シャドーハウス5話感想・考察・解説!なぜエドワードは見えるところで審査をするのか

こんばんは。眼鏡は顔の一部じゃない、全部だ! ライターの雨琴です。『シャドーハウス』を担当しています。

原作未読者によるネタバレなし初見考察です。原作ファンの方は初見勢の考察にニヤニヤしながら読んで頂ければと思います。

※コメント欄でのネタバレも厳禁でお願いします!

前回は亡霊騒ぎの原因を探るべく、エミリコは他班の生き人形、ショーンとラムと屋敷の夜回りをしました。

その過程で屋敷からの脱出を阻む仕掛けを見つけつつも、親睦を深め、亡霊の原因となっていたすすの漏れ出る場所を発見。一件落着となりました。

今回は1話でエミリコと一緒に何かを飲み干していた5人の生き人形が勢揃い。件の”お披露目”と相成りました。

それぞれのおかげさまたちも緊張しているのかすすを立ち上らせています。

食事や音楽を通しておかげさまと生き人形の相性を観察している様子でしたが、観察している評価自体を現在進行系で開示していることも興味深いですね。

エドワードという生き人形は一筋縄ではいきそうにありません。

今回も気づいたこと感じたこと思ったこと考えたことをふり返っていきます。

スポンサーリンク

ジョンは心に眼鏡をかけている

ついにシャドー家の人物で眼鏡をかけているキャラクターが登場しました! と言っても伊達眼鏡のようですが。

生き人形であるショーンの視力を慮って自らが譲歩し伊達眼鏡をかける。

生き人形に対するホスピタリティ溢れるその姿勢は、ひょっとしたらシャドー家の人物らしからぬのかもしれません。

つまりジョンの眼鏡にレンズは入っていなくとも、ジョンの心はまぎれもなく屈折している

たとえ裸眼に落ち着いたとは言え、これを眼鏡者と呼ばずして誰を眼鏡者と言えようか!

スポンサーリンク

なぜエドワードは見えるところで審査を行うのか

エドワードは以前から「3階の方々に娯楽を提供する」ことが目的というような不穏な発言が見られました。

今回真っ先に気づいたのは、生き人形でありながら「創造主様」ではなく「おじい様」と呼ぶことを許されている点です。

単に大人の生き人形と言うだけでなく、それだけシャドー家の人たちに準ずる高い立場にあることが把握できます。

お披露目に関する審査も本人たちの目の前でリアルタイムに行っているところをみると、評価に対するリアクションも含めて審査に入っているのでしょう。

減点されても狼狽えずに巻き返せる機転のようなものを期待しているのでしょうか。

確かにそうでなければ、演技を口裏合わせた完全台本でしのぎ切ることもできなくはないかもしれません。

スポンサーリンク

生き人形に求められるものとは

生き人形はシャドー家の人たちの顔の代わりであればいい。故に余計なことを考えないのが鉄則です。

しかしシャドー家のお歴々にも生き人形たちにもそれぞれに思惑はありそうです。

エミリコの星つきになるという目標はわかりやすい方ですが。

パトリックとリッキーはそれぞれ上昇志向が強い割に、リッキーの方が機転が効いている節があります。

ラムのおかげさまは言葉数が少ないこともあって目的が見えてきません。

ケイトにも何やら成し遂げたいことがあるようですが、それはシャドー家の人間としては異端的なものである雰囲気ですね。

エミリコの自主性や型通りでないところを高く評価している節があります。

この辺りが今後のお話を駆動させるエンジンになっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

『シャドーハウス』5話感想

ついに来たお披露目ですが、内容は今のところお茶会、舞踏会。

シャドー家の人たちだけ庭園に連れ出して、今度は生き人形同士の所作を見極めるのでしょうか。

でもそれは普段の掃除の働きぶりでわかりそうなものです。

次回のタイトルから類推して、迷路の中をシャドー家の人と生き人形同士出会えるか歩かせ合うとかでしょうか。

ミアの折檻も自主的にサラに申し出て行われていたこととなると問題の根が深いですね。

こちらもどの段階で話の本筋にからんでくるのか、興味深いです。

▼『シャドーハウス』の記事はこちらにまとめてあります

シャドーハウス1話感想・考察・解説!生き人形は作られた人形なのか
『シャドーハウス』の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。(1話の記事は下にスクロール!) ...

▼当サイトでは他にも多数のアニメを考察しています!

当サイトの感想・考察・解説記事一覧(クール別)
当サイトの感想・考察・解説記事を年代・クール毎に分けてまとめています。 ※現在は非公開になっている記事もあります。読みたい場合はコメン...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 440円(税込)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 4200作品以上

見放題アニメの数は、4200作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 990円~(税込)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする