ロード・エルメロイⅡ世の事件簿9話感想・考察・解説!トリシャの目が無事だった件【アニメ】

皆々様こんにちは。

『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』担当のgatoです。

前回は謎のサーヴァント「ヘファイスティオン」が登場し、彼女との戦闘でロード・エルメロイⅡ世が負傷。

さらに獅子劫とルヴィアの調査で聖遺物を盗んだ犯人が現代魔術科の「身内」であることが判明しました。

どんどん謎が深まる中、今回で事態が急変。

おまけにまた新たな謎が出てきてしまうようです。

もう真実が何なのかすっかりわからなくなっていますけども(笑)。

めげずに今回も振り返っていきましょう!

スポンサーリンク

死徒の森「腑海林(アインナッシュ)の仔」

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、アインナッシュ

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

今回は魔眼蒐集列車が丸ごと死徒の巣窟である「腑海林の森」に移動させられるという大事件が起きました。

森を焼き払おうとした魔術師の乗客3人をあっという間に根っこで刺し貫き、メルヴィンのヘリを落とし、道標を作っているフランプトン達に襲い掛かるなど、なかなか恐ろしい場所でしたね…。

ロダンのいいぶりだと「線路に細工がされていた」とのこと。

つまり犯人は意図的に腑海林の森に魔眼蒐集列車を誘導したことが窺えます。

ただ目的はイマイチよくわからない…。

魔術師を始末しようとしていたというより、あの場所に足止めしたかった感じですかね?

ところで、気になるのが魔眼蒐集列車が止まった際の化野の台詞。

「予測の未来視なら全く前振りのなかった事故は見抜けない」

つまり前振りがない出来事に関しては予測の未来視は役に立たないということでしょうか。

だとしたら、未来視ができるトリシャでも何らかの手段を用いれば悟られずに命を奪えることになりそうですね。

そしてサーヴァントであるヘファイスティオン以外にも実行できる可能性が出てきます。

具体的にどうやるかはちょっとわからないですが(笑)。

スポンサーリンク

ヘファイスティオンの不自然さ

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、「ロード・エルメロイⅡ世」

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

グレイ、オルガマリー、カウレスの会話で明らかになったのがヘファイスティオンのサーヴァントとしての「不自然さ」でした。

確かにクラスではなく真名の「ヘファイスティオン」を平気で名乗るのはおかしいですね。(というか『Fate』シリーズを見ていればすぐわかったことですね(笑))

実際真名をいえば対策を立てられやすくなります。

そこを踏まえると、ヘファイスティオンは「真名を知られてもリスクがない」ことがわかります。

そうなると、「ヘファイスティオン本人ではない」という可能性が出てきますね。

また、召喚に関しても「Invocation」という興味深いワードに関する挿話が出てきました。

ヘファイスティオンに関してはInvocationではないという結論でしたが、故人を肉体に宿すという点ではグレイも近しいものがありますね。

もちろんグレイはInvocationではないでしょうけど、わざわざこの話が出てきたということはヘファイスティオンかそのマスター、あるいはグレイと何か関係がありそうな気もします。

後、余談ですけどフラットがいう「マンガの神様」って手塚治虫じゃないよな(笑)。

実際彼には未完の遺作がありますし(笑)。

本当に手塚治虫だとしたらネタがさりげないなー(笑)。

スポンサーリンク

「夢」を憎む女

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、ヘファイスティオン

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

ヘファイスティオンといえば冒頭のシーンが印象的でしたね。

『Zero』でも度々出てきた最果ての海(オケアノス)が描写されていましたが、そこでヘファイスティオンは「夢」と割り切れず、「夢」を手離さなかったイスカンダルに怒りを露わにしています。

これだけを見ると、ヘファイスティオンはイスカンダルに対して心から忠誠心を持っていない感じがしますね。

でも彼女はロード・エルメロイⅡ世の前で「腹心」と名乗っている…。

どうやらイスカンダルに対してはなかなか複雑な感情を抱いているようです。

7年前の首なし事件

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、「ジャンマリオ」

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

今回は獅子劫とルヴィアの捜査にも進展がありました。

ゾンビを撃ちながら料理を仕上げるという謎の番組をやっているジャンマリオ・スピネッラの情報によると、トリシャの事件は7年前に7人の魔眼の持ち主が犠牲になった事件と酷似している模様。

7人の魔眼の持ち主の命を奪うだけでなく、首を持ち去っている…という点を見ると、やはり犯人は魔眼に強い執着を持っているようです。

ただ、なぜ7年経ってから同じようなことを事件を引き起こしたかはまだわからないですし、そもそも終息したのなら犯人は逮捕されるなり始末されるなりされたはず。

だとしたら同一犯ではない可能性もありますね。

うーん…他にも色々事情がありそうですね。

一方で、7年前の事件の情報と同時に新たな事実が発覚。

なんとトリシャが7年前の事件を調べていたということ。

どうやら今回の事件でトリシャが犠牲になった理由は7年前の事件と大いに関係がありそうですね。

同じやり方で命を奪われたところを見ると、7年前の事件の同一犯か、あるいは事件に深く関係している人物が犯人である可能性が高そうです

トリシャの首と謎の術式

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、「トリシャの首」

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

終盤ではオルガマリーが見つけた次元ポケットからトリシャの首が出てくるという印象的なシーンがありましたね。

なかなかショッキングな映像でした(笑)。

ただ、気になる点が2つ。

一つ目は「トリシャの両目が無事だった」、二つ目は「オルガマリーに解除できる術式」です。

トリシャの両目が無事だった点を見ると「そもそも犯人は魔眼に興味がない」という説も浮上します。

しかし、7年前の事件を踏まえると魔眼に興味がないというのは少し難しいところ。

それにオルガマリーのみが気づき、解除できるフェローズ家の術式を利用していたところを見ると、トリシャ自身が仕掛けた可能性の方が高いでしょう。

つまりトリシャが魔眼を犯人から守るために首を刎ねられても術式で隠せるようにした…という説が出てきそうですね。

うーん、でも首を刎ねられているのに首を隠すなんてそんな芸当ができるのか(笑)。

でもいいか、魔術師だし!(笑)。

それにさりげなくあの歓喜仏らしきペンダントも映されていましたし、あれの力を使ってどうこう…って可能性もありますしね(笑)。

何はともあれ、別の人間とトリシャが入れ替わっている説はこれで潰れましたね。

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿7話感想・考察・解説!未来視できるトリシャがなぜ被害者に?【アニメ】
皆々様こんにちは。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』担当のgatoです。 前回は女子会メインの箸休め的なエピソード...

動き出す化野

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、「化野」

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

トリシャの首を見つかったのもつかの間、続いて化野がオルガマリーの元に出現します。

監視の蛇を忍ばせていたり、「見つけてくれた」という台詞を見る限り、どうやらトリシャの首があそこにあることを察知していたようですね。

だとしたら化野はトリシャの首…もとい魔眼を狙っていた可能性が高いですね。

そしてトリシャの首を刎ねたのは化野である可能性が…。

うーん、でも化野犯人説はちょっと安直な気がするんだよなぁ(笑)。

それに化野はロード・エルメロイⅡ世を「囮」にすると言っていましたからね。

自分が起こした事件を囮に解かせる…なんてことをする理由がないですし。

第一、今回の化野は謎が多すぎる(笑)。

魔眼蒐集列車が止まった際にも「さすが我が古巣」なんて言葉を言っていますし。

古巣ってどこのことなんですかね?

それに化野が読んでいた資料、フランプトンの写真が載っていましたが「Case 07(7番目の事件?)」という言葉や「ジェームズ・キャベンディッシュの体が見つかった」みたいな文があったところを見ると、どうやら7年前の事件の資料っぽいですね。

そしてその資料によると凶器は「a sharp blade(鋭い刃物)」…。

だとしたらフランプトンは7年前の事件の関係者って可能性が…。

うーん、これまた色々複雑になってきましたね(笑)。

まだ確信的な伏線を見つけられていないので、今回はこれくらいにしときましょう(笑)。

ひとまず次回の化野の行動に注目です。

スポンサーリンク

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿第9話感想

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿、第9話、「メルヴィン」

© 三田誠・TYPE-MOON / LEMPC

7年前の事件が出てきたことでますます謎が複雑かつ重厚なものになりましたね。

さらにトリシャの首が発見され、化野の行動でますます事件が混迷の只中に…。

折り返し地点にきたなーって感じがしますね(笑)。

一方、フランプトン、イヴェット、そして飛び入り参加のメルヴィンのドタバタぶりは印象的でした。

意外な組み合わせにビックリ(笑)。

前にイヴェットがフランプトンと一緒にいたという話があるので、この二人は何らかのつながりがある印象だったのですが…。

結局はそこは語られなかった。。。

他方でグレイはヘファイスティオンと二度目の対戦!

グレイのポテンシャルがいかんなく発揮されていましたね。

この二人の戦いがどんな決着を迎えるのかも気になります。

次回に注目ですね!

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿8話感想・考察・解説!ヘファイスティオンの目的と正体【アニメ】
皆々様こんにちは。 『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』担当のgatoです。 前回から遂に「魔眼蒐集列車編」がスタート...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. てけり・り より:

    いや~、まだまだ残暑が厳しいですね。
    どうも、宜しく御願いします。

    今日は真面目に。
    トリシャ関係では進展が有りました。これでトリシャ生存説は、ほぼ無くなりましたね。
    それと、トリシャの歓喜仏みたいなペンダント。何故あれを金色のブローチと勘違いしたのか?。
    7話を見直したら、ペンダントは銅色で、普段はトリシャの服の襟に隠れているようですね。いや~、失敗失敗。

    >トリシャの事件は7年前に7人の魔眼の持ち主が犠牲になった事件と酷似している模様。

    これ、トリシャも最近、調べていたようですね。おそらく、彼女が未来視で見たと言う、虹の魔眼と関係がある気がする。
    虹と言えば「七色」、「七色=七人」、とすれば、虹の魔眼とは「七人の魔眼の集合体」ではないだろうか?。
    つまり、虹の魔眼を人工的に造り出し、根源に至ろう、と言う魔術師の動機に繋がらないだろうか?。と、考えると(妖精眼で妖精界行った奴もいたしなぁ)。

    >同一犯ではない可能性もありますね。
    >7年前の事件の同一犯か、あるいは事件に深く関係している人物が犯人である可能性が高そうです

    私は、今と昔の事件は、同一犯だと思います。七年前の事件で、虹の魔眼を完成出来なかった犯人が、トリシャの魔眼で虹の魔眼を完成させる。それが今のトリシャサツ害事件の動機じゃないかな???。

    >トリシャ自身が仕掛けた可能性の方が高いでしょう。
    つまりトリシャが魔眼を犯人から守るために首を刎ねられても術式で隠せるようにした

    これは、トリシャ自身が、フェローズ家の術式を使い、仮称「四次元ポケット」に自分の首を隠したが正解でしょう。
    歓喜仏のペンダントは、首が本物のトリシャの首と言う演出でしょう。

    >うーん、でも首を刎ねられているのに首を隠すなんてそんな芸当ができるのか(笑)。

    まぁ、前もって準備しとけば可能ですよね。トリシャの未来視でⅡ世がグレイの転倒をその腕で受け止めた様にね。
    つまり、トリシャは自身のタヒを、その未来視で見ていた事になる。
    だから彼女はその首が何処に落ちるか正確に知っていた(重要!)。
    ゆえに、彼女は彼女の首、未来視の魔眼が奪われるのを避ける為、彼女が生きている内に、あんな中途半端な位置に、(仮)四次元ポケット(しかも、オートロック)を設置できたのであろう。
    フランプトンが過去視の魔眼に囚われるのが恐ろしい。と、言うような事を言っていたが、トリシャ自身もまた、未来視の魔眼に囚われていたのでは?、と考える。
    そして、その運命をうけいれた……。
    第七話のカウンターバーでのトリシャとⅡ世の会話も、トリシャ側の会話で聞いてみると、なかなか感慨深い物があり、あながち、この推理は正しいんじゃないか?、と思えてくる。

    >そしてトリシャの首を刎ねたのは化野である可能性が…。

    う~ん、化野はねぇ、あれ、完全にミスディレクションに向かわせるキャラじゃないかな?。
    むしろ七年前の事件を終息させ(聖堂教会と協力して)、それ以来、首キリ犯人と虹の魔眼を追っている捜査官役なんじゃないかなぁ~。と思っている。

    では、その犯人は誰か!?。と言うと、
    「今はまだ、それを語る時では無い。フッ」
    とだけ言っておこう。
    (いや…、まだ、解らないんですぅ~。)
    では、これにて、さようなら~。

    • gato より:

      てけり・りさんコメントありがとうございます!

      >虹と言えば「七色」、「七色=七人」、とすれば、虹の魔眼とは「七人の魔眼の集合体」ではないだろうか?。

      この発想はさすがですね!

      なるほどなー、虹の魔眼を人工的に作り出すために7年前の事件が起こされたというわけですね。

      だとしたら、仮に7年前の事件と同じ犯人が今回の事件を起こした場合、トリシャが犠牲者(8人目の)になったのは虹の魔眼作成とはまた別の動機になるわけですかね?

      まぁトリシャが色々調べていたのだとしたら、色々不都合な真実を隠すためと見るのが妥当なのでしょうが…。

      >フランプトンが過去視の魔眼に囚われるのが恐ろしい。と、言うような事を言っていたが、トリシャ自身もまた、未来視の魔眼に囚われていたのでは?、と考える。

      まぁトリシャが「視覚」について色々語っていたところを見ると、彼女もまたフランプトンと同じような一面があったと考えるのは筋でしょうね。

      常に未来に囚われ続けるトリシャが自らの最期を受け入れる際にどんな葛藤があったのか、気になるところです。

      >う~ん、化野はねぇ、あれ、完全にミスディレクションに向かわせるキャラじゃないかな?。

      やっぱそうですよね(笑)。

      ただ事件が起こることを予期していた節はあるし、事件の核心や黒幕について重大な情報を握っているのかなぁとは思います。

      >では、その犯人は誰か!?。と言うと、「今はまだ、それを語る時では無い。フッ」

      同じく!(笑)。

  2. 名無し より:

    >そしてサーヴァントであるヘファイスティオン以外にも実行できる可能性が出てきます。
    >具体的にどうやるかはちょっとわからないですが(笑)。

    個人的には、ヘファが使ってた強制の魔眼が怪しいかなと思います
    あれなら本来なら殺意の無かった人に犯行を強制できますし、
    殺意が無かったのだから、予測の未来視で見抜くのは難しいかなと

    >確かにクラスではなく真名の「ヘファイスティオン」を平気で名乗るのはおかしいですね。

    まあ、イスカンダルは盛大に自分から真名を明かしてましたがw
    ここで、わざわざ不自然さを強調する辺り、何かあるんでしょうね
    イスカンダルと違ってクラスの方は明かしませんでしたし

    >うーん、でも首を刎ねられているのに首を隠すなんてそんな芸当ができるのか(笑)

    自分が首を刎ねられて死ぬ未来を見ていた(犯人や犯行時間が見えなかったとしても)のだとしたら事前に準備する事は可能な気がします
    ただ自分が死ぬ可能性をオルガマリーに伝えなかった謎が残りますが

    • gato より:

      名無しさんコメントありがとうございます!

      >個人的には、ヘファが使ってた強制の魔眼が怪しいかなと思います

      なるほど、強制的に相手に行動させる魔眼なら従来とは違うアプローチで犯行を実行できますね。

      ただ過去視にも映らなかったところを見ると、単純に自分で自分の首を刎ねさせた…ってわけではなさそうですね。

      >まあ、イスカンダルは盛大に自分から真名を明かしてましたがw

      確かに―!(笑)

      アイツ堂々と名乗りを上げていましたね(笑)。

      >ここで、わざわざ不自然さを強調する辺り、何かあるんでしょうね

      個人的にヘファイスティオンが「ヘファイスティオンであること」に屈託があるような気がします。

      >ただ自分が死ぬ可能性をオルガマリーに伝えなかった謎が残りますが

      そこは確かに謎ですね。

      オルガマリーを初めから度外視していたならともかく、彼女にあれだけ慕われていたトリシャが全くノータッチで行動するのは少し不思議です。

      実際虚数ポケットはオルガマリーにしか開けられない仕様でしたし。

      オルガマリーに頼りつつ、秘密を作らざるを得ない事情があったのでしょうね。