ポプテピピック9話の感想・考察!刀剣男子率の高さとゴリラフィルムという狂気

ごきげんよう。模造紙です。

今回のポプテピも舐め上なクソ具合が凄まじかったですね…!!

しかし、担当声優さんの技量のためか、構成もしくは脚本のせいなのか、全体的に大人しめの雰囲気でした(←毒されている)

30分アニメで、英語と沖縄弁とフランス語が入り混じるのも相当珍しい!

そして、新たなクリエイター・ゴリラフィルム…!!

第二のAC部になりそうな気配がプンプン漂っています…ごくり…。

スポンサーリンク

ゴリラフィルムとは?

有名な作品を多数手掛けている制作チーム!

9話で初参戦となった映像制作チーム・ゴリラフィルム。

とりあえず団体名のインパクトが凄くて、一度見たら(聞いたら)忘れられないレベルじゃないでしょうか。

▼ヘルシェイク矢野とか

ポプテピピック7話の考察!再放送&声優変更システムの理由
ごきげんよう。模造紙です。 ポプテピ7話の放送前となる昨日。フィギュアスケート羽生君と宇野君がメダル獲得。 そして藤...

エイサイハラマスコイ踊りに匹敵する謎の中毒性がある 笑

作風も妙にリアルな心臓と手のショートショートコント(?)で、控えめに言って闇を感じるよね!

ポプテピピック バラバラタイちゃん

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

原作未読なので、どの程度まで原作準拠なのかは不明なのですが、アニメタッチではなく実写寄りに作っちゃうところが、狂気を秘めているとしか言えない。

ツイートでもウホウホ言っていますね。こういうの嫌いじゃないよ 笑

闇芝居も担当

▼最近だと闇芝居や

闇芝居5期1話の感想・考察・解説!間違い電話の相手と隠された真実
どもども!! 初めましての方は、初めまして!! お久しぶりですの方は、お久しぶりです!お元気でしたか? “世界...

ニトロプラスやKADOKAWA関連の映像制作もされています。

高い技術力を持っている映像制作チームというのは確かですが、さすがにパラバラタイちゃんは癖が強すぎない?

違ったテーマの作品も見て見たいなー。題材がアレだからヤバくなったのかもだし…(震え)

残り3話ですが、再登場を激しく希望したいと思います!

スポンサーリンク

9話は刀剣男士率が高い

▼実は、過去に活撃とうらぶの記事も担当しておりまして

活撃 刀剣乱舞13話(最終回)を考察!時間遡行軍は刀剣男士の成れ果て?
ごきげんよう。模造紙です。 最近、我が家の末っ子が靴を履いて外歩きを始めたのですが、乳幼児の一年間って一生の間で最も密度が濃く...

一応、審神者やってます。(にわかですが)

今回のポプテピは異様に刀剣男士率が高いのが気になったので、自分用の覚書として書いておきますね←

Aパート ジョセフ(少年):村瀬歩(小夜左文字)

Bパート ポプ子:斉藤壮馬(鶴丸国永、鯰尾藤四郎)

Bパート ピピ美:石川界人(歌仙兼定)

Bパート ジョセフ(大人):新垣樽助(へしきり長谷部、長曽祢虎徹)

BパートED ポプ子:増田俊樹(加州清光)

す ご く な い で す か …… !?

ちなみに、過去話の担当声優さんも刀剣男士CVの方が多く

鳥海浩輔(三日月宗近)、大典太光世(浪川大輔)など、刀剣男士の被害者率めちゃめちゃ高いww

↓面白いツイートを発見したので貼っておきますね!これわかりやすい!

村瀬歩さんはバイリンガル

Aパートジョセフ(少年)の英語が素晴らしくキレイで流暢でしたが、担当されていた村瀬さんって帰国子女のバイリンガルだそうです。

ポプテピピック ジョセフ 少年

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

つまり英語ペラペラのネイティブなわけですが、声の仕事では声優として勝負したいという考えから、敢えて英語を喋る役どころは避けていたんだとか。

そんな村瀬さんが、よくこんなクソアニメの仕事を引き受けてくれたなと感心するしかないのですが、大人の事情とか、共演声優さんとの繋がりとか…まぁ色々あるのでしょうね。

スポンサーリンク

ポプテピビック9話の感想

ちなみにBパートの沖縄弁担当の新垣さんもネイティブ(沖縄出身)ですよ!

奇想天外なことばかりやらかす作品ですが、さすがに吹き替えの発想はなかったわー。

再放送システムがあってこそ光る手法ですね。

ダンスは一体どの部分だったのか結局わからずじまいでした 笑

そして有名すぎるネタが随所に盛り込まれていましたが、時間が超短いために確認が十分に追いつかないというwww

にしても、もう大御所出演はない感じなのかな。

最初がクライマックスで、むしろ今が通常営業ってことなんだろうか…よくある「3話までは見てみてね」という視聴者を繋ぎ止めておくための巧みな手法だったとも考えられる…クソアニメならあり得る。

とりあえず、9話はゴリラフィルムというアクが強すぎるクリエイターチームの存在を知れたのが一番の収穫!

そして安定のボブネミミッミ。謎の安心感がありますね。フンフンディフェンス懐かしい。

AC部とゴリラフィルムの作品が拝めると信じて、来週もモニター前待機です! 笑

それではまた次回!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信始めます!

記事は楽しんでいただけたでしょうか?

ここでお知らせなのですが、この度なんと当サイト管理人のぶがYouTube生配信を始めることになりました!

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を発信していきます!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、応援よろしくお願い致します!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしているのぶです。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今回...

チャンネル登録者100人達成で始動!
応援よろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は基本的に返信します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする