ダーリン・イン・ザ・フランキス22話考察!ミツルがヒロに向けた表情の理由

こんにちは!

すでに軽くダリフラロス気味のわせです…

今回の抜け殻状態のゼロツーは、まるで最終回後のダリフラ民の姿を表しているかのようでしたね…(絶望

さて今回は、VIRMとの戦闘後、コドモたちがどのように暮らしていたのかが描かれました。

パパたちの手を離れ、自分たちで考え行動するようになったコドモたちの姿に胸を打たれたのは、きっと私だけではないはず…!

みんな、本当に立派になって…(号泣

ラストシーンではゼロツー(の魂)を連れ戻すために宇宙行きを決意したコドモたちでしたが、そこに至るまでにもたくさん魅力的な姿を見せてくれたと思います!

そんな素敵なシーンを振り返りながら、今回も諸々考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゼロツーの状態&OPとの関係性

ゼロツーの傷の原因

前回の記事で、VIRMとの戦闘後、ゼロツーがどんな状態に陥ったのか考察させていただきました。

ダーリン・イン・ザ・フランキス21話考察!でっかい手の正体&ゼロツーの状態
ゼロツーが…ゼロツーがあああああ!!(語彙力の欠如 こんにちは、ダリフラ担当のわせです… せっかくヒロとゼロツー...

仮説1:ヒロと一体化してしまった

仮説2:ストレリチア・アパスに取り込まれてしまった

という2パターン仮説を考えたのですが…

どうやら、仮説2の「ゼロツーはストレリチア・アパスに取り込まれてしまった」というのが事の真相のようです。

ヒロのセリフから考えると、「(ストレリチア・アパスにインプラントしている)ストレリチアに取り込まれている」と表現するのが正しいのかもしれませんね。

いずれにしても、ゼロツーの意識はストレリチア・アパスと共にあり、宇宙でVIRMと戦い続けているようです…なんてこった(震え

ダーリンインザフランキス 22_36

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

ゼロツーの傷の原因も、ストレリチア・アパスと繋がっているためだったんですね。

作中でたびたび語られてきたように、ピスティルはフランクスと直接繋がるため、戦闘ダメージをその身に受けることになります。

ゼロツーの怪我の具合から考えて、宇宙ではかなり激しい戦いが繰り広げられているものと思われます…。

OPから今後の展開を予想

ストレリチア・アパスに取り込まれてしまった、ゼロツー(の魂)。

当然、宇宙に駆けつけたヒロや13部隊の面々によって、無事自分の身体へと戻れる…はず!

「やっぱりそこはヒロのキスで復活でしょ~!」

と思っていたのですが…よくよく考えると、無理じゃない…?(震え

今宇宙にいるゼロツーは恐らく思念体のような状態で、実体はないんじゃ…?

つまり、せっかく再会しても二人はキスどころかお互いの身体に触れることすらできないのでは…?(大絶望

個人的には、どうやってゼロツーが戻ってくるのか読み解く鍵は、OPに隠されているんじゃないかと思うんですよね。

仮説1:コアから分離される(旧OPパターン)

旧OPのサビの「溶け合いたいよ、ダーリン」の部分では、コアの中からゼロツーが飛び出してきていましたよね。

ダーリンインザフランキス 旧OP_1

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

このワンシーンのように、何らかの働きかけによってストレリチアのコアから分離され、ゼロツーはヒロの元に戻ってくるのかも…!

何らかの働きかけっていうのは…何でしょうね…?

ヒロの深い愛…?(雑

仮説1:ヒロもストレリチア・アパスに取り込まれる(新OPパターン)

一方、新OPのサビでは、「崩れゆく抑制」という部分でゼロツーがヒロの手をすり抜けて消えてしまうんですよね…;;

ダーリンインザフランキス OP_35

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

確かに、ゼロツーが消えてしまうフラグのようにも見えますが、別の考え方もできると思うんですよね。

この新OPのシーンは、ヒロがストレリチア・アパスの中(精神世界のようなもの)にいるゼロツーを迎えに行くシーンなのではないでしょうか。

この新OPの空間が、ストレリチア・アパスの中だとしたら。

そして、その空間に閉じ込められているゼロツー(の魂)にヒロが会いに行く。

(その場合はヒロも抜け殻状態になるんですかね…?)

ストレリチア・アパスの精神世界で再会する二人。

そして、ゼロツーはヒロに何かを言い残して、先に自分の肉体へと戻る。

その後、ヒロもまた自分の肉体へと戻る。

(新OPのラストでヒロが消えるのも、ストレリチア・アパスの中から自分の肉体へと戻るから)

つまり、

大ハッピーエンドおおおおお!!

なんて結末に繋がるんじゃないでしょうか…!!

ダーリン・イン・ザ・フランキス新OP・ED考察!ゼロツーがヒロに囁く言葉とは?
はじめましての方も、いつも読んでくださっている方も…皆さんこんにちは! こちらで毎週ダリフラの記事を書かせていただいており...

▲今回考察したシーンを含め、新OPとEDについて考察しております!ぜひあわせてご覧ください!

新OP内でゼロツーが囁く言葉についても、多くのご意見をいただきましたので、改めて集計してみようかと…!

(コメントしてくださった方々、ご協力いただきありがとうございました!)

その際はまた改めて発表させていただきますね^^

スポンサーリンク

「同じ川に二度~」を用いた理由

今回の22話で印象的に使われていたのが、「誰も、同じ川に二度入ることは出来ない」という言葉でした。

ダーリンインザフランキス 22_60

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

作中では、ゴローとイチゴの2人が、ヒロに教わった古い言葉だと口にしていましたね。

グーグル先生に聞いてみたところ、この言葉は現実世界にも存在しているようでした…!

どうやら、ヘラクレイトスという、古代ギリシアの自然哲学者が唱えた説(=万物流転)のよう。

万物流転とは

世界は絶えず変化し続けているという思想で、彼はこれを「同じ川に二度入ることはできない」といった言葉で表現している。

出典:ニコニコ大百科

し、知りませんでした…!!

ヒロくん…哲学にまで精通していたとは…さすが神童と呼ばれていただけありますよね…!!

どうして今回この言葉が用いられたのか。

その理由について考えてみたいと思います。

理由1:コドモたちの成長を表現したかった

まず一つめの理由は、登場人物たちの成長を表現したかったからだと思うんですよね。

VIRMとの戦いを終え、パパがいなくなった世界。

そこでコドモたちは、自分たちで考え、行動し、生き延びるために力を合わせて生活していました。

「このままマグマ燃料を使っていいのか」というフトシ。

「ヒロのように全部捨ててでも、全てをかけられるものが見つかるのだろうか」というミク。

そういった疑問を抱くようになったのも、コドモたちが成長したからこそだと思います。

そして特に、イチゴ、ナナ、そしてゴローはその傾向がより顕著に現れていたのではないでしょうか。

イチゴの成長

ヒロの「ごめん」という言葉に対して、イチゴは「謝んな、バカ」と返していましたよね。

このセリフどこかで聞いたことありませんか…?

おそらく、このセリフは2話のラスト(コネクトに失敗したシーン)で交わした「ごめん」「謝んな」との対比になっているのだと思われます。

(この直後、ネット界隈を騒がせた「ヘタクソ」発言が飛び出したんですよね…懐かしい!)

ダーリン・イン・ザ・フランキス2話考察!「ヘタクソ」の真意
こんにちは! 2話ではイチゴちゃんに心を翻弄されっぱなしでした、わせです。 冒頭のネコと戯れるシーンでまんまとハート...

2話時点のイチゴは、ヒロとコネクトできなかった自分にイラついて(+自分を責めて)の「謝んな」。

そして今回は、純粋にヒロを心配しての「謝んな」。

この違いは、イチゴの中で少しずつヒロへの恋心に整理がつきつつあるからなんじゃないかな~と。

おそらく、ヒロへの気持ちはまだ残っているのでしょう。

ただ、同時にヒロとゼロツーがお互いを大切に思い合っていることも理解していて、そんな2人を応援しよう、幸せになってほしいという気持ちが大きくなっているのではないでしょうか。

ナナの成長

今回やっとナナさんが帰ってきてくれましたね…!

自分の居場所や役割を見失っていたナナさんでしたが、コドモをそっと抱きしめるなど、少しずつ心境に変化が起き始めている様子。

フランクス博士の遺言ともいえる、「お前たちがコドモにとっての大人になれ」という言葉が、ナナさんの背中を押してくれたのでしょうね…(号泣

ダーリンインザフランキス 22_8

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

いや~、この博士の文面もグッときますよね;;

コドモたちを叫竜を倒すための道具として扱う「オトナ」ではなく、コドモたちを未来に導く「大人」になれ。

博士があえて「大人」と漢字で表記したのは、こんなメッセージを込めてのことだったのではないでしょうか。

ハチさんもゴローに野菜作りのアドバイスをしていましたし、今後ナナハチの2人は本当の意味でコドモたちを支えてくれるはず…!!

ゴローの成長

これまでダリフラ界に「聖人」として君臨してきたゴローさん。

ラスト3話というところで、ついに感情を爆発させる瞬間が来ましたあああああ!

ダーリンインザフランキス 22_5

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲まさか、ゴローのパンチが拝める日が来るとは…!

22話の裏主人公と言っても過言ではないはず…;;

これまでのゴローは、ヒロの幼馴染であり、最大の理解者ポジションだったと思うんですよね。

5話では青い心臓に苦しみながらもストレリチアに乗ろうとするヒロに「大馬鹿野郎」と言いつつも、最終的にはヒロの意志を尊重していましたよね。

ただ、今回のゴローはそうではありませんでした。

ダーリンインザフランキス 22_10

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲感情をあらわにするゴローさん(号泣

自分の気持ちを前面に押し出して、ヒロに思いをぶつける。

もちろん、本人が言っていたように「先が見えない未来への不安」というのも理由の一つだったのでしょう。

けれど、今回ゴローが感情をむき出しにしてヒロにぶつかっていけたのは、ゴロー自身の成長があってこそだったのだと思います。

理由2:ゴローの感情の変化を表現したかった

先ほども軽く触れましたが、ゴローはヒロに怒った後、イチゴに「選んだはずのこの世界を怖がっている」という心情を吐露していました。

このゴローの不安や恐れといった気持ちは、冒頭のモノローグにもよく表れていると思うんですよね。

あらゆるものは変化する

全ては通り過ぎ、その場に留まることはない

流れる川のように

それがこの世界の理、誰にも止めることは出来ないのだと

そんなゴローに対してイチゴは、「あたしもだよ」と同意を示したうえで、「でも、同じ川には二度とは入れないから、自分が自分として生きられる道を見つけるしかない」と告げます。

この言葉はゴローに大きな影響を与えたと思うんですよね。

そのおかげ…とははっきりと断言できませんが、終盤のモノローグではゴローの気持ちが前向きに変わったことが見て取れます。

あらゆるものは変化する

全ては通り過ぎ、その場に留まることはない

流れる川のように

ここまでは冒頭と同じ。

しかしここから、

でも…

理に怯え、今を選び取ることを拒めば、どんな未来だって手には入らない

だから…俺たちは手を伸ばしたんだ

と新たな展開を見せるんですよね…!!

その前向きな心境の変化が、ヒロへの「これは俺たちが生きるために選んだ道だ」「お前にも何も言わせない」という発言に繋がったのでしょうね;;

この「川」のモノローグは、コドモたちの成長を表現するのと同時に、ゴローの心の揺れ動きを表現することも目的の一つだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ラストシーンのミツルの表情が意味するもの

ゴローのモノローグを背に、宇宙に向かうため心を一つにする13部隊。

そんな中、ミツルが真剣な表情でヒロに近づいていくシーンで「次回へ続く!」という、何とも気になる締めくくり方をしていましたよね。

ダーリンインザフランキス 22_2

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

ヒロも意味深に頷いていましたし…!

き、気になる!!

一体、あれはどんな場面だったのでしょうか。

仮説1:「一緒にフランクスに乗せてほしい」と願い出た

新しいナナさんが言っていたように、今回正式に妊娠が発覚したココロちゃんはフランクスに乗れません。

とすると、必然的にミツルもフランクスに乗れないことに…!

そしてヒロもまた、ゼロツーがいない今はパートナー不在の状態ですよね。

こ、これは、過去の約束がついに果たされるパターンか!?

ダーリンインザフランキス 11_11

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

つまり、22話のラストシーンで、ミツルはヒロに「一緒にフランクスに乗せてほしい!」と願い出ていたのかも。

でも、あのシーンのミツルは、パラサイトスーツではなく制服姿なんですよね…。

もしヒロに「一緒に乗せてください!」とお願いするなら、スーツを着てくるんじゃ…?

それに、ストレリチアは今ストレリチア・アパスとインプラント中なので、地上にはないんですよね。

おそらくヒロは、みんなに守られながら、ハチが見つけた叫竜の船に乗って宇宙に向かうのが濃厚な気がします。

もしくは、アルファと九式フランクスに乗る、なんて展開もアリかもしれませんね!

そうすれば、アルファたちがピスティルのポジションでフランクスに乗る理由も明かされそうですし…!

ダーリンインザフランキス 22_13

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲君たちも絶対無事に帰ってきてね…;;

仮説2:自分とココロの指輪を渡した

みんなが流星を見上げている、そのとき。

ミツルは何やら決心したような表情を浮かべていましたよね。

ダーリンインザフランキス  22_20

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

今回の22話での葛藤→決心という流れが、17話での「ココロさんを幸せにしたいんだあああああ!」の展開と重なっているように思えて、うるうるきてしまいました…!

最高の神演出をありがとうございます(号泣

さて、このシーンでミツルはポケットに手を入れる仕草を見せているんですよね。

ダーリンインザフランキス 22_19

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

これ、ミツルとココロちゃんが外した指輪に触れていたんじゃないでしょうか。

そしてラストシーンでは、ゼロツーを迎えに行くヒロに、自分たちの指輪を託したのかもしれませんね…!!

「地上と宇宙、それぞれの場所で愛する人を守ろうぜ!」

みたいなやり取りを交わしていたのかも…?

そこから察するに、流星の夜に見せたミツルの決意の表情は、ココロを守ろうという意志の表れだったんじゃないでしょうか(号泣

今回明らかになった情報

ナオミは生きていた!

フランクス博士のメッセージに従い、ナナとハチがトリノスの地下へと足を進めると…

そこには、能力不足と判定されたコドモたちの姿が!!

ダーリンインザフランキス  22_45

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲ナオミ…無事でよかった…!

世界が平和を取り戻した暁には、このコドモたちも一緒に暮らせるようになることでしょう…!

パートナーに向き合えるようになったヒロを見て、ナオミがどんな言葉をかけるのか…気になります!

絵本の結末

しばらく登場していなかったゼロツーの絵本。

なんと、結末は白紙になっていましたね…。

ダーリンインザフランキス 22_38

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

トリノスに出発する前に絵本をじっと見つめていたこと。

そして、グランクレバスの地下に降りる際に、ヒロに結末について言いかけたこと。

この2点から考えるに、ゼロツーは一度絵本を完成させたものの、ミツココ結婚式以降に結末のページを取り除いてしまったのかもしれませんね…;;

きっと無事に地球に帰ってきたときには、明るい結末のページを付け加えてくれると信じて待っていようと思います…。

ココロの誕生花

ヒロ、ゾロメ、ミツルに加え、今回ココロちゃんのデータも明かされましたね!

【ダーリン・イン・ザ・フランキス】花言葉の意味まとめ&展開予想
こんにちは! 保育園時代の夢はお花屋さんになることでした、ダリフラ担当のわせです! 2クール目が絶賛放送中のダリ...

▲こちらの記事では3人の誕生花について考察しています!ぜひあわせてご覧ください!

ダーリンインザフランキス 22_62

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲ココロちゃんO型なんですね…!ぴったりすぎる…!

このデータによると、ココロちゃんの誕生日は6月6日のよう!

6月6日の誕生花は、「ペンステモン」「アヤメ(アイリス)」の2つ。

ペンステモンの花言葉

『あなたに見とれています』

出典:花言葉-由来

アヤメ(アイリス)の花言葉

『よい便り』『メッセージ』『希望』

出典:花言葉-由来

希 望 ! !

きっとココロちゃんは無事に赤ちゃんを出産できるし、ミツルと幸せになれるってことですよね…?

アヤメの花言葉、全力で信じます(真顔

妊娠発覚したときの「どうしたらいいの」っていうココロちゃんの叫びは、本当につらかったです…。

記憶がないのに、どんどん自分の身体が変わっていくって、怖いし不安でたまらないはず。

早くココロちゃんに希望を!

幸せな毎日を返してあげてください;;

スポンサーリンク

ダーリン・イン・ザ・フランキス22話の感想

もう、最後の「みんなで宇宙に行こう」ってくだり、最高すぎません?(号泣

いやね、なんとなくその流れはわかっていましたが、それにしても!

それにしても胸熱すぎる…!

ダーリンインザフランキス 22_3

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲13部隊のみんながいとおしすぎて、あと2話でお別れできる気がしません…(絶望

ナインズ含め、全員で無事に帰ってきてほしいです…!

どうかグレンラガンのような切ない展開にはならないでえええええ!

(グレンラガン大好きなんですが、そのぶん仲間たちが次々に散っていくのがつらかったので…;;)

それにしても、早くゼロツーに会いたいです;;

今週はゼロツーの声を聞けなくて寂しかった…。

それと、ゴロイチ最高ですね(真顔

ストレリチア組も、ジェニスタ組も素敵ですが、個人的に今週はデルフィニウム組が優勝でしたわ…!

畑のシーンの2人の距離感がもどかしかった…!

あと2話で2人の仲は進展するのでしょうか!?

ダーリンインザフランキス 22_27

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

▲錦織監督…イチゴちゃんの幸せそうな笑顔が見たいです…;;

さて、次々と春クールのアニメが最終回を迎えている、今日この頃。

ダリフラも残すところあと2話となりました。

いよいよ最終決戦に向けて宇宙に飛び立つ13部隊を、最後まで皆さまと一緒に応援していければ嬉しいです。

ラスト2話、引続きお付き合いの程よろしくお願いいたします!

【ダーリン・イン・ザ・フランキス(ダリフラ)】2期制作の可能性&続編に繋がる効果的な応援方法をどこよりも詳しく紹介!
どーも、当サイトの運営者小鳥遊です。 物語もキャラも丁寧に描かれていて質が良いと人気の"ダリフラ"こと「ダーリン・イン・ザ...

▲こちらも合わせてご覧ください!

お礼とお願い

ダリフラ考察の記事を見てくださっている皆さま、コメントをくださる皆さま!

いつも本当にありがとうございます!!

皆さまからのコメント、毎回楽しく拝見させていただいております^^

(毎回お返事が遅れてしまい、申し訳ありません!)

恐れ入りますが、コメント投稿に関して1点だけお願いさせてください><

できるだけコメントは1つにまとめていただくか、自分の投稿済みコメントの右端に表示される「返信」ボタンを使用してコメントをまとめていただけると大変助かります…!

ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします^^

YouTubeチャンネル開設のお知らせ

管理人の小鳥遊さんがYouTubeチャンネルを開設されました!

▼詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】
どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。 今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目! 今...

ついに50人を越えましたねー!!

始動まであと50人弱です。

もしよろしければ、チャンネル登録お願いいたします!

それでは、また23話の記事でお会いできますように!

以上、わせでした^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



YouTube生配信やっています!

アニメ大好き当サイト運営者のぶが週2,3回YouTube生配信を行っています。

視聴者とアニメについて語り合う生配信「みんなのアニメ語り場」を配信中です!

アニメ好きのみなさんに居心地が良いと思っていただけるような配信を目指しますので、是非遊びに来て下さい!

▼放送内容の詳細はこちら

アニメユーチューバー爆誕!視聴者が主役のアニメ語りチャンネル【アニ盛 第20回】

どーも、当サイトの運営をしている小鳥遊です。

今宵も始まります、不定期連載のアニメコラム"アニ盛"の第20回目!

今...

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. tag @e4xv2 より:

    どうも。いつも楽しく拝見しています。ゼロツーは(戻って来るなら)ストレリチアがアパスから分離し、ストレリチアに憑依したまま地上に戻ってきて自分の体にもどると予想しています。
    ただ、自分がとったアンケートでは
    ttps://twitter.com/e4xv2/status/1010669825205473280
    ゼロヒロ火星残留の予想が多いみたいですが…。楽しみですね!

    • わせ より:

      >[email protected]さん

      はじめまして!(^^)
      コメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      いつも見てくださっているとのこと…!
      ありがとうございます!(´;ω;`)
      うれしいです!

      なるほどー!
      ストレリチアに憑依したまま地上に帰還→魂が身体に戻る!
      宇宙からいきなり魂が戻ってくるよりも、その方が違和感なく受け入れられそうな気がします。

      それから、興味深いアンケート結果もありがとうございます!
      火星残留の予想が多いとは意外でした!( ゚д゚)
      一体どんな結末を迎えるのか…予想が捗りますよね!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きにきていただけたら嬉しいです(^^)

  2. Kiyo より:

    わせさん考察お疲れ様です。
    また、前回前々回と返信もありがとうございました!

    ゼロツー助かってて良かった。
    抜け殻状態なのが心配ですが、きっと次回でヒロが救ってくれることでしょう!

    本当にどうやってゼロツーは戻ってくるんだろ?
    抜け殻状態のゼロツーも一緒に宇宙へ連れてくのかなぁ?
    そして魂が戻ったゼロツーと感動の再開となって欲しい!
    新OP内でゼロツーが囁く言葉、「(迎えに来てくれて)ありがとう」と予想しました!願望含む(笑)

    今回の話も見どころ満載でしたが、エンディングが流れる直前の、皆で一緒に宇宙へ行くことになったシーンが1番感動しました!

    次回の23話も楽しみに待ちたいと思います。

    • わせ より:

      > Kiyoさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      早く元のゼロツーに戻ってほしいですよね(´;ω;`)
      ヒロがなんとかしてくれると信じて、見守りましょう!

      また、真OPのゼロツーのセリフについても、ご意見ありがとうございます!
      これからゼロツーの魂を迎えに行くことを考えると、「(迎えに来てくれて)ありがとう」説はすごくしっくりきますね…!

      私も同じく、みんなで宇宙行きについて話すラストシーンでグッときました!
      13部隊の絆最高ですよね(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  3. ココヤシ より:

    こんにちは。
    今回は少し足早な感じがしましたが、コドモたちもオトナのいなくなった世界で改めて現実の厳しさに直面し、でも少しづつ希望が見えてきた感じですね。
    冒頭で、ストレリチア・アパスがヒロとゼロツーが降りた後、他の叫竜たちと一緒に宇宙行っちゃってたの、ちょっとビックリしました…。

    ナナさんも復活し、彼女のこれからの生きる目的みたいな、良い意味での本来あるべき大人と子供の関係がここから築いていけそうですね(^^)
    ヒロとミツルの子供の頃の約束が叶うのかな~?と思ってたのですが、ミツルの制服姿は恐らく、残ってココロちゃんを支えることにしたんでしょうね。それもまた良しです(^^)
    アパスに取り込まれたゼロツーの魂を探すためにも、いったんヒロはアパスとコネクトするのかな? わせさんの予想の通り、やっぱり最後は二人の大ハッピーエンドが見たいです‼
    アルファ君たちも捨て石的に散ってしまうより、生きる意味を見出して無事に帰ってきてほしいですね…。

    • わせ より:

      >ココヤシさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      私もココヤシさんと同じく、ストレリチア・アパスが叫竜たちと宇宙に飛び立ってしまったことに驚きました!
      ヒロとゼロツー(の身体)、よく降りられたな〜と(^^;

      個人的には、単にナナさんを復帰させるのではなく、「コドモたちにとっての大人になる」というナナハチの成長と絡めてきたのが上手いな〜と思いました!
      博士、グッジョブ(´;ω;`)
      ココヤシさんがおっしゃるように、これから本来の大人と子供の関係に近い形を築いていってくれそうですよね!

      22話のラストでは、アルファくんたちは散りに行く気満々に見えましたよね…。
      パパたちの戦う道具としてではなく、新たに生きる意味を見つけ出してくれたら…と願ってやみません(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  4. CODE.027 より:

    記事更新有難うございます。

    今回は本当に胸が熱くなりましたね!
    特に感情が爆発したゴローのセリフに涙しました!

    エンドのミツルがロシウ(グレンラガン)に見え、9’sはヴィラル(これもグレンラガン)に見えてしまったのは、私だけではないと思います。w

    さてさて、物語の展開は想像を超えて展開するでしょうから、「宇宙へ行った13部隊はどうやって戦う?」という点について、希望的予想をしてみました。
    ・対叫竜兵器として特化しているフランクスは航宙戦闘は難しい
    ・博士回でフランクス=叫竜ということが判明
    ・フランクスの大きさ=恐らくコンラッド級
    以上を踏まえて、どうすればVIRMと航宙戦闘が可能になるか?
    ・第11話(パートナーシャッフル回)のグーテンベルグ級はコンラッド級の集合体だった、ということは、元は叫竜であるフランクスをコアとしてコンラッド級が集合し合体!さながら、トップをねらえ2の「ノノ」の如く巨大フランクスになって無双する!
    ・予想する攻撃
    クロロフィッツ=スーパー稲妻キック
    アルジェンティア=バスターコレダ-
    デルフィニウム=ジャコビニ流星アタック
    ストレリチア・アパス=言うまでもなく角からバスタービーム及び、でっかい手からのホーミングレーザー等etc…w
    失笑ものですが、脳内でこんな妄想が広がっております。
    どうぞ笑ってやって下さい。w

    さて、残り2話、どう魅せてくれるか?楽しみでなりません。

    • わせ より:

      > CODE.027さん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      ゴローが感情をむき出しにするシーンは涙なしに見られませんよね(´;ω;`)

      ロシウとヴィラル!
      た、確かに…!
      立ち位置的にも似ている気がしますー!
      ダリフラには度々グレンラガンを彷彿とさせる設定やシーンが盛り込まれていて、グレンラガンを見返したくなってきますよね…!

      巨大フランクス無双、ぜひ見たいです!
      CODE.027さんが考えたそれぞれの技名もピッタリですね(^^)
      スパロボとか出れそう!
      宇宙で13部隊がどう戦うのか、その方法も必見ですね…!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  5. Roman より:

    記事製作お疲れ様です!

    ゼロツーが廃人の様になっていたのはアパスに取り込まれてしまっているからなんですね
    ゼロツーが自分の体に戻るにはヒロの角が鍵かなと思ってます。
    今までのピンチや大事な場面では角が影響している箇所が比較的多かったと思うので
    今回はヒロの角が覚醒してゼロツーをどうにかしてくれるのではないかと思っています。

    以前から予想されていたココロの妊娠が確定しました。
    記憶が消されていなかったら今頃泣いて喜んだでしょう
    特にココロは赤ちゃんが欲しかったようですし
    双方記憶が消されてでの発覚なので素直に喜べないですね…

    ここに来て安否が不明だったナオミが登場(忘れられてると思ってたのは秘密!)
    まさか博士が能力不足のコドモ達を匿っていたとは…
    そしてオトナがいなくなった今、ナナハチがコドモにとっての大人になれと…
    博士は正直良い人とは呼べないけど、ここに来て愛を感じました。

    来週はVIRMとの最終決戦ですが、ミツココが残ったという事はいろいろと察してしまいます…
    ナインズ達の顔色の悪さから彼らがもっとも早く退場しそうですが、彼らも生き延びてほしいですね
    無事に全員生存してハッピーエンドで終わることを願いつつ次回放送まで待とうと思います。

    • わせ より:

      >Romanさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      た、確かに…!
      ゼロツーが身体に戻るためにヒロの角が鍵になるかもしれませんね!
      これまでにも何度か「角コツシーン」がありましたし…!

      そうなんですよね…記憶が消されていない以前のココロちゃんなら、きっと妊娠を大喜びしたはずなんですよね…。
      そんなココロちゃんが妊娠に戸惑い、「どうしたらいいの」と悲しみに暮れている様は、見ていて胸が苦しかったです(´;ω;`)

      博士が能力不足のコドモたちを匿っていたとは…驚きました!
      この子たちも含め、みんなが幸せに生きられる世界になってほしいですよね…!
      宇宙に行く組も、地上残留組も、みんなそろって最終回を迎えられますように!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  6. 神無月 より:

    記事お疲れ様です!
    ゴローの頼もしさとその裏の不安に感情移入しつつ、イクノの髪を見る度に少し切なかったです…

    冒頭でアパスが飛び立って行ったシーンで、誰が動かしてるのか?どうやって動いてるのか?ってひたすら考えてて、わせさんのアパスに取り込まれた説の通りだなーと途中で気づきました…。
    でも、みんなで助けてくれると信じてます。
    個人的にはOPの13部隊のみんなが手をあげて、ゼロツーが登場するシーンと今後連動してくれると良いなぁと思ってます。
    ゼロツーが離脱してる状態で、13部隊のコドモ達があのような表情で手を差し伸べれる状態って今までなかったので。

    ミツココ離脱ですが、このまま宇宙で戦いが終われば2人が生き残ることは確定やなって思っちゃいましたが…
    妊娠したらフランクスに乗れなくなるのかな?って思ってたけど、20、21話では普通に乗ってたので、違ったのかと思ってたら、やっぱりか!と振り回されましたが…笑
    星空のシーンでミツルがポケットに手を入れたとこは見逃してたんですが、わせさんの考察の通りだと信じたいです!
    ココロに対して堕胎って選択肢出してましたが、2代目ナナの方が、いもしないパパ達の指示なしでは何も判断出来ないってとこと、ナナハチ以外のオトナはいなさそうなので、それはないと安心してます。
    博士の大人になれってメッセージも感じ使われてたのが、わせさんと同じくおぉ!っと熱くなりました。

    ちなみに絵本の最後のページ、、
    実はゼロツーが食べたってことはないよな?って少し思いましたが、それはないですよね笑
    ただゼロツーが何を書いたのか気になる…

    今回のヒロは1話付近と同じような状態になっちゃってましたが、それだけヒロにとってのゼロツーの存在の大きさ、約束の大事さ、またゴロー始め、13部隊のコドモ達の成長がすごい感じ取れて、すごい心動かされました!
    残り2話どう展開されるかわからないけど、非常に楽しみです!
    わせさんの考察もあと2回と考えると寂しいですが、また楽しみにしてます!

    • わせ より:

      >神無月さん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      イクノが無事で安心しましたが、私も神無月さんと同じく、イクノの髪を見るたびに切なくなってしまいました…(´;ω;`)

      OPね手を伸ばすシーンは印象深いですよね…!
      あんなふうに、みんながゼロツーに対して必至に手を伸ばしたら…と想像するだけでグッときます!
      作中で再現されたら胸熱ですよね!

      確かに、これまでの数話ではココロちゃんはフランクスに乗れていましたよね(^^;
      妊娠3ヶ月過ぎるまではフランクスが妊娠を感知しない、とかなんでしょうか…?笑

      絵本の最後のページをゼロツーが食べた可能性は高そうですよね!
      自分だけの胸にそっと大切にしまっておくというか…。
      ちびツーが絵本食べた理由も、絵本を取りあげられたくなかったからですしね!

      今回のヒロは1話の頃の「心を閉ざした少年感」出てましたよね…。
      そんなヒロに手を差し伸べる13部隊の面々…みんな本当に成長しましたよね(´;ω;`)

      私も、みなさんとこうしてダリフラについて語れるのがあと2回だと考えるとすごく寂しいです(´;ω;`)
      本当に、いつもありがとうございます!
      ラスト2話も一緒に楽しみましょう!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  7. マスター より:

    こんにちは、はじめまして。
    なんとなく見始めたダリフラに完全にやられてしまいました。
    アニメにこんなにハマってしまったのは初めてです。

    あと2話で終わってしまうのが、受け入れがたいのと
    毎回、次回が待ちきれず過去回を見返しています。

    私は、ゼロツーの圧倒的な魅力にやられてしまったんですが、
    最近、イチゴに注目して見直してます。

    今まで気づかなかったさりげない仕草や表情が実に繊細に
    描かれていてとても新鮮な感動を覚えました。

    実に深いアニメですね。

    • わせ より:

      >マスターさん

      はじめまして!(^^)
      コメントありがとうございます!
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      おお…!
      はじめてハマったアニメという意味でも、マスターさんにとってダリフラは特別な作品なのですね…!
      それだからこそ、終わってしまうのがとても寂しいですよね(´;ω;`)

      ゼロツーは色々な表情を見せてくれる、本当に魅力的なキャラクターですよね!
      話数を重ねるごとにどんどん惹かれていきます…!

      イチゴもかわいいですよねー!
      今回の22話で見せた涙をこらえる表情もたまりませんでした…!
      イチゴは特に、表情の変化や作画に力を入れられている気がします。
      スタッフさんにイチゴ推しの方がいるんですかね?笑

      ダリフラは見返すたびに新たな発見がある、とても深いアニメですよね。
      残り2話も、一緒に楽しみましょう!

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きにきていただけたら嬉しいです(^^)

  8. CRUSH より:

    ダリフラED集vol2が届きました。

    今回はTVサイズの Escape がイクノのソロボーカルで、胸ズキューーン❗

    言われてみたら、ヒロとゼロツーだけでなく、普遍的に成立する歌詞なのだなぁ、と。

    とくにイクノだと・・・、深いなぁ。

    • わせ より:

      > CRUSHさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      ED集第2弾も素敵でしたね〜!

      私も同じく、イクノのEscapeにずきゅーんでした!笑
      第1弾から「どの曲もキャラクターのチョイスが絶妙だな〜!」と感激していたのですが、今回のイクノは特にグッときましたよね…!

      本編はあと数話で終わってしまいますが、どの曲も大切に聴き込んでいきたいと思います(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  9. そらふく より:

    更新お疲れ様です。

    今回は個人的に大好きな、5.13話を担当した高雄さん回という事もあって最高でした!
    特にヒロとゴローが対峙した辺りからラストの流れには感動しました。
    稲光の演出、イチゴの表情、5話とはまた違ったゴロイチ、ナナが立つシーン
    上げたらキリがありませんが、決戦前の13部隊をとても上手く描いていたと思います。

    そういえば、以前予想したミツルおなくなりは見事にハズレました 笑
    今回のラストや次回予告を見るにミツココは大丈夫そうですね。
    逆に某雑誌にヒロとゼロツーを比翼連理と書いていたので今度はこちらが心配です 汗
    次回でタイトルを回収してしまったので、最終話タイトルは連理の枝なのでは?と
    想像してしまいます。

    • わせ より:

      >そらふくさん

      18話に引き続き、コメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      ダリフラは絵コンテ陣や作監陣が本当に豪華ですよね…!
      そらふくさんがおっしゃるように、ゴローとの対立→ラストの流れは素晴らしすぎました(´;ω;`)
      今回は特に印象的なシーンが多かったですよね。
      何回でも見直したい!と思える回でした…!

      比翼連理というワードを見るとドキッとしてしまいますよね(震え
      確かに、最終回のタイトルが連理の枝ってあり得そうですね…!
      いずれにしても、2人が一緒にいられるラストでありますように(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  10. Marr より:

    わせさんの鋭い考察に今回も感心してしまったMarrです。21話の最後のシーンで02がどうなっていたのか予想出来ていませんでした。22話も良いシーンが沢山ありましたね。ナナさん、ナオミの再登場。作物が枯れ、絶望の淵にいたコドモ達の前にハチとナナが登場するタイミングは絶妙です。「オトナ」でなく「大人」、私もやられた感を持ちました。ゴローがヒロを殴るシーンは本人の気持ちもありますが、それ以上にイチゴの気持ちを代弁していたのがイチゴのウルウルした表情で感じられました。これを機に二人の距離が縮まるといいですね。ミツルの挙動が微妙です。記憶は大部分戻っているようですしココロの妊娠について本人の関わりを含め知っているようにも見受けられます。ポケットの中にあるもの…考えすぎかもしれませんが指輪でなく母子手帳の可能性もあるかと思います。9’αがイクノに殴られたとき手帳が落ちる音がしているようにも聞こえるので。絵本の最後のページ、予想通り未完成でした。姫(02)が宇宙(そら)へ消えて王子(ヒロ)が地上(ベッド)に残るところは絵の最後と同じ状況ですがダリフラのテーマに「未来は自分達の手で切り開いていくもの」があると思うので最終的には違う絵で完成するはずです。「月の円の中に魂の02とヒロ、ベッドに抜け殻?状態の02とヒロ」「二人とも月の中」「二人ともベッド」?いずれにしてもハッピーエンドであってほしい。02がヒロの絵を ”採用” と言っていたので、あの絵がどう使われるのか楽しみでもあります。長文、失礼しました。

    • わせ より:

      > Marrさん

      16話に引き続き、コメントありがとうございます(^^)
      また、お返事が遅くなり申し訳ありません!

      いや〜、22話もステキなシーンがたくさんありましたね…!
      絶望と不安と、それ以上の希望と…本当に盛りだくさんの30分間だったと思います!

      おおー!なるほど、母子手帳ですか!
      アルファがイクノに殴られたときの音…!
      まったく気がつきませんでした!
      後で見返してみます!

      ダリフラのテーマは、未来は自分たちの手で切り開いていくもの… Marrさんの意見に激しく同意です!
      パパたちの手から離れ自活をし始めた今回のお話は、特にそのテーマが色濃く現れていたと思います!

      絵本の結末、気になりますよねー!
      どんなふうにゼロツーが書き足したのか、ヒロの描いた王子様はどう登場するのか…妄想が捗りますよね。

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

  11. 秋乃さくら より:

    ダリフラ22話 考察記事作成 お疲れさまです。
    わせさんが書かれた オトナ と 大人 の 表記の違いについてですが、
    たしかに その通りだと思いました。まったく気付きませんでした。

    フランクスに乗れないと判定されたコドモ達は、
    処分されず、大切に保管されていました。
    実は、彼らこそが、博士が望んだ 来たるべき世界の為の子供達。
    彼らは、失った生殖機能を取り戻す可能性を持っている。
    フランクス搭乗試験とは、実は彼らを抽出する為の試験だった。
    オトナ から見た劣等生は、博士にとっては優等生だった。
    生殖機能を取り戻す実験として、特例部隊(13部隊)が作られた。
    等と勝手な想像が独り歩きしています。

    今回、感情をむき出しにして ヒロにぶつかっていくゴロー。
    ようやく見る事が出来て嬉しいです。
    また、イチゴ推しの私としては、イチゴの表情が、たまりませんでした。
    CRUSH様が書かれた 14話のコメントが頭から離れません。
    『イチゴちゃん、嗚呼イチゴちゃん、イチゴちゃん。』
    それと、わせさんが書かれた5話の記事
    『ダリフラ内で「青」という色は比較的よく目にする色ですよね。
    イチゴちゃんとか、イチゴちゃんとか、それからイチゴちゃんとか…!』

    やれやれ、どうしたものでしょう。

    • わせ より:

      >秋乃さくらさん

      いつもコメントありがとうございます(^^)

      博士が能力不足のコドモたちを匿っていた理由、とても興味深く拝見させていただきました!
      能力不足のコドモたちは、博士にとっては優等生…思わず「おお〜!」と唸ってしまいました!

      博士はよく「美しい」「美しくない」という表現を使っていましたよね。
      あれこれ実験を繰り返してきた博士ですが、最終的には本来の人間の姿(感情豊かで、生殖能力を有する存在)こそが美しいという結論に至ったのかもしれませんね。
      能力不足のコドモたちは、博士にとって未来への希望だったのかも…。

      それから、イチゴちゃんの表情たまりませんでしたよね〜!
      繊細な表情といい、激しく揺れ動く感情といい、本当に魅力的なキャラクターだな〜と思います。
      そんなイチゴちゃんを愛でることができるのもあと2話のみ、と考えると…つらすぎます(絶望
      イチゴちゃんが笑顔で最終回を迎えられるよう、一緒に見守っていきましょう!(´;ω;`)

      貴重なご意見ありがとうございました!
      また覗きに来ていただけたら嬉しいです(^^)

    • CRUSH より:

      >やれやれ、どうしたものでしょう。

      厚生省によると、それはイチゴ型コドモ熱と呼ばれる症状です。
      早目に治療しないとたいへんな事になります。

      処方箋はエリキシル注射ですが、とても高価かつ危険です。
      ここはひとつ、ダリフラED集を聴きながら安静になさって下さい。

      お大事に。

      • 秋乃さくら より:

        CRUSH 様
        ご教示頂きまして、ありがとうございます。/(_ _)\

        コメントを送られている皆様
        わせさんの記事と共に、毎週 楽しく読ませて頂いております。

        ダリフラも、本日から数えて 最終話を残すのみとなってしまいました。
        皆様と一緒に、最後まで わせさんを応援していきましょう。\(^o^)/
        ( 皆様が みていないところで こっそりと ささやく 小心者の さくら でした )

    • ダリフラにはまったシニア より:

      わせさんの記事を面白く読んでます。
      私にとって、「川の流れのように」はなぜか美空ひばりしか頭に流れてきません
      (浅薄でもうしわけない) 、さくらさん 同好の人がいて嬉しいです。色々妄想しまくっているシニアです ココロは妊娠しましたよね。だとすれば取り戻すのではなく 既に生殖能力があるクローン達が13部隊ではないでしょうか。で私の妄想は、13部隊は博士の息子のヒロを昔の環境で育てる為の保育器であり博士としては 奥さんの希望するようにその内の誰かと結ばれて幸せになってほしかった。

  12. ダリフラにはまったシニア より:

    今もって02のキスの意味が分かりません。ヒロが02の傷口をなめて02の血がヒロに入ったから02と乗れたとすれば、キスは何の意味があったのでしょうか。
    人間の一般的な意味
    02叫竜にとっての特別な意味
    妄想はつきません