がないかな~と。

唯翔の墓だった場合は、瞳美が一人で行っても不自然ではありませんし(琥珀が気を使って着いて行かなそう)、瞳美が墓前で涙を浮かべていたのにも一番納得できる気がします。

60年の間に唯翔が他界したと考えると切ないですが;;

でも本当にそうだったとしても、きっと唯翔は絵本作家として活躍しながら幸せな人生を歩めたはず…!(涙

虹色のペンギンに込められたメッセージ

「私の色は何色かしら」という絵本の一節。

そして、背表紙に映る虹色のペンギン。

きっとこれは、「何色でもいいんだよ」「何色にもなれるんだよ」という唯翔から瞳美へのメッセージなのでしょうね。

暗い色も明るい色も、全部が瞳美を作ってる。

何も消さなくていい、未来でも笑ってて。

別れの直前に唯翔が瞳美に告げたこのセリフが「にじいろのペンギン」のテーマであり、唯翔が未来の瞳美に伝えたかったことなのかもしれませんね;;

スポンサーリンク

続編2期の可能性

さて、他の考察記事と同様に、「色づく」に関しても続編製作の可能性についても触れておきたいと思います。

うーん、ストーリー展開的に続編を作るのは難しそうですよね^^;

唯翔や魔法写真美術部のその後を「ご想像にお任せします」という具合にぼかしていることからも、OVAなどでその後の日常風景を描く!なんて可能性も低いかな~と。

ただ、「色づく」自体の続編製作はなくとも、凪あす、色づくに次ぐ「P.A.WORKS+篠原監督」第3作目が作られる可能性はあるんじゃなかなと思うんですよね…!

P.A.WORKSの美しい背景と篠原監督の丁寧な心理描写…ぜひまた見たいです!!

色づく世界の明日から13話(最終回)の感想

ついに終わってしまった(大絶望

中盤は物語の進行がスローペース気味で「尺足りるんだろうか…?」なんてちょっと心配していたんですが、いや~、最終話で綺麗にまとめてくれたな~という印象です!!

とても晴れやかな気持ちになれました…!

触れたい要素が多すぎて上手くまとめられそうにないので、とりあえず箇条書きで失礼します!

瞳美と唯翔のこと

お互いに惹かれ合っているのがわかっているからこそ、なかなか進展しない2人の関係にやきもきしたこともありましたが…きちんと想いを確かめ合えて本当によかったです!(号泣

色づく世界の明日から 13_5

©色づく世界の明日から製作委員会

▲唯翔くん、ちゃんと伝えられてよかったね…(母の目

瞳美と琥珀のこと

花火大会の場面で瞳美がおばあちゃんをぎゅっと抱きしめるシーンがあったのですが、個人的には13話で一番グッときた場面だったかもしれません。

1話では、突然「過去に行け」と言われて戸惑いながら、おばあちゃんに抱きしめる側だった瞳美。

13話では立場が逆になっていて、涙ぐみながら謝るおばあちゃんを優しく抱きしめてあげていたんですよね。

この対比が瞳美の成長を如実に表しているようで、たまりませんでした…;;

琥珀の祝詞

時間魔法の儀式で琥珀が口にしていた祝詞、とても素敵でした…!

「丘の上の学び舎よ」「星降る砂浜よ」「雨に濡れる坂道」「黄昏」と、まるで瞳美と魔法写真美術部のメンバーが共に過ごした日々を振り返っているようで…(号泣

やなぎなぎさんの挿入歌

瞳美と唯翔が互いの想いを伝え合うシーンでかかっていた、やなぎなぎさんの挿入歌…神曲すぎませんか?(真顔

早くフル尺で聞きたい…!

えええええ~なんてこった!!

首を長くして続報を待ちたいと思います;;

瞳美に起きた変化

未来に帰った後の瞳美は自分から同級生たちに話しかけたり、魔法写真美術部のメンバーたちにカメラの使い方を教えたりと、前向きに日々を過ごせているようでホッとしました…!

色づく世界の明日から 13_23

©色づく世界の明日から製作委員会

▲ラストの晴れやかな表情がとても印象的でした!

ずっとみんなで同じ時代を生きることは叶いませんでしたが…これからも瞳美と魔法写真美術部のメンバーたちが思い出を胸に抱きつつ、それぞれ幸せな人生を歩んでくれるよう願ってやみません。

みんな、どうか幸せになってね…(涙

さてさて、今回を持って色づく考察記事も最終回となります;;

見に来てくださった皆様、あたたかいコメントをお寄せくださった皆様、3ヶ月間本当にありがとうござました!!

来季も新しい作品を担当させていただく予定なので、またのぞきにきていただけたらうれしいです^^

それでは、また別の記事でもお会いできますように!

以上、わせでした^^

色づく世界の明日から感想・聖地・考察・解説記事まとめ
『色づく世界の明日から』の記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス3選

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたい3つのVODを紹介します。

ぶっちゃけ、この3サービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2700作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2700作品(2位と約900作品差)

過去作はもちろん最新作も一番網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、U-NEXTやアニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

Amazonプライム・ビデオ

月額料金 400円(税込)
無料期間 初回30日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数8000以上
Amazonプライム会員特典

見放題アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信に力を入れているサービスです。

2019冬アニメだと「約束のネバーランド」「ケムリクサ」「どろろ」「ドメスティックな彼女」「魔法少女特殊戦あすか」がAmazon独占となっています。

見ての通り、独占配信作品のチョイスが良いので、テレビ視聴ができない方にとっては外せないサービスとなってきているでしょう。

配信で最新作をなるべく網羅したいという方に、dアニメストア&NETFLIXと合わせての登録をおすすめします。

3サービスを併用すれば、深夜アニメの最新作の9割程度は見放題で視聴できますよ。(予算オーバーであればdアニメ+ネトフリor Amazon、もしくはdアニメ1つでも充分満足いくかと)

なお、「Amazonプライム・ビデオ」はAmazonプライム会員の特典の1つなので、既に会員の方は新たに登録する必要はありません。

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. のり より:

    のり、と申します。
    こんにちは、わせさん。いつも楽しみに読ませていただきました。

    本当に中身の濃い、最終話ですね。
    瞳美が戻ってきたとき、再起動した通信端末が「…時刻は、午後7時41分です。」とアナウンスしていましたので、瞳美の時間旅行はほんの10分足らずだったのですね。
    第一話で過去に飛ばされる場面で、瞳美の姿が消える場面が描かれていませんでした。
    もしかすると、意識だけ飛んだ瞳美のそばで、琥珀おばあちゃんは見守っていたのかも…なんて勝手に思っています。

    戻ってきた瞳美に対する琥珀おばあちゃんの「…一番近しい人たちを幸せにする事ができなかった。許してちょうだい。」「これでやっと…やっとあなたと話しが出来るわね。」
    の言葉が、私にはズキンときました。
    瞳美が母親の件でトラウマを抱えた一件に、琥珀が60年もの間、大きな責任を感じ続けて来たように感じ取れたからです。その理由を私なりに想像するに、やはり琥珀が一柳さんと結ばれたことが原因ではなかったかと。
    私の中では、一柳さんも実は魔法使いの血筋に見えています。で、魔法使いどうしが結ばれるのは、ある意味タブーだったのかなーと思うのです。その結果、瞳美の母親には魔法の力が十分伝わらなかったんじゃないかなぁ…と。
    しかしトラウマを抱えたままの瞳美にそれを話しても、理解してもらうのは難しい。そこで瞳美を立ち直らせるのと同時に、自分と一柳さんとの馴れ初めを見てきてもらってから全ての事情を話して謝ろうと、琥珀は考えたのかもしれません。

    部活メンバーについては、将くんとあさぎちゃん、そして千草くんと胡桃ちゃんについては、今も健在でいてくれているような気がしますが、唯翔くんについては、私もすでになくなっていた様に感じています。それも結構若いころに。
    瞳美が絵本を手にする頃、唯翔くんはすでに還暦を過ぎていたはずですが、彼が描いた絵本が、おそらくデビュー作となったあの一冊以外に、他にも有る様には見えなかったためです。
    唯翔くんが、ひとりぼっちで絵を描いていた幼いころの瞳美に出会ったとき、
    「川」を渡るための船や鳥、虹の架け橋などを描いて渡しても、瞳美には受け取ってもらえませんでした。逆に瞳美の方から一枚の紙を渡された唯翔くんは、今度こそ瞳美の心に届く絵を描こうと心に決め、あの作品を仕上げたのではないかと思うのです。

    あぁ、ほかにもまだまだ一杯あるなぁ…。
    これだけあれこれ勝手に想像して楽しめるのは、本当に「余白」がたっぷりと上手にとってある物語だからだと思います。
    見返してみるたびに新たな発見があるなんて、こんな作品はもう見られないかもしれませんね。

    • わせ より:

      >のりさん

      はじめまして!
      コメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      いつも読んでくださっていたとのこと…!
      ありがとうございます(´;ω;`)

      意識だけ過去に飛んだ瞳美を琥珀おばあちゃんが見守っていた、というのりさんのお考え素敵です!

      また、一柳さんも魔法使いの血筋説、大変興味深いです!
      魔法専門の古本屋をやっているくらいですし、一柳さんも魔法を使えるのかもしれませんね…!
      琥珀おばあちゃんが瞳美に謝るシーン、胸がギュッと締め付けられますよね(´;ω;`)

      それから、唯翔はかなり若い頃になくなっているのでは?という件、個人的にとてもしっくりきました…!
      その後絵本作家になり大活躍しました!よりも、渾身の一冊を書き終えて、すぐに…というルートの方が色づくっぽいかもしれませんね。

      のりさんがおっしゃるように、色づくは作品全体で“余白”を残してくれたぶん、視聴者それぞれが想像して楽しめる作品ですよね!
      見返すたびに新たな発見や、解釈の広がりがあり、何度も楽しめる…。
      本当に素晴らしい作品だったなぁと思います…!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      またどこかでお会いできますように(^^)

  2. ひろ より:

    あけまして おめでとうございます。 ひろです。
    最終話 よかったです。 唯翔の絵本を朗読するあたりは、今までの振り返りも兼ねており演出的にもよかったのではと思います。
     あと墓参りですが やはり唯翔のお墓なんでしょうね。もし存命であって77歳の唯翔じいさんと17歳の瞳美との再会の場面はあまりイメージしたくないのでこの決着でよかったと思っております。
     最終的にに自分のトラウマと向き合って 前に進もうとおもったことで魔法が解け色を取り戻すことができたのはよかったです。瞳美に新しい出会いがあることを願っております。
    3か月間ありがとうございました。

    • わせ より:

      >ひろさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      瞳美が唯翔の絵本を朗読するシーン、グッときますよね…(´;ω;`)
      まるで、これまでの瞳美と部活メンバーの歴史を振り返っているようで素敵でした!

      ひろさんがおっしゃるように、60年後の唯翔と高校生の瞳美が再会するシーンを想像すると…ちょっと複雑な心境になりますよね(^^;
      私も作中で見せてくれた着地点でよかったと思います。

      未来に帰った瞳美の晴れやかな表情を映して終わる、というラストもよかったですよね!
      これからの瞳美の人生が幸せであふれるよう願ってやみません。

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また、毎回のコメント本当に励みになりました!重ねて御礼申し上げます…!
      またどこかでお会いできますように(^^)

  3. しあんばし より:

    いつも楽しみに読ませて貰っていました。

    とても美しく素敵な最終回でしたね。
    それもあって、ここからの続編は作り難いだろうなとも思いました。
    ただ、色々回収できていない伏線も残っているように思えて、また、
    瞳美のこれからの幸せに唯翔くんというピースが入っていないと考えること
    の方が素直な気持ちとして不自然だと感じました。
    お互いの気持ちを伝え逢ったとき、瞳美は
    「唯翔くんがわたしのこれからに魔法を掛けてくれた」
    といっていましたよね。もしかすると、あの時、自覚なしに瞳美が唯翔くんに
    なにか魔法を掛けているのでは・・・、と感じました。
    「苦しくても、叶わなくても、大切な気持ちは決して消えない」ことは
    瞳美にだって同じ気持ちなはずなのですから。
     あの黄金の魚は、閉じた心の闇を渡るだけなのかな、過去につながるのなら、
    未来をつなぐ時を渡ることだってできるはずなのではって。

    だから、唯翔くんが早くになくなっているだろうなと私的に思っていた通りに
    なって、もしかすると、って思っています。

    2月からDVD発売だそうなので、ぜひ買いたいなってお年玉貯めています。

    ありがとうございました!

    • わせ より:

      >しあんばしさん

      はじめまして!
      コメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      また、いつも読んでくださっていたとのこと…!
      ありがとうございます(´;ω;`)

      本当に素敵な最終回でしたよね!
      瞳美の「唯翔くんが私のこれからに魔法をかけてくれた」のセリフ、作品に合っていて印象深かったです。
      その時の瞳美は無意識のうちに唯翔に魔法をかけたのかも?というしあんばしさんの解釈、とても素敵だと思いました!

      確かに、しあんばしさんがおっしゃるように、金色の魚は過去だけでなく未来にも渡れるかもしれませんね…!
      過去と未来、別々の時を生きながらも「大切な気持ち」を持ち続けるであろう2人が、金色の魚の導きによってなんらかの形で再開する…なんて妄想が膨らみます!

      円盤発売楽しみですね!
      個人的に、アマゾン限定の録り下ろしドラマCDの内容がめちゃくちゃ気になります!
      唯翔の絵本も特典についたりしたら胸熱ですよね(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      またどこかでお会いできますように(^^)