ポプテピピック3話の感想・考察・解説!多方面に喧嘩を売るスタイルw

ごきげんよう。模造紙です。

公式が認めるクソアニメもとうとう3話!

そして、当初のキャスティングのお二方の当番回が巡って来ました!

事前発表のキャスティングと試写会のみの出番で、実際は声を当てないのでは?と踏んでいましたが、う~ん……よくも悪くも「普通」というのが正直なところ。

そもそも女子中学生の声なわけだからしっくり来るのが当たり前なはずなのに、ぱっとしないのは大御所声優のクセのある演技のせいでしかない 笑

ほんと残酷なくらい技量の差が出て、このままではAパートに出る声優さんは鬱になるんじゃ……ってくらいベテラン声優さんの凄さを再確認させられるアニメですね…。

スポンサーリンク

今回のBパートはフリーザ&セル!

前回、業界でアドリブをさせたら右に出るものはいない千葉さん&半端ない姿勢で演技に挑む古川さんがBパート担当でした。

ポプテピピック2話の感想・考察・解説!大御所声優の贅沢な無駄遣いwww
ごきげんよう。模造紙です。 前回1話の考察記事では、あまりのクソ加減に批判ばかりを書き連ねてしまったわけですが ...

ある意味、禁じ手をこんなに早い段階で使ってしまい、これから先のキャスティングは苦労するんじゃないかと思っていましたが、そっか、そう来るかっていう。

放送後、さっそくトレンドに「PPTP」「フリーザ様」「中尾さん」「若本さん」とか入っちゃうので、未見の人もうっすらと何があったのか感じ取ってしまうという 笑

「がんばるぞい!」や「かしこま」を中尾さんにやらせちゃうあたり、まぁ、これまでに出来なかったことを勇気をもって実践しているのは素直に評価出来るポイントなのかも。ところどころ、ただのバイキンマンでしたけど(笑)

でもまだ3話なんだよ…ハードル上げすぎじゃない?

古川&千葉コンビ、中尾&若本コンビと同程度がそれ以上となると、これから出演されるかもしれない声優さんも限定されますね。

悟空&ベジータや、アムロ&シャアが本気で実現しそうなので(笑)アニメそのものの面白さではなく、誰が声を当てるのかが気になって視聴を続ける人は多そうです。

ただ、見どころが一点集中してるのは確かなので、他にも何か新しい試みというか変化球が欲しいところ。

ポプテピピック 星色ガールドロップ

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

▲次回予告で、意外としっかりと星色ガールドロップのお話が進行しているので、ここらで本編でちゃんと放送されてもいいのでは? 笑

スポンサーリンク

未成年喫煙を隠さないアニメ

原作で未成年の喫煙が描写されている場合、映像化される時に端折ったりぼかしたりと、改変されるのが最近のアニメでは普通。

ポプテピピック ポプちん ピピP 地下アイドル

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

単なる凡ミスなのか狙っているのか……いつの時代も喫煙が問題視される未成年アイドルがいますが、完全にミニモニ彼女たちを揶揄してますよね。

ポプテピピック ポプ子

© 大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

ビール瓶も本気で不謹慎だからやめたほうがいいんじゃw こんなに多方面に喧嘩売ってると、お叱りを既に沢山受けてそうですね。

つーか銀英伝声優ばっかりというオチwww

フリーザ&セルに話題をかっさらわれがちですが、今回ナレーションで参加されていた広中将志さんを合わせると、完全に「銀河英雄伝説」という。

広中さんは近頃ではアニメで声を聴くことはありませんが、笑ってはいけない世界まる見えとか、かなりメジャーな番組でナレーション業務をされている凄い方なんですよ!

銀英伝で若本さんはロイエンタール、中尾さんはマシュンゴ、広中さんはキルヒアイスを演じていました。

えぇ私、銀河英雄伝説が好きなため広中さん登場に心躍っていたわけです 笑

現在の大御所ベテラン声優さんの年代的に、銀英伝全盛期(80年代後半~90年代)がドンピシャなためか、実はこれまで登場した大御所さんも数多く出演されていたりします。

そして銀英伝は、なんと2018年4月より再アニメ化!

もうポプテピピックは、銀英伝の宣伝ってことで割り切ったらいいと思う。

スポンサーリンク

ポプテピピック3話の感想

最後は別アニメの宣伝になってしまいましたが…うん…まぁ大丈夫でしょう。

ベテラン声優さんの演技の素晴らしさを感じたいのと、いきなり意外なことをやるかも?という期待もあるので多分気付いたら完走しちゃうんだろうなぁ。

アニメというよりも、同じドッキリを別のタレントでやっちゃう企画とか、場面転換が多く、複数のコーナーから構成されるバラエティ番組というのがカテゴリ的には正解じゃなかろうか 笑

元々バラエティやお笑いが好きな人はいいだろうけど、アニメとしての出来を追求すると継続視聴は辛そう……。

これまではネットの話題性や、今までになかった斬新な構成で突き進めたかもしれないけど、今のままではAパートはBパートの伏線でしかないし、これから先もベテラン声優頼みでは飽きられる可能性もありそうだなー。

折り返し地点もまだ先ですし、奇想天外で期待を上回る何かを提供してくれることを願いつつ…

それ以前に、キャスティングだけで制作費が枯渇しちゃいそうwww

それでは、次回もがんばるぞい!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷コメント以外は99%返信します!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする