ゴールデンカムイ2話感想・考察・解説!土方歳三って何歳設定?

ごぉるでんっ…かむぅううううい!

こんにちは!はれこです。

ゴールデンカムイ第2話です!

少しコミカルな要素も入ってきて、尚のこと登場人物がいとおしくなってきましたねー♪

アシㇼパさんの脳みそを進めてきた時の顔もかわいいし、大の大人が抱き合って喜ぶのもかわいいです!

アシㇼパさんったら…食いしん坊さんなんだから…!

ヒンナヒンナ♪

では、今回は少し歴史的な解説も含めて考察していきたいと思います。

アイヌと日本人の歴史について

今回の第2話だけでもいくつかアイヌに対する酷な見方を感じる場面が多く見られました。

GoldenKami Sugimoto angry

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

アシㇼパさんは「慣れている」と一蹴しましたが、当時の日本人とアイヌの関係はどのようなものだったのでしょうか。

明治政府の同化政策

事前記事でも少し触れましたが、明治政府は屯田兵を北海道へ送ることにより、北海道の開拓を進めました。

ゴールデンカムイ(アニメ)感想・考察・解説記事まとめ
ごぉおおぅるでんっ…かむぅううい!!(CM風) こんにちは!はれこです。 2018年4月から放送開始のゴールデンカム...

その際に、アイヌ民族は同化政策を強いられました。

具体的に言うと、狩猟の禁止入れ墨の禁止野蛮だとされました)、日本人風の名前の強要…など、アイヌの文化を弾圧する政策を取ったのです。

現在の「北海道」という地名もこの頃に付いた地名で、元は「蝦夷」という北方に住む人を軽視した呼び名でした。

…これだけでもかなり劣悪な状況ですよね。

小樽で聞き込みをしている最中に、アシㇼパさんが身売りされそうになっていましたが、それくらいのことは普通にあったのでしょう。

アイヌの入れ墨

身売りされそうになった時に、「アイヌの女は年頃になると口の周りに墨を入れるらしいが…」と話していました。

GoldenKami Ashilipa miuri

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

アイヌと入れ墨は密接な関係があり、アイヌの女性は初潮を過ぎた頃から腕や額などに入れ墨を施しはじめ、結婚後、男性のひげあるいは蛇を模して口の周りに入れ墨を入れる習慣があります

詳しくないので断定はできませんが、アイヌのおしゃれであり、神聖な儀式なのかもしれません。

アシㇼパさんも年頃になったら入れ墨を掘るのでしょうか?

土方歳三が生きてたら何歳?

新選組鬼の副長「土方歳三」は、史実では函館戦争で討たれたとされていますが、実際にこのゴールデンカムイの舞台で生きていたとしたら、何歳なのでしょうか?

GoldenKami Hijikata oni

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

土方歳三は1835年生まれの1869年の函館戦争で没したことになっています。

対して日露戦争は1905年に終戦。

日露戦争が終わってからしばらく経っているので…少なくとも70歳以上…?

この時代の70歳って結構長生きですよね…?

ましてや、独房で70過ぎまで生きてるってやっぱり化物じみてますねぇ

どういう経緯で「のっぺらぼう」と手を組んだのでしょうか。

うーん、土方歳三がこの年になって脱獄する理由も謎ですよね?

土方サイドにも、金塊はもちろんですがそれ以外にも政治的な目的がありそうです。

今回のアイヌごはん!チタタㇷ゚

何気に料理漫画としての側面もあるという原作ですが、開始2話目でアイヌごはんが紹介されました♪

その名も…チタタㇷ゚!

GoldenKami titatap

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

「我々が刻むもの」という意味の料理なので、リス肉とは限らないそうです。

小動物やサケなどの魚を叩きにして食べるとのこと。

つみれ汁おいしそう…!

リスなど身近にいないですし、食べる習慣もありませんが、でも確かに言われてみれば…草食動物はおいしいと言いますものねぇ。

ゴールデンカムイ第2話感想

脱獄王・白石さんも登場し、とてもかわいい一面も見れた回でした。

大の大人が抱き合って喜んじゃって…笑

でも、自然の驚異に協力して立ち向かえば、仲良くもなっちゃいますよね。

一気に氷点下30度になるなんて恐ろしい現象ニプシフム…!

GoldenKami Fujimi no Sugimoto w

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

デイアフタートゥモローみたいです。

緒方さんとの戦闘シーンも、軍人ならではの戦い方をしていて、緊迫感がありました。

銃のボルトを瞬時に抜く判断をするとは…!

GoldenKami battle ogata

©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

そして、他の人がアイヌのアシㇼパさんを悪く言うのを、杉元さんが止めたり諫めたりする描写がとても頼もしいです。

杉元さんのような、アイヌ民族を擁護するような対応はこの時代には珍しかったのかもしれません。

アシㇼパさんは年下の少女ですが、きちんと敬意をこめて「アシㇼパさん」と呼ぶのが更に好感持てます。

次回からは第7師団が動き始めそうですね。

次回の展開も楽しみです!次回もお会いしましょう!

コメントお待ちしてます!

最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする