重神機パンドーラ25話感想・考察!ジークの狙いを詳しく解説

いざ、最終決戦へ。

はいどうも、パンドーラ担当のロシアスキーですっ!

前回はある意味予想していたけど、信じたくない展開に振り回されたわけなのですが……。

重神機パンドーラ24話感想・考察!ダグの裏切りと生きていた理由
昨日の友は、今日の敵? はいどうも、パンドーラ担当のロシアスキーでありますっ! 前回のラストからどう展開するのかとワ...

↑前回の記事はこちらですっ!

今回もまた、ある意味予想通りの展開にガッツポーズしつつも。えぇ、一言、一言だけ言いたい。

なぜ、なぜ最終回直前でこのスローリズムの回をッ!?w

とまぁなんとも最後まで作品のリズムに困惑しっぱなしの私ですが。

今回も語っていきましょーう。

スポンサーリンク

重神機パンドーラ 25話あらすじ

なんか良く考えるとダグ関連の回はいっつも俺しんみりしてる気がするなぁ。

っていうかダグがいろいろと優遇されすぎな気がする。

以下、あらすじでございます。

パンドーラを裏切ったダグ。説得しようとするクイニーとレオンだったが。

三人は戦うことを余儀なくされる。反応するハイパードライブとダークドライブ。

明らかになるジークの狙い。迫る黒き輝きとは……?

という感じでして。いやぁ、重要な回なのは分かるんだが。

なんだろう、序盤のスローテンポがここにきて効いてきてる気がするんだけどw

いや、言うまい。それは今語るべきことじゃあないっすからねぇ。

ではでは、ポイント解説を。

スポンサーリンク

ジークの狙いについて

今回明らかになったジークの狙いですが、ちょっと分かりづらい部分があったので解説を。

前々回、ネオ翔龍へと押し寄せていたB.R.A.I。

レオンたちはその進行を抑える作戦を立てましたが、そこにワンが襲撃。

戦場は大混戦となりましたが、レオンのとっさの機転でB.R.A.Iの撃破に成功しました。

しかしそれこそがジークの狙い、その第一段階だったのです。

大量に現れ、撃破されたB.R.A.I。それはいわば、素材

前回、そして今回のエミリアAIの事件を用いて、ジークはダークドライブとハイパードライブを励起させ。

その素材であるB.R.A.Iたちを利用し、混沌が持っていた肉体の代用品を作りました。

パンドーラ 25話 混沌

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

と、ここまでが今回の話までのジークの作戦というか狙いというかなのですが。

これに対し姫は『混沌と一体化すること』がジークの目的だと読みましたが……。

でもこれ、どうなんだろ……ジークの最終目的に関しては、本当にそうなのかなぁ、って思いが……。

まぁこの最終目的そのものについてはおそらく2パターンくらいで考えられるのかなぁ、と思います。

1。姫の言うとおり、ジークは混沌、黒き輝きと一体化しようとしている。

ただこっちのパターンだとその後どうするか、ってのが非常に微妙な感じだと思うんですよねー。

一体化した以上、暴れたりするつもりでしょうし。でもその仮定だと、B.R.A.Iか人間か。

未来をつかむのはどちらなのか、ということを気にしていたジークにしてはちょっと直接的過ぎる気がするんですよねぇ。

となると、もう一つのパターンのほうがありえそうかな、なんて私は思うんですよね。

2。別に融合だのなんだのする気はない。とりあえず呼んでみて、見守るだけ。

どっちかといえばこっちのほうがジークっぽいというか、らしい、って気がします。

この星で未来を手にするのは、人間か、B.R.A.Iか……あるいは混沌か

そしてその未来を手にするに至り、人とB.R.A.Iは進化をしていくのか。

ジークの人間性的な物を考慮すると、その姿を観察するポジションがしっくりくるんですよねぇ。

まぁ、予想が当たるか外れるかはともかく。ジークの目指した地点もまた、次回には分かりますからね。

問題は、姫さんの言葉を鑑みるに、混沌はフィオナのイメージだけでもなんでもなく……。

巨大な肉体を持ち、実際に過去に世界を襲ったか……。

またはそれに匹敵するだけの被害を出したことがあるか……。

もしくは実害を出したことがなかったとしても間違いなく強大な力を持っている。

どれにせよ、ジークは明確にその力を持つ混沌を蘇らせた。何かを成し遂げるために……。

パンドーラ 25話 強敵

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

最後の敵はジークで間違いないですが。もしかするとこの混沌そのものとも戦うことになるかもしれませんね

スポンサーリンク

ダグのエミリアへの想い

前回裏切ったように見えたダグですが、その真意はエミリアAIを止めることにありました。

しかし、エミリアAIと深く繋がったことにより、その行動は阻止されてしまうことになりましたが……。

すんでのところで、猫エミリアが現れたことにより、ダグは目を覚まし、エミリアAIと決別するに至ったわけなのですが。

パンドーラ 25話 エミリア

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

ここまでの一連の流れがちょ~っと分かりづらかったかな、と思ったので。解説させていただきます。

そもそもダグは過去エミリアに出会ったのは、万が一エミリアが裏切ったときの抑止力としての役目として引き合わせられた訳です。

そんな中ダグとエミリアは互いに惹かれ合い、その環境から逃げ出した訳なのですが……。

今回エミリアAI側に付くにあたり、ダグはその初心たる『エミリアを止める』という行動原理に従っていた訳です。

しかし、ダグはエミリアと一つになるにつれ、その行動原理すら手放しそうになります。

そこに猫エミリアが現れたことにより、ダグは自分自身を取り戻し、エミリアAIを撃破することができました。

これは猫エミリアを見たことで、自身が守るべきものは何かということ。

そして、エミリアと・ヴァリという人物と自分の関係や過去をハッキリと認識し、状況を打破したわけですが……。

この猫のエミリアという守る存在こそ、過去のエミリアとの約束を思い出すキーだったわけですし……。

そこから、過去の日々を思い出すことで、ダグはエミリアが、『違う存在だからこそ惹かれた』と気づき。

そしてまた繋がっていたエミリアAIもまた、『一つの存在ではないからこそ惹かれた』と理解し……。

ダグとエミリアAIは、本当にあるべき在り方に気づいたからこそ、決着を迎えた、ということですね。

パンドーラ 25話 決着

©2017 Shoji Kawamori, Satelight / Xiamen Skyloong Media

とまぁ、ダグとエミリアAIの今回のやりとりはちょっと複雑だったのではないかと思いますので、解説をさせていただきました。

まぁ、私の主観も入っているので。ドンピシャ正解かどうかはちょっと、ですけどね~。

スポンサーリンク

重神機パンドーラ 第25話感想


↑ダグの選択は皆さん気になっていたみたいですね! やっぱり!


↑そんなシーンを、最後にぜひ見たいですね。大団円ってやつを……。

さて、私個人の感想なのですが。

いやぁ、うん。ダグ回は当たり多いなぁ。

とはいえ、残り1話しかないこの状況。話がまとまるのかがすごく不安です

ちょっとねー。この状況であと2、3話は欲しかったんじゃあないかなぁ……。

とはいえ、本当にもうラストなんだな、って思うと。胸にくるものがありますねぇ。

人類、B.R.A.I、そして世界の命運やいかに! ってところで次回ですもんねー。

なにはともあれ、ダグが戻ってきてくれて良かった!

後の問題はジーク、そして混沌だ! なんだろうすげぇ強敵感!

とはいえ、ここまで乗り切ってきたみんなならなんとかなるはず!

そう信じるしかない! そして、次回を心待ちにするしかない!

ということで、宣伝でございます!

▼当サイトでは他多数の作品も考察しています!

【見逃し厳禁!】2018夏アニメ考察・解説作品一覧【アニ盛 第22回】
どーも、視聴したアニメは1000本以上!アニメをこよなく愛する当サイト運営者小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"...

「みんなのアニメ語り場」配信中

視聴したアニメは1000作品以上!当サイト運営者小鳥遊さんがYouTubeチャンネル「みんなのアニメ語り場」を配信中です。

コメント・ネット通話・PC画面共有を通して、誰でも気軽にアニメトークができる視聴者参加型の生配信なので、是非遊びに来て下さい!

アニメに関係する話であれば、テーマはなんでもOKです!

私もちょこちょこ進行役としてゲスト参加する予定なので、是非一緒にアニメを語らいましょう!

チャンネル登録お願いします!(通知が届くようになります。)

▼配信についての詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!最新アニメの感想を話し合えるアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

▼生配信についてのお知らせはTwitterで行いますので、合わせてフォローしていただければと思います!

以上、ロシアスキーでした。次回最終回、どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

ぶっちゃけ、このサービス以外は必要ないと言っちゃっても過言ではないかと。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、断トツNo.1の2800作品(2位と約500作品差)

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 初回1ヶ月間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者小鳥遊が週2回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」をYouTubeライブで配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼チャンネルはこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    ダグとエミリアAIの今回のやりとりは複雑で辛かったでしたね…けどダグ戻ってきてよかったです。今回のでダグは透明AIのブライやエミリアAIを利用したジークに対してきっとかなり強い怒りと敵意を抱いているでしょうね…クイニーの方も同じく。
    次で…次で最終回ですが最後はレオンとジークの決着でしょうがクイニーとダグもジークと戦うのでしょうか(多分恨みありそうな気が…)。それとも最後のラスボスはあの混沌の化け物を倒して終わりなのか…最終回がどうなるか気になるところです。
    パンドーラの終わりにもし何か監督が同じでのマクロスシリーズに新作発表とかがあったら嬉しいかな…ワルキューレのライブのイベントとかであるかと思ったがなかったので…
    もしくはアクエリオンシリーズの新作か

    • rosiasuki より:

      コメント、ありがとうございます。

      正直、情報を整理してて混乱してましたねw
      落ち着いて考えると、一つ一つのダグの行動自体が意味を持っていたことが分かるんですが。
      ちょっと初見だとキツかったですw

      クイニー、ダグもジークに関して思うところはあるとは思うのですが。
      そこはやはりレオンとジークの一騎打ちで、その間ダグ、クイニーは混沌の足止めなのかな、なんて予想してます。
      最終的に混沌もジークも倒して……それからどうなるかは、ちょっと予想できませんがw

      マクロス、アクエリオンの新作発表、もしくはスピンオフとかの発表はあってもいいですよねぇ。

      それかその二作品のように、パンドーラもまた新たなステージに移る、とか。