【アニメ】pet3話感想・考察・解説!司がヒロキをペットにした理由【ペット】

こんにちは!pet考察担当のタカシです。

第3話「仕事」の考察をしていきます。

今回は何といっても司のキャラが良かった回だなと思いました。

桂木と二人きりになったときの別人感!個人的には本当の意味で「ヤミ」を持っている感じは大好きですし、考察しがいがありますね。


いやぁぁぁ…。


ヒロキ大丈夫か?


まだまだ謎だらけですが、イメージをもった若い司、ヒロキ、悟が組んで組織に反発するという筋は有るような無いような…。

いい意味で先が読めず楽しみになった回でした。

今回は気になる能力の深堀と司の話を中心に3話を考察・解説していきます。

スポンサーリンク

組織の仕事

司ペット

©三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

司とヒロキは念願(?)だった自分たち二人の店を持つ、その出資元は桂木たち組織からということもあり、条件として司は組織の仕事を請け負う。

司が任された仕事は、目星をつけたある人物を操ること。

組織の構図があまり見えてこないのですが、たぶん、桂木たち組織のライバル会社が今回のターゲットらしくありがちな展開で、自分たちにとって良い条件だけ引き出した協力者を後々面倒になる前に消す。

といった流れっぽいです。

司の仕事ぶり

司は大変賢く、仕事のできる人物みたいですね。なんというか無駄なことはしないタイプというか。

記憶を操る力というのも、司の仕掛け方をみているとちゃんとテクニックが必要なんだなと思いました。

細かい点ですが、このあたりの設定は単なる超能力で片づけるのではなく、玄人っぽさを感じるのが好印象です。

声のかけ方、相手を油断させたり違和感なく接点(相手に触れる)を取り、本人は何をされたかもわからず支配されていく様子はゾクゾクします。

司の口調や雰囲気も相まって、必サツ仕事人のようなプロっぽさを感じてカッコよかったです(笑)

スポンサーリンク

ヒロキの力

ペットヒロキ

©三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

ヒロキは司が絶賛する力の持ち主みたいで、これほどのpetはいないと評しています。

「ヒロキのためなら何でもする」と言っていましたが、この言葉を聞いてどっちかというと悪い表現に感じたのは僕だけではないはず。

というか、ちょっと謎だなーと思った点がありましたね。ヒロキが10円を使って女を操ったシーン。

単にあれは描写がなかっただけで、ヒロキは女のタニかヤマに入って女の記憶を操作したのか?

ここは想像ですが、もしかするとヒロキの能力、イメージは司がいうように相当干渉力が高く、他のイメージ使いとは比較にならないのとか。

前回、横田のタニで桂木が来たことによって歪んだ空間から全員を元の世界に戻したことなどふまえるとヒロキの力は得体が知れません。

ヒロキと司の出会いが回想されていましたが、ヤマをタニで囲んでカギをかけると言っていました。

この表現。気になりますね。

カギはヒロキのためにかけたのではなく、司がヒロキを他の人間に取られないようにするためにかけたように、僕はみています。

スポンサーリンク

能力のカギ

petカギ

©三宅乱丈・KADOKAWA/ツインエンジン

ヒロキは、ヤマの周りをタニで囲んで現実世界でも普通に生活できるようにしている。

そして、子どもの頃の生活環境は「ホテル住まい」だったと司は言っています。

ヒロキは悟とは育ち方がちがうpetと推測できます。

個人的な例えですが、ヒロキは「陽」から生まれた能力で、悟は「陰」から生まれた能力という感じがします。

ヒロキはものすごくタニを嫌いますね。それは、元々持っていなかったものだったから余計に嫌なものに感じるからかと。

なんにせよ、司はヒロキにカギをかけた。それは人にヒロキを見つけさせないため。

そもそも、なんでヤマ親と呼ばれる人はpetを作るのか?

petは今のところヒロキと悟ですが、二人ともヤマ親への忠誠心というか依存度が相当高く、文字通りpetというのはイメージを操るものの「ペット」として作るからだと思っています。

必ずしも、いい意味ではない。

司は最高のpetを得た。さて、その真意は…?

スポンサーリンク

pet3話感想

ここまで読んで頂きありがとうございました。

3話は見ごたえ&考察しがいがありましたね!

とりあえず司の本心というか、人物像が気になりすぎます。

勝手に踏み込んで考察すると、桂木との関係性をみるにボスは司…?しかも、そのボスというのは今所属している組織の敵となる組織のボスで、司と桂木は実はスパイなのでは?

組織へ反抗するというのは、言い換えるとそういう可能性もなきにしもではないかと思うしだいです。

そんなこんなで、今回はここまで。

また次回、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

タカシ

【アニメ】pet(ペット)感想・考察・解説記事まとめ
アニメ【pet(ペット)】の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...
スポンサーリンク
【アニメ】pet(ペット)感想・考察・解説記事まとめ
アニメ【pet(ペット)】の感想・考察・解説記事を毎話更新していきます。 ...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で2017春夏秋冬アニメ考察・解説ブログをフォローしよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!



アニメ好きなら登録しておきたい動画配信サービス

近年増え続けていて、今では40以上もあるVOD(動画配信サービス)

その全てのアニメコンテンツ充実度を毎クールチェックしている私が、アニメ好きなら登録しておきたいVODを紹介します。

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 400円(税抜)
無料期間 初回31日間無料体験あり
見放題アニメ作品数 約2800作品

見放題アニメの数は、3000作品以上

過去作はもちろん最新作も網羅性が高く、最速配信にも力が入れられているサービスです。

”アニメ”という一分野においては、アニメ放題、バンダイチャンネル、Huluなど、その他VODの上位互換と言えるでしょう。

月額料金もコンビニ弁当1個分ぐらいと、かなり良心的な設定でコスパ最強です。

TVで視聴できない最新作が多い地方住みの方、色んなアニメを見てみたい・見返したい方に強くおすすめします。

アニメ目当てで他のVODに登録している方は、dアニメストアに乗り換えた方が良いですよ。

NETFLIX

Nロゴ

月額料金 800円~(税抜)
無料期間 なし
見放題アニメ作品数 約400作品
備考 全体の見放題作品数は約6000

アニメの数は多くないものの、最新作の独占配信やオリジナルアニメ制作に力を入れているサービスです。

Netflix社の潤沢な資金で、海外ウケを考えたシリアス作品や、今のテレビ事情では放送しにくい攻めた作品が次々と生み出されています。

TVでは放送されない日本産アニメも多いので、アニメ好きであれば押さえておきたいVODですね。

質アニメ好きに強くおすすめしておきます。

ちなみに、TV放送ありのNETFLIXアニメでは、TV放送の数日前に放送したり、1話放送時点で最終回まで一挙配信したりなんてこともあるので、周りより先取りして優越感に浸ることもできますよ笑

最後まで読んでいただきありがとうございます!

記事を楽しんでいただけた場合は下のボタンから「いいね!」コメントをしていただけると喜びます!
※予想も楽しみの一つなので、先の展開のネタバレとなるコメントは控えていただけると幸いです!
※ネタバレ&誹謗中傷&過激なコメントは削除します!
※コメントは確認次第反映します。反映に時間がかかることもあるのでご了承下さい!

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    司ってもしかして桂木の部下じゃなくって上司?ボーイチのサンケンロックみたくボスが下っ端のふりしてるってせんもありそう

    • Takashi より:

      名無しさんコメントありがとうございます!

      そうなんです。しかもそれがpetだと司だったらかならハマり役だなと思いました。
      ありそうな空気感満載ですからね。