東京リベンジャーズ15話感想・考察・解説!バジの踏み絵は「苦肉の策」?

こんにちは。くらむBONです。

この記事は東京リベンジャーズのアニメ15話について、原作未読勢が考察していくシリーズです。

15話ではトーマンとバルハラの組織構成が溝中5人衆のヤマギシによって解説され、タケミチは一虎によって連行されたバルハラの本拠地で、バジの踏み絵を目撃しました。

前回考察した内容の、答え合わせ回が早くも来てしまい、なんというタイミングと驚いています。

今回は前回の考察内容の答え合わせをしつつ、謎に包まれたバジの行動について考察していきます。

原作既読の皆さんは未読ライターの考察を愉悦交じりでお楽しみください。

スポンサーリンク

タケミチの泣く頃に解「力明し編」

東京リベンジャーズ 15話 タケミチ泣き

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

前回考察した部分の解答について、考察と作品の不一致部分についてまとめてみましょう。

前回記事はこちらからご覧ください。

東京リベンジャーズ14話感想・考察・解説!トーマンとバルハラの組織比較
こんにちは。くらむBONです。 東京リベンジャーズのアニメ14話について、原作未読勢が考察。 マイキーがバル...

原作未読勢なのでこういうこともあるんだなと、苦笑いが止まりません。

トーマンの内部事情・考察答え合わせ

東京リベンジャーズ 15話 トーマン幹部

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

まずはトーマンから見ていきましょう。

トーマンの内部事情・考察答え合わせ
弐番隊:ペーやんが編入。(タケミチも弐番隊だが、ペーやんが苦手)
参番隊:隊長キサキ・メビウスから50名をつれて移籍。(元三番隊を含め計70名)
隊員数:70名程度?→参番隊を除けば80名。各隊の構成が1部隊20名。計150名

この人員割り振りだとキサキの勢力がトーマンの構成員の約46%を占めているので、既に№2としての地盤が出来てしまっていますね。

ヤマギシの情報ではキサキは外部からスカウトされてトーマンに入隊しているのですが、この編成は悪手と言わざるを得ません。

キサキの子飼いの部下を別の隊に再編成していないのは、マイキーもキサキの勢力を警戒しているためではないかと考えます。

バルハラ(連合)内部事情・考察答え合わせ

東京リベンジャーズ 15話 バルハラ副長 半間

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

バルハラはどちらかというと走り屋チームというより、チーマーといった雰囲気ですね。

ジャケットがホワイトカラーなので、カラーギ〇ング系統だと推察出来ます。

バルハラ(連合)内部事情・考察答え合わせ
総長:首のない天使(正体不明)
№3:羽宮一虎・6人目の卍会創設メンバー。(中3、少年院帰り。)
不明:キサキ卍会参番隊隊長・卍会へ潜入?(旧メビウス50名と卍会へ)
傘下:新宿メビウス(50名ほか)
連合:(メビウス込みで約300名)

一虎はやはりトーマン創設メンバーの6人目でした。

バジの回想で過去のエピソードが始まりそうで、何故一虎がトーマンを離れたのかは次回で明かされるようです。

一虎のマイキーへの敵対心から察するに、一虎が少年院に入るキッカケだったのではないでしょうか。

バジのセリフでは中一の夏に起こった事件があったと言っているので、一虎の少年院行きと一致しています。

スポンサーリンク

バジの踏み絵は苦肉の策?

東京リベンジャーズ 15話 バジ  踏み絵

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

バジの行動には不可解な部分が多く、裏切りに関して動機の部分がいまいち理解できませんでした。

15話でマイキーという神を裏切る踏み絵を行ったバジの行動から、私はある事例を連想しました。

マイキーにとって一番の腹心であるバジの裏切りなのですが、副隊長を殴っているバジの姿に既視感があって、それは古代中国の三国志に出てくる「苦肉の策」です。

「苦肉の策って何それおいしいの?」

東京リベンジャーズ 15話 マイキー12歳

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

苦肉の策は三国志のクライマックスで、映画「レッドクリフ」などでも描かれた赤壁の戦いで行われたとされる戦術です。

苦肉の策とは?
敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと。また、苦しまぎれに考え出した手立て。苦肉の謀(はかりごと)。「苦肉の策を講じる」
引用:デジタル大辞泉

苦肉の策ってなにそれおいしいの?」という方に、12歳マイキーでもわかるように赤壁の戦いの概要を簡単に説明しましょう。

赤壁の戦いの概要・バジは周瑜?

東京リベンジャーズ 15話 バジ

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

大昔の中国でたくさんの有力な武将が王を名乗っていた時代に、最強国家「魏」と戦争をすることになった地方の国「呉」は、赤壁と呼ばれる地で国の存亡をかけた決戦を行います。

決戦を前に、呉で最も忠誠心が厚く古参の「黄蓋」という武将が、司令官「周瑜」にムチ打ち(大昔の中国のムチとは板状の棒の事です)の刑に処せられ、部下を引き連れて魏への裏切りを約束しました。

そこで、魏の大将「曹操」は黄蓋の裏切りを受け入れ、配下とすることにします。

黄蓋は魏へ船で軍勢を率いて近づきますが、その船には燃えやすいワラ束が積まれていました。

その船に火を放った黄蓋は魏の軍勢に攻め寄せ、赤壁から追い払うことに成功します。

これらは全て周瑜の策略でした。

この場合、バジは周瑜の役割なのでしょうね。

すべてはバジの計略?

東京リベンジャーズ 15話 EDタケミチ

Ⓒ和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

私は次のような疑問を持っていました。

バジ脱退時にマイキーや、他の幹部たちは何故バジの好きにさせたのか

戦力的にバルハラの半分のトーマンは、謎のバルハラ総長の人物像を暴くためにバジを潜入させた。

もしくはトーマンを守るためにバジが単独でバルハラの総長を狙い討つために潜入したと考えると、解決できそうな気がします。

殴られているのが一番隊の副隊長で、バジ自身が殴られた訳ではないので、厳密には「苦肉の策」とは違いますが、バジが何らかの目的で潜入するとすればこういう計略もあるのかも知れないと考えました。

「バジ=周瑜」の裏切りは敵を欺くには味方からと考えていて、殴られている「副隊長=黄蓋」が策として織り込み済みなのかもしれません。

副隊長はEDにも登場していますね。

もしそうだとすれば、彼がこの作戦の最大の功労者になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ第15話感想まとめ

前回感想で謎だった部分の解答が得られたので、こういう事かと腑に落ちる回収があって、ファンとして一安心しました。

今回はトーマン側の戦略として考えているバジの行動の謎な部分について考察してきました。

バジにしてみれば、一兵隊のへなちょこタケミチがバルハラの本拠地にくることは計算外で、邪魔以外の何者でもなく、内心ひやひやしていたのではないかと感じました。

そう考えるとバジの「4にてえのか」発言は、タケミチの思っている内容とは少し違う気がします。

トーマンとバルハラの騙し合いはどちらに軍配が上がるのでしょうか?

バルハラとの抗争が単なるケンカ祭りだけではなさそうなので、次回以降の展開が気になりますね。

ではまた。

ばいばい。

▼東京リベンジャーズの記事はこちらにまとめてあります

東京リベンジャーズ感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】
アニメ「東京リベンジャーズ」の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    >トーマンとバルハラの騙し合いはどちらに軍配が上がるのでしょうか?

    この考察がさも確定事項であるかのようにw
    まあ抗争に関してはあんまり考え過ぎずに見たほうがいいですよ。この作品の主要キャラは所詮10代のしかもヤンキーなので、頭脳戦・心理戦による駆け引きを期待してるなら残念ですがそういうのはないです(キサキは別として)。あくまで東卍は常に敵に仕掛けられる側なのでどうしても色々と対応が後手になりますし。
    武道も頭が良いキャラではないので、この先「いやそれを○○に○○すればいいだけじゃん」みたいな展開が結構あって人によっては大分イライラすると思います。色々頭使って考えるのが好きな人は特に。